2009年11月11日

世界の背中が見えたブラジル戦

「世界を知る」のチーム目標を超えて、世界が手の届くところに見えたのが今日のブラジル戦だったような気がします。

ブラジルと五分の戦いは見事でした。いや五分以上??最後は決定力の差で押し切られてしまったけれど、女王のブラジルといえども、付けいるスキがいくらでもあることを実感できた試合ではなかったでしょうか。

山口舞のスパイクは滞空時間が長くて、ちょっと打つタイミングをいずらすところがいいですね。ほとんど出番がないと思っていたので、あまり期待していなかったのですが、初戦も第2戦もこうも活躍するとは思いもよらなかったです。

ワールドグランプリ坂下麻衣子狩野舞子についで、グラチャンでの新たなヒロイン誕生というところでしょうか。我が家のお茶の間では、ルックスから猫娘と呼んでいますが、大型重量選手が多いなか、小柄で軽やかですよね。シーガルスではセンタープレイヤーで宙を舞っていますが、サイドアタッカーとしては、軽くて速い、まさに猫のイメージなんですよね。

ブラジルと互角の試合をして、意外とタイに大苦戦、へたすりゃ黒星ということもありえますので、明日は確実にものにして、銀メダルを目指してほしいですね。タイには最近負けが続いていますからね。

全日本女子バレーにやっと、希望が見えてきたようなそんな試合でした。来年は、ブラジルに追いついて、アジアではもはや敵なしの全日本女子になってほしいですね。

>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

グラチャン 日本の対戦相手

対戦カードの決定時には、日本とタイ以外は未定だったグラチャンの出場国が決まったようですが、ワイルドカードが韓国というのは、どうも??ですね。

なぜ弱い韓国。「永遠のライバル」と銘打ってまたまた大げさな紹介をするんでしょうか。「かつてのライバル」ではあっても、もはや永遠のライバルというには、弱すぎます。

この出場国なら、3位以内は決して不可能ではないですよね。ただ、タイ、イタリア、ドミニカ共和国には負ける可能性もあるので、油断は禁物です。初戦韓国には当然勝利するとして、2戦目ブラジルに負けても、3戦目でタイにアジア大会の雪辱を果たしてほしい。

そして、タイ、ドミニカ、イタリアを撃破して、堂々の2位が獲れるんじゃないでしょうか。いや、獲ってもらわないと困ります。この出場国で、4位や5位なら、ロンドンはもう辞退してください。

◆東京大会
 11月10日(火) 日本 × ワイルドカード →韓国
 11月11日(水) 日本 × 南米代表 →ブラジル
 11月12日(木) 日本 × タイ
◆福岡大会
 11月14日(土) 日本 × 北中米代表 →ドミニカ共和国
 11月15日(日) 日本 × ヨーロッパ代表→ イタリア


本ブログの応援を今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 03:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

WG2009が終わって寂しいのは俺だけ?

いやあ、ブラジル相手にやりましたね、全日本。3−1で負けとはいえ、1セットを取って、かなり互格の試合運びでしたよね。盛り上がりのないシャットアウト負けだけは、最終戦では勘弁してほしかったので、これだけ盛り上がれるゲームにできるとは、大したもんですね、新しい全日本女子。

ワールドグランプリを通じて、特に印象に残った選手は栗原恵選手ですね。北京までの悲壮感漂うクールな栗原が、ナチュラルスマイルになり、女性的で穏やかで優しく見えました。実力も安定して発揮できていたのではないでしょうか。全然ダメという不調な試合がなかったように思えますが、どうでしたか?

しかし、ブラジル戦で最も活躍したのは、狩野舞子ではないでしょうか。5年前、メグカナがバレーブームを引き起こしたように、いま、バレーを盛り上げるには狩野舞子しかいない。そういう空気が、最終戦での狩野舞子のオール出場となったように思います。

視聴率がすべてのテレビ放送にあっては、ここで狩野舞子をスタメンで出さなければ、視聴率が9時半以降下がってしまうという判断ではないでしょうか。なんせブラジル戦は、自民党もスポンサーでしたからね。視聴率アップがどうしても必要だったに違いありません。

アナウンサーの不自然なほどの狩野舞子の持ち上げ方、気になりませんでしたか?

狩野舞子が、将来、シェイラに匹敵しうるスパイカーに成長できる器であるかのような持ち上げ方をしていませんでしたか。

狩野舞子も自分がスタメンオール出場する空気を読んで、最高の活躍をしましたから、スポンサーもバレー協会も満足でしょう。

一方、坂下麻衣子は完全黙殺されて、気の毒でした。この大会、日本選手でMVPをあげるなら、坂下麻衣子だと思うんですけどね。

竹下選手がセッター賞貰っていましたけど、いつまで竹下選手に頼るの!!といいたいですね。脱竹下で早く若手を育成してくれ。まさか、ロンドンも竹下がトスを上げるわけじゃないですよね。

もう来年のワールドグランプリまで火の鳥NIPPONとは会えないの?と寂しく思っている方もいらっしゃるでしょう。

だいじょうぶですよ。11月にグラチャン(ワールドグランドチャンピオンズカップ2009)がありますから。

これから数日は、夜になっても、栗原、木村、狩野、佐野、庄司、荒木、坂下らの顔をテレビで観れない淋しさがひしひしと胸に迫ってくるでしょうが(少なくとも私はそうです。恋人としばらく会えないような寂しさですか。)、9月と10月が終われば、11月にはまた、お馴染みの顔に会えるようになります。そして、12月からは、Vプレミアリーグで、会場で生の彼女たちに会えます。

