2014年10月27日

本来のV・プレミアリーグ応援日誌に戻らねば。。。若干の反省

V・プレミアリーグを観戦し始めたのは、メグカナブームのころからで、もうかれこれ10年以上は経っているんですかね。年月の過ぎる速さに、驚きです。

春高バレーの決勝戦で、メグカナが対決したビデオを見て、体が震えたこともありました。会場観戦では、パイオニアが連覇中で最強だったころ、大山加奈選手の連続スパイクが最終セットでどうしても決まらず、東レがパイオニアに惜敗した試合や、東レがNECにフルセットで負けて、悔しさのあまり、新人の荒木絵里香選手が涙を流していた試合などが今でも頭をよぎります。

ずっと東レアローズのファンで東レ夏祭りにも毎年参加していた自分ですが、その後、デンソーファンになったり、日立佐和ファンになったりもして、浮気性でしたね。特に、デンソーの岡野知子選手と、日立佐和の井野亜季子選手が好きで・・・ほとんど名前すら思い出せませんが、恐らく、恋した美人選手は20人以上でしょうか(笑)。

しかし、ここ数年は会場観戦に行っていませんね。V・プレミアリーグはテレビで見るだけ、Vリーグよりも全日本女子の試合が楽しみ、みたいな・・・適当な、だらだらした普通のファンに成り下がってしまいました。

「V・プレミアリーグ応援日誌」といいながら、最近は、応援もしてないし、日誌にもなっていない。年誌!?
とはいえ、ちりも積もれば・・・400記事。

思い切って。ブログのタイトル変えました。「女子バレーだらだら応援記録」。これなら実情そのものだから。まあ、更新やめても差し支えないんですが、、、、

どうも、バレーファンには性格の悪い方が多いようで、コメントで絡まれると不快なので、期待される水準を下げておきますね。(性格の優しい方もいるにはいらっしゃいますが、自己中で攻撃的な方が結構いたりします。)

久々に、今季は、滋賀県立とか、神戸の総合運動公園、大阪の府立体育館とかに行ってみようかなと思います。そして、現場の写真なんかもどんどんアップして、女子バレーを肴に、だらだらと暇潰ししたいと思います。
posted by ヒロシ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

V・プレミアリーグ開催の前に4年に1回のグラチャンが。。。

V・プレミアリーグ女子 2013/14の開催日程が決まったようですね。
11月30日に岡山と埼玉で開催するようです。
>>> V・プレミアリーグ女子試合日程

しかし、その前に、4年に1回の「グラチャン」が今月の12日から開催されます。
ワールドカップ、世界選手権、オリンピックに並ぶ大きな大会ということですが、毎年日本開催というところが、なんだかお金の臭いがプンプンと。。。(汗)


世界からわずか6か国しか出場できないのに、開催国である日本は絶対に出場できるという超えこひいき大会。日本のバレーファンのためにあるような大会なのです(笑)。

開催国である日本のほか、大陸選手権の優勝国(南米、北中米、アジア、ヨーロッパ)から4か国、そして国際バレーボール連盟の推薦国が1か国の計6か国ですね。

男子と女子がありますが、女子バレーに特化した本ブログでは野郎のバレーは紹介いたしませんのであしからず。

最近は、韓国がずっと推薦されていたのですが、今年はドミニカ共和国になったようです。
(日本の悪口ばかり言っている国は呼ばなくてよかったです。)

実力なら中国が上だと思うのですが、なぜか中国は推薦されなかったようですね。

2013年のアジア選手権優勝国はタイです。タイはアジア代表ですね。中国はなぜアジア選手権で優勝できなかったのでしょうか?ワールドグランプリでも見せたあんなに強い中国がなぜアジア選手権に優勝できなかったのか、また推薦でも選ばれなかったのか、ちょっと謎です。

色々と事情の多い国ですから、FIVBも最近領土紛争のある両国(中韓)を推薦するのは日本に気を遣って遠慮したのかもしれません??

