2012年05月22日

女子バレー 3連勝でオリンピック出場権が射程圏内に

タイとの大接戦が見たかったのだが、今日の全日本、強すぎたね。

本気で勝ちに行ったね、当たり前か。。。

ブルームジットは、昔のほうが攻撃力があったような気がする。アンポーンとかヌルットサットとか、選手としても上手いし、結構美人だよね。ちょっと、ファンになったなあ。セルビアに勝ったゲームを観てみたい。できれば、タイにも、オリンピックに出て欲しいなあ。日本が3位以内なら、タイがタイペイと韓国より上位ならロンドンオリンピックに出場できるよね。

それにしても、江畑の活躍には恐れ入った。江畑と木村のWエースがいれば、格下チームなら圧倒できる強さがある。問題は、強豪の大型チームにどこまで通用するか。。。

セルビア、ロシアを連覇すると、本物の強さなんだろうな。ロンドンで銅メダルでも獲るには、予選で1敗も許されないだろうな。アメリカ、ブラジル、中国、イタリア、、、、ちょっとやそっとでは勝てるチームではない。

センター線をもっと強化しないと、Wエースだけでは、強豪チームには勝てないだろう。平井の活躍は頼もしいが、キャプテン荒木には、攻撃の面でもっと目立って欲しい。ブロックは確かに世界のトップレベルといえるかもしれないが。。。

明日の韓国も3−0で圧勝して欲しい。できれば、控えの選手中心で戦って欲しい。単に、新鍋、平井、迫田の活躍を見たいからだけど、、、木村、江畑の代わりに、迫田、新鍋でも、韓国相手なら勝てるだろう。

3-0ばかりだと、視聴率落ちるから、そろそろ、1セットくらい失ってみてはどうか(笑)。キューバ、ロシア、セルビアは、3−1がいいな。3−2は心臓に悪い。笑。

最新バレー情報は、>>>>人気blogグランキング(バレー)
             >>>>日本ブログ村(バレー)

最近、この手のネックレスをつけてる選手がいないのは淋しい。ブルームジットがピンクのをしてたけどね。ちなみに私は、3年間している。おかげで肩こりがなくなった。笑。



posted by ヒロシ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

東レアローズ女子 優勝おめでとう!

V・プレミアリーグ女子2011/2012の決勝戦の結果は、3−0でストレートでしたが、非常にレベルの高い、拮抗した内容でした。

ただ、ブロック、アタック、サーブレシーブなど、ほとんどすべての面で、東レアローズ久光製薬スプリンスを若干上回っていました。

30-30までいった第1セットですが、たとえ、久光製薬が取っていたとしても、東レが最後には勝っていたような気がします。総合力の高さでは、やはり、この2チームが群を抜いていますが、中でも東レの総合力は、プレミアリーグを通じて断トツでした。

最優秀殊勲選手賞は、私は木村沙織かと思っていましたが、東レを引っ張ってきたキャプテンとしての実績と、ロンドンへ向けての、全日本キャプテンへのエールの意味も込めて、荒木絵里香となったような気がします。

地味だけれども、プレーの正確さ、緻密さやセッター・レシーバーとしての技術力の高さを評価して、少ない確率ですが、中道瞳選手の受賞も私の頭の中で、ふと浮かんでいました。

荒木選手には、攻撃力・得点力をもっとつけて欲しいという、前からの希望はあります。全日本でのさらなる活躍を期待したいところですね。

それにしても、決勝戦での東レの二見梓選手と高田ありさ選手の活躍は目を見張るものがありました。特にルーキーの二見選手は、今年は入れなかったですが、来年からは、全日本の選手として活躍することになりそうな気がするので、楽しみです。

全日本への登録が決まった久光の平井香菜子選手も、非常に体格のいい選手で、スピード感もあるので、是非、国際試合でも活躍して欲しいと思いました。

決勝戦では、石田瑞穂選手の動きのよさが目立ちました。全日本での活躍が期待できそうです。

最終予選とロンドンオリンピックが、これから本当に楽しみになってきましたね。

V・プレミアリーグ女子の全選手のみなさん、お疲れ様でした。また来季も素晴らしいプレーを見せてください。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

新生パイオニアを応援したい・・・

今日は、パイオニア対デンソーの試合を、NHKBSで観戦しました。

パイオニアといえば、ベテラン選手が多く、平均年齢も高いため、一時期、「強豪おばさんチーム」などと新聞で揶揄されたこともありましたが、ベテラン選手が次々と引退・退社していき、若手中心のフレッシュなチームに生まれ変わっていて驚きました。