ワールドグランプリもあっという間に終了してしまいましたが、お茶の間のテレビの前での応援、皆様お疲れ様でした。

今日もバレー?と、子供に言われながら、缶ビール片手にテレビにしがみつくのはやや大人げないなとは思いつつも、ハッピーな時間を過ごせて自分としては満足です。

NYCボーイズの中高生も卒なく彼らの役割を果たせて御苦労さまでした。よく見ると、この子たちの一生懸命さが可愛いよね。年端もいかない中高生が、一人前にテレビで仕事をして御金もらってるんだから偉いよね。ジャニタレ批判もしてきましたが、最近は、そんな目で彼らを見れるようになりました。笑。

監督、選手の皆様もお疲れ様でした。

彼女たちにまた会える日を楽しみにしたいと思います。

明日から何を書こうかな???????


バレーを話題にするブログはこちらで探してくださいね。
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 03:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ワールドグランプリも今夜で終焉

今夜のブラジル戦も9時からですか。ゆっくり夕食が取れるので、7時〜よりいいかなとは思うのですが、今夜は何と、9時から10時半までとなっています。3−0で決着付きそうだということだからでしょうか。

録画中継なので、残り時間を見ればセットを取るか取られるかが微妙に分かってしまったりするのはどうかと思いますね。放送時間内に収めるために、調整せざるを得ないのでしょうけど。まさか、バレーの生中継に3時間枠は取れないでしょうからね。

昨日の中国戦は勝ってほしかったですね。たぶんブラジルには勝てない。もし勝てたら、大騒ぎになるでしょうね。1セット取れるかどうか。この際最終戦なんだから、狩野舞子を存分に出場させてほしい。

バレー人気を盛り上げて、Vプレミアリーグへの入場者を増やすには、狩野舞子、木村沙織、栗原恵の綺麗どころで、盛り上げるのが一番手っ取り早いはずです。

フジテレビとバレー協会から、狩野舞子を出せと、真鍋監督に圧力はかからないのでしょうか。まさかそれはないでしょうね。フジテレビというか、スポンサーからは多少あるかもしれないですけど。

ワールドグランプリも今夜で終わりかと思うと、ちょいと寂しいですね。まさに、真夏の夜の夢でした。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

坂下麻衣子爆発、蘇った火の鳥。

いや〜〜〜〜〜〜〜〜、強かった火の鳥NIPPON。不死鳥のように蘇りましたね。

ドイツと中国を下し、予選でも日本をシャットアウトしたオランダが相手ですから、3連敗は必至かと思いきや、坂下麻衣子が爆発しましたね。

普通、3−0の試合は面白くないのですが、今日の試合は、面白かった。あまりに素晴らしいプレイの連続で、胸が熱くなること一度や二度ではなかったですね。

坂下はもちろんですが、庄司も井上も、後半盛り返した木村、栗原も素晴らしいプレイが何度もありましたね。佐野や竹下は言うまでもありません。

チームがまとまると、こんなに強くなるんだ、という久々の感動を貰いました。一方、オランダは、浮足立って焦っているのがよく分かりました。バラバラな感じがしましたし、苛立ちが伝わってきました。強いチームが勝つとは限らないんですね。まとまりのあるチームが勝つんですね。

残るは、中国とブラジル、今日みたいな凄いチーム力を見せてほしい。

サーブやスパイクが決まった時の栗原恵選手の嬉しそうな表情、勝が決まった時の涙をこらえているような表情が印象に残りました。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決勝ラウンド3連敗を免れたい今日のオランダ戦

3連敗はなんとか避けたい火の鳥NIPPONですが、ポーランド予選でのオランダ戦のシャットアウトな試合内容を思い出すと、楽観的な予想は立てにくく、3連敗の公算が強いという気がしているのは、私だけでしょうか。

ドイツとロシアを再度叩けるかが入賞のカギというのが昨日の記事タイトルですが、逆の結果になってしまったので、入賞は難しいですが、なんとか全敗の最下位だけは免れてほしいものです。

世界のトップチームとの差は、紙一重だという自信はついたかもしれませんが、あと一歩の得点力のなさ、サーブレシーブの確実性など、課題も残っています。今大会および今後の国際大会で順位を少しづつ上げていけるかどうか、ですね。

ドイツ戦で、井上香織選手、ロシア戦では、山口舞選手が大活躍しましたが、こうした新戦力の活躍が大きな収穫であったと思います。

山口舞選手は、ミドルブロック(センター)かと思いきや、ウイングスパイカー登録なんですね。昨日の試合は、3人センターがいるような感覚でしたが、ライトから強烈なスパイクも放っていましたね。井上、山口のようなスピードのある選手が、火の鳥NIPPONが全敗から抜け出すきっかけをくれそうな気がします。

今日のオランダ戦は、井上、山口をスタメンで使って、狩野、坂下、庄司を随時投入という形となるのでしょうか。メンバーを全く変えなかった柳本監督より真鍋監督の采配の方が観客には変化と刺激があって面白いですね。