 ●正式名;グランドチャンピオンズカップ(通称グラチャン)
 
 
 ●位置づけ:オリンピックの翌年、4年に一度、日本で開催されるバレーボールの世界一を決定する大会。
 ●2013年参加国:日本、ブラジル、アメリカ、タイ、ロシア、ドミニカ共和国の6か国によるリーグ戦
 ●試合日程(日本絡み)
  11月12日(火)19:00〜 日本vsロシア 
  11月13日(水)19:00〜 日本vsアメリカ 
  11月15日(金)19:00〜 日本vsタイ 
  11月16日(土)19:00〜 日本vsドミニカ共和国 
  11月17日(日)18:00〜 日本vsブラジル

日本テレビ系列で放送されるので、今週の土日は木村沙織らメンバー出演による番宣が行われるものと思われますので要注意です。
>>> エントリーメンバー14名

ワールドグランプリでお休みしていた、迫田、中道、座安選手らが復帰したようですね。私の個人的な一押しメンバーは、佐藤あり紗選手と大竹里歩選手ですが、特定の押しメンというより、いわゆる「箱押し」ですかね。3位以内になんとか入れないですかね。4位や5位ではオリンピックでの銀以上は見えてこないですから、最低でも銅をお願いします。<(_ _)>

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)



タグ:グラチャン
posted by ヒロシ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

世界バレーアジア予選 弱い相手で緩い試合が続く!?

世界バレーのアジア予選があることを実は知りませんでした。亀田選手のボクシングのタイトルマッチを見ていて、リング上に「明日から世界バレーアジア予選」のような告知が書かれているのを見て初めて知ったという暢気な私でした。

アジア予選では、プールAとプールBに分かれ、各プールの上位2チームが予選を通過するようです。
日本が属しているのはプールAで、上位2チームというまでもなく、予選通過は余裕な感じですね。
 日本(WR3位)
 タイ(WR12位)
 チャイニーズタイペイ(WR28位)
 ベトナム(WR93位)
 オーストラリア(WR103位)

中国と韓国はプールBですね。予選では日本と当たりません。

ワールドグランプリ決勝ラウンドの緊張したゲームとは違い、かなり、「緩い」試合になっているような気がします。日本と対等以上に戦えるのは、アジアでは中国だけですからね。

私など、ビール片手に、〇〇ちゃん、可愛くなったなあ・・・と、半分以上「オヤジ目線」で、女子チームを応援している始末です。ワールドグランプリで、大型チームと対戦していた時のような緊張感が全然ありません。

一般の人も、たぶん「あれ、またバレーやってるんだ??」みたいな感じではないでしょうか。男子のゲームも2日目から放送されて、視聴率的にもかなり落ちこむのではないでしょうか。

ワールドグランプリが終わったと思ったら、ほとんど間髪を入れずに、世界バレーアジア予選ですから、「え!?またやるの??」って感じだったのではないでしょうか。

今年は、秋(10月?)からグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)がありましたよね、確か。

「また、バレー??」「また日本でやるの??」巷では、そんな感じになるかと思います。

バレーファンには、堪らないとは思いますが、一般の人は、連続しすぎると「もう十分」と感じる方も多いのでは。

女子バレーは可愛い選手ばかりなので、オヤジ的には、バレーを楽しみながら、目の保養にもなるという感じでしょうか。

最近、気づいたのですが、江畑幸子選手は、サバンナの高橋に似ていますね。どこかで見た顔だな、と思いながら、思いつかなかった。。。

宮下遥がバカリズムに似ていると評する人がいましたが、それはいくらなんでも可哀想だし、髪型以外、似ても似つかない。

スタイルの良さでは、大竹里歩選手ですね。腰の位置が、日本人離れしています。個人的には、佐藤あり紗選手が好みですが、恐らく、佐藤選手が一番オヤジキラーではないでしょうか。若い男性には、大竹里歩選手や宮下遥選手の人気が高いでしょう。二人の表情は、実に愛苦しい。

いろんな楽しみ方があるとは思いますが、やはり、ワールドグランプリでの中国戦やアメリカ戦のような接戦で、できれば最後に勝利してもらえたら、最高の気分なのですが・・・・・。

今日はオーストラリア戦ですね。たぶん、3−0のストレート勝ちでしょうが、高いブロックをどんな風に崩すか、サービスエースが何本決まるか、といったところが見どころでしょう。レフトの超速スパイクやバックアタックも気持ちいいですが、センターからのコンビバレーを、弱いチームでどんどん試してほしいと思いますね。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
タグ:世界バレー
posted by ヒロシ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。