ベテラン陣の渋いプレーが観れなくなったのは残念ですが、若手中心に溌剌としたプレーで、纏まりのある素直なチームのような印象を受けました。
強豪デンソーには、力負けしましたが、けっして完敗ではなく、力を出し切った気持ちのいい試合だったと思います。

パイオニアというと、栗原恵選手と佐々木みき選手が真っ先に思い浮かびますが、二人とも昨年退団されましたね。栗原恵選手のほうは、ご存知かと思いますが、ガモワ選手のいるロシアのディナモ・カザンに所属し活躍されているようです。一方、佐々木みき選手はトルコのチームと一旦契約して現地で少しプレーしたそうですが、契約解除となって帰国している模様です。また、全日本で活躍した庄司夕起選手は、チャレンジリーグの上尾メディックスで活躍中で、昨年は、チャレンジリーグのMVPを獲得されました。

ソニーやパナソニックがテレビ事業で数千億円の大赤字を出したというニュースが今駆け巡っていますが、テレビ事業とは縁の薄いパイオニアは昨年は黒字決算だったようです。廃部騒動も一時期ありましたが、今後は大丈夫だと思います。(希望的観測。パイオニアのベテラン選手の大量退団は、やはり、リストラの一環だったのでしょう。皆さん、チャレンジリーグなどで、大活躍されているので応援したいですね。)

今日のゲームで印象に残った選手というと、パワフルな浅津ゆうこ選手、大型センターの香野晶子選手、明るくムードメーカー的な印象を受けた服部晃佳選手ですね。セッターの冨永こよみ選手の将来性にも期待しています。彼女のような大型セッターは全日本に是非欲しいですからね。今日も高い位置からのツーアタックが何度も決まっていました。

>>> パイオニア選手紹介(公式サイト)

〇試合結果(2012.02.04)
  パイオニア vs デンソー 0−3(19-25 21-25 21-25)

数字の上では完敗ですが、積極的な攻撃、粘りのレシーブも随所に見られ、明日に繋がる負けではなかったでしょうか。決定力のあるデンソーには一歩及びませんでしたね。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

黒星ロードのNECを応援

1月14日(土曜日)県立滋賀体育館
●第1試合 NECレッドロケッツvs豊田車体クインシーズ
  NECが5連敗しているということで、この試合は、NECをテレビで応援しました。
今日は松浦寛子をスタメンのセッターで起用して、気分を変えてきたNECですが、第1セット立ち上がりを除いては終始押され気味の試合展開でした。
1セット目が終り、私が、ちょっと用を足していてテレビの前に戻ってきたら、もう2セット目のセットポイントを迎えていました(笑)。

3セット目は一時追いつく場面もありましたが、NECの攻撃力がいまひとつです。ラリーになっても、ほとんど豊田車体に粘り負けしていました。

豊田車体が、粘りのレシーブを見せて、センターとサイドの両方から厳しい攻撃を仕掛けてくるのに対し、NECはポイントゲッターがいない感じ。ベテランの内藤や杉山といった、ベテラン選手も攻撃に鋭さが感じられないですね。

結局、松浦寛子も松浦麻琴にチェンジされていました。私は、この長身の松浦寛子にロンドンの次のセッターをやって欲しいと思っていて、全日本での育成を期待しています。セッターとしても、アタッカーとしても今はちょっと中途半端な感じ。

個人能力の高い選手を多く抱えるNECですが、今日も能力が十分に発揮できないまま、完敗して6連敗と黒星ロードを歩んでしまいました。何年か前のリーグ戦でも連敗地獄から抜け出せなかったことがありましたが、そろそろ白星を飾って欲しいですね。明日は、JTですか。。。なかなか厳しいかもですね。。。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

全日本女子バレー ドイツに大勝利

大勝利と書きましたが、確かに大きな勝利だと思います。

五輪出場権云々よりも、全日本女子バレーの強さを実感した大勝利でした。

なかでも、木村沙織江畑幸子の安定したスパイク決定力には脱帽です。

日本のバレーは、この二人の安定した攻撃力のおかげで、世界のトップクラスにのし上がったといっても過言ではないかと思います。

新鍋理沙岩坂名奈といった新人も、度胸のある思い切ったプレーをしていて、頼もしい限りです。岩坂には、もっと、ガンガン前に出る厚かましさが欲しいところですね。今日の新鍋は、積極的で良かった。

なんといっても印象に残ったのは、木村沙織の最終セットで見せた、相手からの返球ボールへのダイレクトスパイクでした。あの柔和な表情からは想像もつかないガッツには、感動しました!!