やはり、観客あってのスポーツですから、楽しさも追求してくれないと困ります。

ただ、中高生ジャニーズの生意気なコメントと口パクソングは、もうこれくらいで。笑。

シンデレラ狩野舞子選手のミーハーネタはこっちに書いています。
狩野舞子 女子バレー界のニューアイドル

本ブログともども、バレーブログとの相互リンク募集中です。m(__)m
相互リンクのお問い合わせはこちらから。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)

<さおりんこと木村沙織選手>も愛用中★全身全霊の守護!!水晶(クリスタル) 天然石ネックレス
posted by ヒロシ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

ドイツとロシアを再度叩けるかが入賞のカギ

今夜からワールドグランプリ2009のファイナルラウンド(決勝リーグ)が始まります。

開催地の日本は、どんな成績でもファイナル進出は決定済みでしたが、予選5位でしたから実力で進出したようなものです。ポーランドで3連敗した後は、5勝1敗でブラジルに負けただけで、調子をあげてますから、3位以内も期待できるんじゃないでしょうか。

ただ、ポーランドでタイに敗れたことが心残りですね。雪辱を果たしてほしかったのですが、タイは4勝5敗8位のため予選敗退でした。

1勝しかできなかった韓国には「永遠のライバル」という呼称をタイに譲っていただきたいものです。マスコミが言いたがっているだけなのかもしれませんが。

それにしても、第1戦がドイツというのは、観る方のテンションがあがりません。最終戦と同じ相手では。

まあ、予選最終戦では、狩野舞子が大活躍でしたから、スタメンで舞子が見れるという楽しみはありますね。

栗原恵選手が前回同様に調子良ければ、今夜も勝てるでしょうけど、栗原恵選手が万一調子が悪ければ、坂下麻衣子の登場となるんでしょう。

ま、それはそれで面白いですけどね。

木村沙織は安定しているので心配はしていませんが、センター線をもっと使ってほしいですね。特に荒木絵里香キャプテン。井上香織は、観ていて不安がないのだけれど、キャプテンエリカの活躍がもっと観てみたいものです。やはり、MVPは荒木絵里香が取らないといけません。

ファイナルラウンドは、6チーム総当たりリーグ戦で行われます。
19日(水):ドイツ
20日(木):ロシア
21日(金):オランダ
22日(土):中国
23日(日):ブラジル

と、この夏場の5連戦は、キツイですねえ。佐野優子選手がボロ雑巾のようにならないか心配。たまには、浜口選手をスタメンに持ってきてもいいのでは。

しかも最終戦は、ブラジルですか。全員バレーで向かわないと、スタミナ切れしそうですね。

とりあえず、予選で勝った、ドイツとロシアをもう一度きっちり負かすことが大事ですね。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー) 


【PR】
かんきろう ビーグレン フィギュアロビクス イキイキぞうすい 黒の奇跡
posted by ヒロシ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

狩野舞子 鮮烈デビュー(ロシア戦)

狩野舞子が出場したことも嬉しかったですが、世界に通用する日本のバレーが見れて満足でした。

私は、全日本は、サーブもよかったのですが、ブロックが結構良かったかな、と思いました。必ずワンタッチがありましたし、3枚ブロックで止めた時は、日本の選手でも180センチ以上が3人並ぶと、長身の外国人アタッカーにとっても大きな壁になるだろうなあと感じました。

ロシアにブロックでかなり止められましたが、木村沙織、栗原恵、狩野舞子のアタッカー陣が怯まず、クロスに打ったり、ストレートでラインギリギリに決めたり、相手の腕にボールを当てて出すなど、やはり、速いバレーだからこそできる高度なスパイクがよく決まりました。常に攻めの姿勢が、今日の勝因だったと思います。

韓国での初戦がブラジルですが、レシーブがうまい上に、高速アタックのブラジルの攻撃をどこまで守れて反撃できるか楽しみですね。第2戦の韓国戦は、アウェイとはいえ、キム・ヨンギョンと、センターの長身選手の二人をマークすれば、負けない相手のような気がしますね。

それにしても、狩野舞子のスパイクもサーブも華麗でしたね。速くて切れも良かったですね。美しい人が美しいスパイクを打つと、気持ちが清々しくなりますよね。

坂下麻衣子狩野舞子かの選択ではなくて、栗原恵木村沙織も含めて、4人で回していった方がいいのではないかと思うのですがね。

ロンドンへ向けて、これだけのアタッカーが揃っていて、大山加奈の入るスペースがあるんだろうかと、少し考えてしまいました。

戦力が薄いのは困りますが、厚過ぎても悩みの種になるんですね。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 

表紙のサオリン可愛過ぎ→ 女子バレーイヤーブック


【PR】
育毛シャンプー リンパマッサージ ニキビケア ホリデー車検 皇潤
posted by ヒロシ at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

狩野舞子のプレーが早く観たい(対韓国戦)

狩野舞子のアタックが観たい、と思ってずっと交代を待っていましたが、ついに出ませんでしたね。「シンデレラ舞子」のキャッチフレーズが泣いています。

全日本のアタッカーたちの調子が皆良かったので、狩野舞子が交代すべきタイミングが一度もなかったですからね。

狩野舞子
はサーブもうまいんですよね。V・プレミアリーグでは、時々、ワンポイントでサーブも打ってましたから、そんな形でもいいんですが、今日は、サーブもみんなよかったですから。