明日のアメリカ戦も、今の上り調子の勢いと会場の盛り上がりからすると、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

個人的には、慌てて五輪出場権を獲らなくても、最終予選で獲ってもいいと思っているのですが、ここで、銅メダルを獲得すれば、五輪へ向けて、日本中のバレー熱がいっそう盛り上がるので、明日も全力で応援したいと思います。

スポーツナビ (11月17日(木)21時14分配信)によると、日本が3位以内に入る条件は、こんなようです。
中国が今日のドイツに負けた場合ということで、日本・アメリカの試合開始前に、その結果は分かりそうです。

(1)中国がドイツに0−3もしくは1−3で敗れた場合
→日本が米国に勝てば、日本の五輪出場が決定

(2)中国がドイツにフルセットで敗れた場合
→日本が米国に3−0もしくは3−1で勝てば、日本の五輪出場が決定

しかし、明日で、長かったテレビのバレー放送が終わりかと思うと淋しいですね。

そろそろ、V・プレミアリーグのチケット入手に向けて、計画を練りたいところです。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

W杯女子バレー 日本のメダル可能性は?

セルビアに完敗した時点で、全日本のメダルの可能性は完全に消えたと思っていましたが、昨夜のブラジル戦完勝で、微かな望みが見えてきました。

残り3戦、ドイツとアメリカを残すため、非常に厳しいのですが、3連勝すれば、銅メダルの可能性はあります。東京ラウンド第1戦ケニアには、木村・江畑を温存して、迫田・森選手など控え選手中心に3−0で完勝し、第2戦のドイツに全力で勝てば、そのドイツに負けているアメリカを倒すことも、ほとんど奇跡かもしれませんが、バレーには奇跡が起こりえます。完全ホームですし。。。。

優勝争いは、イタリア、アメリカに任せて、日本は3位狙いとなるでしょう。中国とドイツを追い越さなくてはなりません。幸い中国もドイツも強豪を2つ残しているので、彼らが1勝2敗なら希望が残ります。しかし、中国がアメリカかドイツに勝つと望みが薄くなりますね。

1  ITA  イタリア  23点  8勝0敗  アメリカ・ドイツ・ケニア
2  USA  アメリカ  21点  7勝  1敗  イタリア・中国・日本
3  CHN  中国  19点  6勝  2敗  アメリカ・ドイツ・ケニア⇒残り1勝2敗で22点
4  GER  ドイツ  18点 6勝  2敗 イタリア・中国・日本⇒残り1勝2敗で21点
5  JPN  日本  16点  5勝  3敗  ケニア・ドイツ・アメリカ⇒残り3戦全勝で25点(2勝1敗なら22点)
6  BRA  ブラジル点  12点  5勝  3敗 アルゼンチン・アルジェリア・ケニア⇒残り3勝で21点
7  SRB  セルビア点  11点  3勝  5敗  アルゼンチン・ドミニカ・ケニア⇒残り3勝で20点

日本がケニア、ドイツに3−0で連勝すると、最終戦のアメリカ戦がメダルをかけた戦いとなるでしょう。(フルセット勝ちは1点しかもらえないので、3−0か3−1が必須。)

そしてもしアメリカを破り銅メダルを獲得すると、奇跡の大逆転、メイクドラマになり、なでしこ並みのフィーバーが巻き起こるかもしれません。

中国の成績にもよりますが、日本がオール3−0で3試合を全勝で終えると、メダルが見えてきます。

ほとんど奇跡ですけどね。ホームだから・・・期待したいですね。

余談ですが、狩野舞子はどうしたんでしょうね。せっかくアキレス腱が治ったのに。。。。体調不良とは・・・・

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 11:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

W杯女子バレー 中国に悔しい逆転負け

試合後の新鍋理沙の悔し涙がファン全員の気持ちを代弁してくれていました。

ホントに、悔しい一戦でした。勝利を確実に掴んだかと思った瞬間に、手の平からスルスルと、勝利が逃げてしまったような悔しさですね。

第4セットにも最終セットにもほぼ確実な勝機がありましたよね。

「勝負強さ」が足りていなかったのでしょうか。優勢なときに、どこか心のスキができて追いつかれ追い抜かれてしまったのでしょうか。

木村沙織の「これも実力ですから、次の試合から頑張りたい」という言葉に、大人の木村沙織を見ました。勝負では負けたが、試合では勝っていた、と誰もが慰めのように思いたいときに、ほぼ勝っていた試合を最後の最後で落とすというのも、実は実力なんだということを言ってくれました。