このままだと、シンデレラ麻衣子で、ワイルドカードが舞子になってしまいそう。笑。

明日のロシア戦は狩野舞子がスタメンで出てほしいですね。ロシアのエリティン杯の決勝でフルセット戦った時は、狩野舞子が活躍したようですから、明日こそは出してほしいですね。

とりあえず、今日の韓国戦は、途中でキム・ヨンギョンの元気がなくなったような感じで、韓国に圧勝できましたが、第1セットのような競り合いになるとやはり彼女は怖い存在です。

韓国ラウンドでは、むこうの応援がすごいでしょうから、今度はどうなるか分かりません。次の韓国戦もきっと熱戦になるでしょうね。

しかし、身長190センチのキム・ヨンギョンのスパイクは高いし、強いですね。竹下のいるJTに入団するらしいですから、秋からの国内リーグも楽しみです。

昨日のプエルトリコ戦は、勝つには勝ったのですが、荒木絵里香の活躍があまりなく不満が残りました。なんせ竹下が、荒木に上げずに、ライトとレフトにしか上げないので、「竹下、エリカが嫌いなんか!」と心で叫んでいましたが、今日は、エリカへのトスで始まったので気持ちよかったです。

今日は、竹下がセンター線を積極的に使っていてトスワークは見事でしたね。ワンアタックも2回ほど決めていましたし、この人は凄い、ロンドンまで絶対来そうだな・・・という予感がしました。ま、選手なのかコーチなのかは分かりませんが。

出場時間は短かったですが、センターの井上香織森和代も彼女ららしいプレーを見せてくれたので大満足です。Vリーグでもよく見せる森和代のあのいやらしいネット際の押し込みも見れて、ワンチャンスで得意のあれが出せるか、と感心しました。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

ホント、狩野舞子以外、全員バレーだったんですよね(涙)。しかし、明日のロシア戦で、狩野舞子はシンデレラになるでしょう。

YouTubeで狩野舞子の華麗なプレーをちょっと覗いてみましょうか。明日は日本中がその姿に酔いしれることでしょうけれど、初めて見る人が眩暈を起こすといけないので、少し慣れておきましょう。笑。

posted by ヒロシ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

WG2009 タイは韓国より強いのかもしれない

まさかタイにも負けるとは・・・

まあ、そんな感想を持たれたのではないでしょうか。でも、今日のタイとの試合は、バレーになっていましたね。

昨日のオランダ戦ではバレーをさせてもらえなかったという感が強いです。3セットになってセッター岡野→竹下に変わってから、多少バレーらしくなりましたが、最初の2セット、あれは何なんですか??

オランダの選手は全員気合が入っていましたね。日本は、手足をもがれたように、攻撃力がありませんでした。サーブレシーブが岡野に戻っていないから仕方がないですが、ちょっとちぐはぐな攻撃ばかりでした。

3人ブロックは面白い試みですが、あれだけフェイントを決められては、功を奏しているとは言えませんね。

マイコがブレイクすると皆さん、今回のワールドグランプリでは期待されていたとは思いますが、舞子もきっとブレイクするでしょうが、なんと、ポーランドでブレイクしたのは、マイコはマイコでも麻衣子の方でした。笑。

坂下麻衣子の過去記事 → 坂下麻衣子のデータが凄い

坂下麻衣子は、屈指のパワーヒッターで高さもナンバーワンということですが、身長は179センチしかないんですよね。でも最高到達点がナンバーワン。ブロックよし、レシーブよし、サーブよし、で、今後は世界が恐れる坂下麻衣子になるかもしれませんね。そんな予感のした2戦でした。

オランダ戦でも、タイ戦でも、解説者(大林、吉原)は坂下麻衣子をべたぼめでした。

確かに、スパイクは強烈ですし、動作が速いですよね。

全日本の攻撃力のかなめは、坂下麻衣子、狩野舞子、木村沙織の3本柱になりそうですが、栗原恵もなんとか、パワー炸裂してほしいですね。オランダ戦ではいいところなく、タイ戦では外されました。栗原恵がもっと成長してくれないと、全日本女子の未来はありませんからね。

今年のワールドグランプリの見どころは、Wマイコの活躍でしょうかね。

セッター竹下の安定感・信頼感を改めて感じましたが、岡野も32歳、この大会では、やはり若手が育ってほしいですね。

ワールドグランプリの最新情報は
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

黒鷲旗の狩野舞子のバックアタック

さすが東レアローズ女子ですね。横綱相撲のように、なかなか土俵を割らない粘り腰を感じた試合でした。って変なたとえですが。見事2冠達成おめでとうございます!!若い有望な選手も次々と入団して、ますます選手層が厚くなり、来季も楽しみなチームとなりました。今後数年は確実に、優勝争いに残るチームではないでしょうか。荒木恵里香選手も戻ってくることですし、東レアローズの天下はまだまだ続きそうですね。

決勝戦は、特に中道瞳のトスワーク、選手の使い方を巧みに計算しているトスアップが見事でした。途中足を挫いて変わりましたが、再び根性でコートに戻った時は、思わず「頑張れ〜」と心で叫んでしまいました。

勝利インタビューの時の中道瞳選手の涙も感動しました。

各賞は次の通り。

【黒鷲賞(最高殊勲選手)】
   木村 沙織[初](東レアローズ)
【敢闘賞(敢闘選手)】
   狩野 舞子[初](久光製薬スプリングス)
【若鷲賞(最優秀新人賞)】
   該当者なし
 
【ベスト6】
  張 越紅[初](東レアローズ)
  中道 瞳[初](東レアローズ)
   木村 沙織[初](東レアローズ)
   山本 愛[4年ぶり 3回目](久光製薬スプリングス)
  狩野 舞子[初](久光製薬スプリングス)
   谷口 雅美[2年連続 4回目](JTマーヴェラス)
【ベストリベロ賞】
   濱口 華菜里[初](東レアローズ)

久光がもし勝っていたら、最高殊勲賞は狩野舞子だったでしょうね。
3−1でしたが、試合内容は全くの互角でしたし、第4セットをもし久光がとっていたら、分からなかったでしょうね。途中4点リードして追いつかれた惜しいセットでした。

狩野舞子対東レアローズのような気がしたくらい、狩野舞子の連続スパイクは凄まじかったですね。特にバックアタックは、30本くらい打ったんじゃないでしょうか(なかなか決まらなかったけれど)。メグカナの春高決勝を思い出すほど、バックアタックが激しかったですね。

最後は、狩野舞子の攻めのサーブがアウトで試合終了でしたが、「狩野舞子ここにあり」の強い印象を残してくれました。

狩野舞子の全日本での活躍が楽しみです。

バレー情報はこちら。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

恐るべし東九州龍谷高 春高バレー覇者

<黒鷲旗バレー>東九州龍谷高は敗れるもパイオニアに健闘
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000073-mai-spo

プレミアリーグのチームが高校生相手に窮地に陥るとは、誰も予想していなかったことでしょう。バレーボールの怖さを改めて知る試合だったかもしれないですね。

全日本エース栗原恵を擁するあのパイオニア相手に、第1セットを先取し、第4セットもジュースに持ち込む大健闘。最終的には、パイオニアに1−3で敗れたとはいえ、見事な試合内容です。

逆の意味では、パイオニアチームの脆さを露見させたゲームだったかもしれません。高校生相手では、3−0のシャットアウトが当たり前の結果ですから、油断があったかもしれません。

試合を見ていないので、どんな感じか分かりませんが、パイオニアのブロックが高くて、普通は高校生のスパイクが簡単には決まらないはずなんですが・・・・

1敗すれば終わりの、厳しいトーナメントを勝ちあがっての春高バレー優勝のチームですから、東九州龍谷高の勝負強さや集中力というのは、凄いんでしょうね。

東九州龍谷高に「あっぱれ」を上げたいですね。

パイオニアレッドウィングス  3 - 1  東九州龍谷高等学校
            第1セット 16  - 25
            第2セット 25  - 21
            第3セット 25  - 14
            第4セット 26  - 24


バレー情報はこちら。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)
 

なお、第58回黒鷲旗の公式サイトはこちらです。 

posted by ヒロシ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

東レアローズの2連覇は堅い!?

今年も東レアローズが強いなあ、という記事を先日書きましたが、順当ならば、レギュラーラウンド1位通過の東レアローズが2連覇しそうな気配です。
東レアローズが首位に返り咲き


こんなデータがあるんですね。準決勝に進む4チームの間でのレギュラーラウンドの勝敗を見たものです。
東レ   7勝2敗(22-15)
久光製薬 4勝5敗(19-19)
NEC    4勝5敗(16-20)
デンソー 3勝6敗(17-20)

東レアローズは、大きく勝ち越しているんですね。他の3チームは負け越しているんですが。
個々に見てみましょう。

東レ・久光製薬 3勝0敗
東レ・NEC 2勝1敗
東レ・デンソー 2勝1敗

全チームに勝ち越しています!!

東レアローズの2連覇は、データ的に見れば、80%以上確実ではないでしょうか。東レアローズ応援団は、そろそろ祝賀会の準備や市内パレードの根回しを始めた方がいいかもしれませんね(笑)。

でも楽観は禁物。予期せぬ番狂わせやアクシデントもないとは限りません。


さて、もう一方で気になる入れ替え戦ですが。。。

4月4日(土)開始10時:武富士vsPFU、JTvs日立佐和、
4月5日(日)開始11時:4月4日第1試合の勝者vs4月4日第2試合の勝者

トーナメント方式になるんですね。順当なら武富士vsJTで残留が決まりそうですが、
予選での両者の対決は、2勝1敗でJTが勝ち越しています。

武富士が残留した場合、廃部で解散なら、決勝戦の相手が繰り上げ残留になるのでしょうかね???