バレーの試合の怖さを知り尽くした木村沙織だからこそでしょうか。随分大人になったものだと、やはりエースの自覚なんでしょうか。チームの柱としては、いつまでも悔し涙を流してはいられません。

明日からの快進撃に期待したいですね。次の山場はセルビア戦ですね。セルビアに勝てば、韓国戦、ブラジル戦と勢いに乗って勝ち進むことも可能ではないかと。。。。

11月8日(火)  日本×アルジェリア
11月9日(水)  日本×ドミニカ共和国

11月11日(金)  日本×セルビア
11月12日(土)  日本×韓国
11月13日(日)  日本×ブラジル

余談ながら、大山加奈ちゃんの再スタートを喜ばしく思います。随分とお綺麗になられていて、驚きました。現役時代は口下手な印象がありましたが、スムーズな語り口のレポートで、ホッとすると同時に、心に熱いものを感じました。

最近ブログを引っ越されました。>>>大山加奈公式ブログ

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)

コンパクト双眼鏡も50倍だと、選手の顔もバッチリ鮮明です!

 
posted by ヒロシ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

ワールドカップバレー 初戦のイタリアに完敗

いつもの負けパターン、という感じの尻すぼみのゲームでしたね。イタリアって、あんなにレシーブ良かったですか??しぶといイタリアの完勝でした。アルゼンチンから移籍してきた美人の大型選手には徹底的にやられましたしね。

フルセットにもつれ込んでの逆転劇でもあれば、今後の視聴率も上がるだろうし、ファンとしてもテンションの上がる展開だったんですが。。。。

木村沙織の不調が痛いですね。試合後のインタビューでも、表情にも落ち込みは隠せませんでしたね。

インタビューで昔の天然回答は、もはや期待できなくなりました。

エースとしての重圧が、自由奔放な天然キャラクターを失わせたのでしょうか。ゲーム中も真剣な表情が目立ちました。

相手チームに一番マークされている選手だから、思うように働かせてもらえないというのはあるのでしょうが、ゲームの閉塞感を打ち破る明るさとパワーが昨夜のサオリンに欠けていたような。。。

ワールドグランプリではベンチを暖めていた江畑幸子がついに復活しました。世界バレーの銅メダルは、江畑幸子の活躍あってこそですから、忘れてはいけません。また、同じ21歳の新鍋理沙がブレイクしました。今夜からの活躍にも期待大です。

バレーの申し子、バレーの天才と呼ばれることもある木村沙織ですが、人間ですから調子の悪いときもあるでしょう。思い切って、迫田さおりに替えることはできなかったのでしょうか。

ゲームがいき詰まったとき、迫田さおりのバックアタックで攻撃に変化をつけるパターンは絶対必要だと思うんですが。。。。

まさか、キューバを破ったアルゼンチンに今夜負けることはないでしょうね。ランキング20位といったチームでも、油断は出来ないですから、真剣に応援したいですね。

山本愛の欠場も大きいですね。個人的には、栗原恵の欠場は一番残念でしたが。。。。

イタリア戦で、イタリアセリエAにいた狩野舞子をスタメンに入れなかったのはどうなんですかね。

イタリア戦の鬱憤を今夜アルゼンチン戦で晴らして欲しいものです。できれば、途中でもいいので迫田さおりを出してください、眞鍋監督。

相手は格下だし、木村沙織はたまには休ませて、コートの外から勉強させてもいいんじゃないでしょうか。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)

※バレー選手の敬称を省略しています。何卒ご容赦下さい。
posted by ヒロシ at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

女子バレーワールドカップ2011 フジ放送日程

女子バレーワールドカップ2011がもうすぐ始りますね。

8月のワールドグランプリでは、予選ラウンドの一部試合のみの放送で、テンション下がりっぱなしでしたが、今度はフジテレビ独占なので、全試合の放送をゴールデンでやってくれることを期待しています。

ワールドグランプリは結局、5位という残念な結果でしたが、ワールドカップはオリンピック、世界選手権に並ぶ格上の大会ですから、是非、3位以内を獲って欲しいですね。(世界ランキングでも日本は3位なのですから。。。)