解散せずに、スポンサーが変わるという可能性も少ないとはいえ0ではないでしょうから、どうなるのか予想がつきません。個人的には、JTにぜひとも残留してほしいのですが・・・・


ところで、ゴールデンウイークのご予定は決まりましたか?あっという間に5月です。58回黒鷲旗の観戦ついでにUSJの訪問はいかがですか。
今年の黒鷲旗は、5月1日(金)〜5月6日(水)の6日間、例年通り大阪府立体育館で開催されます。関西の方はご存じでしょうが、つい最近、大阪難波と神戸三宮の間に電車(阪神なんば線)が走りました。難波の大阪府立体育館から神戸三宮へも乗り換えなしで行けますよ。

 



女子バレーの最新情報はこちらで。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 現在7位→
>>>>日本ブログ村(バレー)  現在2位→

posted by ヒロシ at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

ビーチバレーのかおる姫が練習初公開

ビーチバレー バレー元日本代表の菅山が練習初公開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000033-maip-spo

v・プレミアリーグの準決勝リーグは、今週末の金〜日の3日間、東京で開催されます。土日の試合は、GAORAで放送があるようですが、残念ながら、聴取契約している人しか見れません。

さて、ビーチバレーに転向したかおる姫が練習を初公開したニュースが出ていました。かおる姫とペアを組むのは昨年、ジュニア日本一となった溝江明香(18)選手とのこと。30歳のかおる姫とは一周り違うわけで、子弟コンビにも見えますが、ビーチバレーでは、溝江明香選手の方が先輩に当たるわけで、どんなペアになるか楽しみですね。

溝江明香選手の写真はこちらで見ることができます。さわやかな美人ペアになりそうですね。
http://www.townnews.co.jp/020area_page/03_fri/01_
mach/2008_3/09_25/mach_jin.html



 ところで、ビーチバレーのボールは、バレーボールより空気圧が弱いそうですね。滞空時間を長くするためらしいです。


女子バレーの最新情報はこちらで。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 現在7位→
>>>>日本ブログ村(バレー)  現在2位→

 
posted by ヒロシ at 06:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

テレビ観戦後の雑談 3月1日BS1

今日は皆さんもテレビ観戦だったのではないでしょうか。

アクセス解析を見ていると、第一試合が終わったころから、「狩野舞子」の単語で検索かけてこのブログに来ている人が多くなりました。

私のブログに狩野舞子に関する大した情報はないのですが・・・ バレー界の狩野姉妹とか、バレー界の長澤まさみだとか、ま、そんな高度な話しか載せていませんし・・・

狩野美雪
選手はまだ故障が治っていないのでしょうかね。今日は、JTの西山姉妹(由樹・慶樹)が同じコートに立ったので、狩野姉妹にも立ってほしかったのですが・・・

テレビでは、位田愛選手の顔が何度も映されて、「おお、タイプ!」とか思った人も何人かいたかもしれんせんね。

美人といえば、日立佐和の高島成美選手も、綺麗ですよね。私は、なぜだか、城美鈴選手が好みなんですけどね。日立佐和でウイングスパイカーの選手(藤崎選手)が168センチだったので、驚きました。昨日は惜しかったのに、今日はスト負けしちゃいました。残念です。

日立佐和のグラサンの名物応援団長の姿がテレビに・・・引退されたのかと思っていました。あの方の応援を生でまた観たいですが、来季はチャレンジになりそうですね。プレミアでこんなに連敗するよりは、チャレンジで、上位争いに食い込む方がやりがいがあるように思えます。こんなに負け続けると、選手たちも応援団も気の毒です。チャレンジでも何でもいいから、選手たちの勝利の笑顔が見たい。

そういえば、久光製薬の兵頭希選手も168センチですが、今日も決めまくっていましたね。
今大活躍のNECの内田暁子選手も位田愛選手と同じ173センチと小柄。

ウイングスパイカーにとって身長は意外と二の次な要素なのかもしれませんね。全日本でも、どうせ外人選手には及ばないのですから、思い切って、こういった小柄な選手を使うのもいいかもしれませんね。だいたい、海外選手に嫌がられている高橋みゆき選手が、170センチしかないのですから。

そりゃ、背が高い方がいいに決まっていますが、身長が高くないと務まらないのがセンター(ミドルブロッカー)なのでしょうかね。それで、春高時代にエースアタッカーだった西山由樹選手や狩野舞子選手がセンターをやっているのでしょうか。西山選手が184センチ、狩野舞子選手が186センチ。

でも全日本は、センターばかりでは勝てないので、この二人は、全日本では、ウイングスパイカーに再転向という可能性もなくはないでしょうか。

176センチもある西山慶樹をJTはリベロで使っているんですか。これはもったいない気がしますね。彼女も春高のエースアタッカーだったわけですし。

全日本女子の新しいメンバーがどうなるか、ちょっと気になりだしているんですが、柳本監督も引退したことだし、二度のオリンピックを戦い抜いたわけですから、ロンドンを目指して、選手を若手に一新すべき時がきたように思います。狩野舞子選手と西山由樹選手はぜひ入れてほしいですが、小柄でもテクニシャンな内田暁子選手や位田愛選手も入れてほしいですね。

お前は可愛い子だけで揃えたいんだろ、という突っ込みが入りそうなので、雑談はこの辺で。

真面目な議論はこちらでご覧ください。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

 楽天では売り切れていますが、近くの書店にはあると思います。荒木絵里香選手のイタリア日記や、トヨタ車体の特集など、面白いですね。特製ファイルの付録も。

posted by ヒロシ at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

日本ブログ村(バレー)1位記念に

ブログランキングで1位を取るのは、一種のテクニックです。人気があるから、内容が面白いからというわけでは必ずしもありません。特に本ブログの場合(汗)。

検索エンジンで上位表示されてアクセスを集めるとか、相互リンクを増やしてアクセスを流してもらうとか、ブックマークしてもらいリピーターになってもらうとか、その辺の工夫をしています。

あとランキングのリンクを張り忘れないことですね。記事の上の方に持っていったほうがクリック率が高くなりますが、私は、一番最後に、この文言を付加しています。

女子バレー最新情報は、こちらでどうぞ。
>>>>人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)


1位の記念に貼り付けておきます。前回3時間ほどで2位に転落したので・・・(笑)


WS0000132.JPG

アクセス解析で、過去1か月の検索フレーズを調べてみると、こんな具合でした。

1 [Google] 狩野舞子  3.7% 60
2 [Yahoo!JAPAN] 木村沙織  2.8% 45
3 [Google] 女子バレー  1.7% 28
4 [Google] 宮田由佳里  1.7% 27
5 [Google] 成田郁久美  1.6% 26
6 [Google] 位田愛  1% 16
7 [Google] 荒木絵里香 ブログ  0.8% 13
8 [Google] 小山修加  0.7% 12
9 [Yahoo!JAPAN] 久光  0.7% 12
10 [BIGLOBE] 女子バレー   0.5% 9

狩野舞子の記事をたくさん書いているというわけではないのですが、私のブログが、狩野舞子で検索に引っ掛かりやすいということでしょう。「荒木絵里香 ブログ」というのは、エリカがブログを書いていないか調べているんでしょうね。残念ながら、エリカはブログを書いていません。

なぜ、狩野舞子がGoogle経由で、木村沙織がYahoo!経由なのかは、私には理解できません。
posted by ヒロシ at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

12勝6敗で4チームが並ぶ混戦模様

NHKBSで放送された今日の東レ・デンソー戦は見ごたえがありましたね。

東レがやはり安定していましたので、終始押し気味に試合を進めていましたが、張vsロンドンの助っ人同士の攻撃合戦に木村vs細田の日本人エース同士もしのぎを削りました。

デンソー達川監督の「何やってんの」というような顔が何度も映し出されたように、いいところでミスが出たり、チャンスが活かせないじれったさがデンソーにはありました。

正セッター横山雅美選手の故障で代打を務める鈴木裕子選手の、やや不安定なトス裁きで、レフトやセンターの打ちそこね、レフトばかりにボールが上がるという、単調さも見られましたが、171センチの鈴木裕子選手の潜在能力の高さも垣間見れた試合だったと思います。

両チームとも、粘り強さが持ち味で、長いラリーが何度も観れました。攻撃力の高いチームでありながら、守備力も相当な両チームです。この2チームは、必ずや決勝に進むと確信しました。

今日の試合では、すべてにおいて東レがやや上回っていたような気がします。なので、最終セットをあっさりとられて負けても納得いきました。鈴木裕子選手が成長すれば、横山雅美選手が復帰すれば、デンソーはもっと強くなれるチームではないかと思います。

第1試合では、あれだけ強力な選手を揃えながらトヨタ車体を相手に20点も取れないパイオニアを見て、バレーでは、個人力の総和がチーム力ではないということをつくづく感じました。

来週はなんと、2日間ともデンソーはお休みです! 故障の横山雅美選手にはラッキーですね。東レは、JTと久光に当たります。

なんと現在、1位から4位まで、12勝6敗で4チームが並んでいます。セット率でNEC,デンソー、東レ、久光の順ですね。5位は11勝7敗の岡山です。

トヨタ車体とパイオニアが、8勝10敗で並びました。この2チームが、4強に残るためには、第3レグを8勝1敗か9連勝位でないと無理でしょうかね。

 

女子バレー最新情報は、こちらでどうぞ。
>>>>人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

久光製薬が絶好調のNECを接戦で破る

昨日の予想が外れていないか、恐る恐る試合結果を見ましたが、デンソー・日立佐和は、予想通り、デンソーの勝ちで連敗を脱することができました。

NEC・久光製薬のデータを見てびっくり。凄い試合でしたね。総得点が、両チーム一緒だったくらいですから白熱した試合だったことでしょう。

どの主力選手も、2桁得点を挙げています。トム・ローガンが調子良すぎたのが久光製薬の勝因でしょうか。山本愛、小山修加の両選手も最近安定して高得点を挙げていますね。二人の全日本復帰への道筋が見えてきたような気もします。

第4セットで、33−31まで競り合って、NECが取った。取りきってホッとしたのでしょうか、第5セットは15−9とあっさりやられています。

第5セットというのは、波に乗っている方が取りますからねえ。第4セットで競り負けて、なお立て直した久光製薬の底力・ねばりというものを感じます。いやー、この試合はぜひ観たかったですね。

紙一重でしたが、この試合の勝利の意味は大きかったと思います。明日、デンソーを破れば、大きく波に乗る久光製薬ですね。一気に優勝候補に名乗り出るでしょう。

東レが連勝して、3位に浮上しましたね。岡山の監督コメントが面白い。
「直近の数試合、レギュラー陣がチャンスに真っ向から挑んでいく癖が逆に敗因につながっているように思う。」

この前、テレビ放送で、監督が「チャンスは危険」と言っていた言葉と重なりますね。「チャンスに真っ向から挑んでいく癖」が敗因だというのが面白い。チャンス時に攻撃が単調になってしまったということですかね。岡山の選手はみんな超真面目そうですからね。

東レは、木村沙織の決定率が18%というのが少し心配ですね。

東レの明日は、トヨタ車体戦。前回は、東レが3−0で勝利。トヨタ車体には、全日本チャンピオンの意地をみせてほしいですね。


女子バレー最新情報は、こちらでどうぞ。
>>>>人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー) 

おっぱいバレー (今年4月に映画公開。綾瀬はるか主演。)
タグ:久光製薬 NEC
posted by ヒロシ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

デンソー、まさかの2連敗

今日は、NHKBSで川崎市とどろき体育館のゲームを見ていました。

1.東レvsNEC(3−1でNEC)
終始NECが圧倒する試合でしたね。東レのブロックポイントがほとんどないのは驚きでした。ようやく第3セットで、いいタイミングでブロックが2本入ったので、セットが取れましたが、サーブレシーブも乱れ、木村沙織一人が気を吐いていたようなゲームでした。
東レの新人選手(築地・宮田)や、若手選手(迫田・高田・佐藤・大山妹)が総出場して、面白い試合でしたが、NECの強さ、東レの弱点が目立つ試合になりました。70本以上スパイクした木村沙織の足がつったようで、マッサージを受けていましたね。張越紅選手が調子悪いので、木村沙織選手に負担がかかっていましたね。
NECのルーキー、内田暁子秋山美幸の活躍も光りました。ルーキーといっても木村沙織より年上ですけどね。
最優秀新人賞は、この二人のうちどちらかでは、と自分では思っています。
NECが連勝記録を更新中で、ついに2位に浮上しました。

2.岡山v久光(3-2で久光)
岡山の強さがよく分からなかったのですが、今日の試合で分りました。しぶといです。しつこいです。いやらしいです。若浦貴子、村田奈都美など地味ですがいい選手もいますし、ベテランの森和代さんや岡野弘子さんがうまくリードしていますよね。

岡山の河本監督の名言が今日は聞けました。
チャンスは危険」:チャンスだと思うと油断が生じるので危険、という意味か??
一生懸命は怠け者」:一生懸命やるだけで頭を使わないのは、怠け者という意味か??

久光勝利は、小山修加選手の爆発が大きいですね。ひとりで30点近く決めていましたからね。
山本愛選手の付けまつげは必要でしょうか。取れないか心配でした。笑。

NHKの各地の試合結果を見てびっくり。デンソーが0−3で武富士に敗戦。昨日に続き、1セットも取れずに2連敗。第1レグで8勝1敗のデンソーが、これで10勝3敗。2位のNECが9勝4敗ですから、最短で次週、トップが入れ替わる可能性も出てきました。

来週1月24日(土)は東京体育館で、デンソーとNECの直接対決があります!!
第1レグでデンソーが唯一負けたのがNECですから、デンソーの雪辱なるか!はたまた、NECのトップ交代なるか!目を離せませんね。女子プレミアリーグ。


応援よろしくお願いします。
>>>>人気blogグランキング(バレー) 現在4位
>>>>日本ブログ村(バレー) 現在1位?(前回1位は3時間で陥落)

<1月22日追記>
デンソー、一斉操業停止11日間=トヨタ系の部品国内最大手、創業以来初
デンソー不振の原因が、こんな事情にあったりして???
不況の影響を多くの企業は受けていますが、トヨタ車体やデンソーは特に厳しいでしょうね。
タグ:デンソー
posted by ヒロシ at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

デンソーのブロック阻まれ、東レ完敗0−3 

今日、急用で会場に足を運べませんでしたが、2時半ごろライブスコアの結果を見て驚きました。3−0のワンサイドゲーム。会場まで、電車で往復3時間かけて行っていたとしたら、試合時間は、その半分もなかったわけですから、行けなくてもよかったかな、という気がしました。頂上決戦ということで今日のゲームはフルセットを期待していました。

デンソーのブロックの成否が勝敗の分かれ目だろうという私の予想がドンピシャ当たってしまいました。

これまで1セット平均、3.7本のブロックを決めてきたデンソーですが、今日の東レ戦では、1セット当たり5本のブロックを決めています。1試合で15本決められては、絶対に勝てません。東レも10本決めれば多少はもつれるでしょうが、東レのブロックがたったの3本では、ダメでしょう、それじゃあ。

荒木絵里香の抜けた穴は大きいですかね。センター陣がもっとしっかりブロックしないとだめでしょう。西脇万里子さんはスタメンじゃなかったのでしょうか??

両チームの平均身長はそれほど変わりません。( )は第1戦のスタメンの平均。
東レアローズ・・・・・・ 176.0(175.6)
デンソーエアリービーズ・・ 175.4(176.1)

前回の記事にも書きましたが、今日の試合までのブロック決定率は、この通り。
ブロック決定率
1位 デンソーエアリービーズ セット当たり3.67本
8位 東レアローズ セット当たり1.77本

デンソーの独走を第2レグ以降で止めることができるかどうか。レギュラーラウンド1位のチームが決勝ラウンドでも優勝する可能性が高いですからね。

東レが今日勝っていた方が混戦になって面白くなったでしょうけどね。

デンソーが頭一つ出ました。


ブログランキング、応援よろしくです。
   → 
人気blogグランキング(バレー) 日本ブログ村(バレー) 
posted by ヒロシ at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。