3位以内はオリンピックの出場権も獲得できると言うことですから、金メダルはオリンピックの楽しみに残してもらって、本ワールドカップでは、銀か銅を期待したいですね。

出場国にロシアが入っていませんね。ブラジル、アメリカ、セルビア、中国といったところが強敵といえそうです。

ブラジル以外は、全日本の調子さえ良ければ、勝てない相手ではないように思えますが、全日本の調子はどうでしょうか。

センターの山本愛選手が出場できないのは痛いですね。山本の抜けた穴を、荒木は当然として、岩坂、石川、そして、森選手らに期待したいですね。

久しぶりに戻ってきた栗原恵選手にも期待したいですね。木村、迫田、栗原、狩野らのバックアタックも打てる、強力なアタッカーで変化のある攻撃が出来れば、強豪国相手でも、十分拮抗した試合が出来るのではないでしょうか。

こうしたアタッカーが活きるためにも、センターの活躍が期待されるところです。

見所十分なワールドカップ2011、サッカーのなでしこに続いて、メダル獲得を多いに期待したいところです。

開幕は、11月4日のイタリア戦ですが、絶対に落とせない試合ですね。

◆開催日・放送日
  女子2011年11月4日(金)〜11月18日(金)
  (※男子はこの後、2011年11月20日(日)〜)

◆試合日程 (★個人的に絶対に見逃したくない試合)
11月4日(金)  日本×イタリア★       
11月5日(土)  日本×アルゼンチン     
11月6日(日)  日本×中国★
          
11月8日(火)  日本×アルジェリア
11月9日(水)  日本×ドミニカ共和国

11月11日(金)  日本×セルビア★
11月12日(土)  日本×韓国
11月13日(日)  日本×ブラジル★

11月16日(水)  日本×ケニア
11月17日(木)  日本×ドイツ
11月18日(金)  日本×アメリカ★


フジテレビでは、19時〜20時54分のゴールデンに、全日本女子の全11試合を放送(最大延長55分)するそうです。
やはり、女子バレーはフジテレビですね!!

応援がジャニーズでもなんでもいいです(AKBのほうがよかったけど、笑)。

久しぶりに、フジ特有のニックネームコールが聞けますかね。日本の元気印〜、とかフライングアーティスト〜とかいう。

私の注目の選手は、やはり、栗原恵、狩野舞子、山口舞選手ですかね。チームにも勝って欲しいですが、やはり好きな選手が活躍できると、嬉しいですよね。

この本は、大会が始ると売り切れる可能性大です。



最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

対韓国戦8連勝の眞鍋ジャパン

19日のセルビア戦に0−3で完敗した眞鍋ジャパン、今日の韓国戦は最初から集中度が違いました。

最終セットも、21−24から大逆転。何度もセットポイントを握られましたが、その都度跳ね返して、最後は29点で勝利でしたね。

勝因はズバリ、もう負けられないという瀬戸際での集中力でしょうか。技術的には、見事なサーブ攻撃で上り調子の韓国に韓国らしさを発揮させなかったといったところでしょうか。

やはり、日本は、サーブで相手を崩して、攻撃は、バックアタックや時間差攻撃で、変幻自在の立体的な攻撃で相手のブロックの隙を狙って得点するというパターンですよね。こうした攻撃に、より精度とスピードが増せば、ロンドンでのメダル獲得は十分可能なのではないでしょうか。

次は、強豪ロシア戦。韓国は昨日、このロシアに勝って、現在日本と並ぶ5勝3敗ですから、実は韓国は調子がいいんですね。でも日本と闘うと、日本の永遠のライバルではなく、永遠のカモになってしまうから不思議です。対韓国8連勝では、負ける気がしませんよね。

明日のロシア戦も勝たないと、決勝ラウンドへの進出が危うくなってきますからね。全16チームのうち上位7チーム+開催国の中国ですから、どうなるか少し不安ですね。昨日のセルビアへの敗戦がやはり痛いですね。

江畑の活躍も久しぶりに見たいのですが、迫田の調子が良すぎて出番がないのが少し残念。木村-迫田が不動のスタメンになって来ました。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)



posted by ヒロシ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

女子バレー アメリカ戦の完敗は応えたなあ

ワールドグランプリ2011の予選ラウンド2週目、アメリカとの試合は、日本にいいとこなしの完敗でしたね。

木村沙織選手の調子が悪いと、強豪チームには勝てないですね。力負けしていても、時々見せるサオリンのミラクルなスパイクが決まっていくと、チームが波に乗っていくんだけれど、アメリカ戦では、日本チームにほとんど波が来ませんでした。

セルビア線で大活躍の荒木絵里香選手も、ブロックがほとんど決まらず、サーブミスだけが印象に残ってしまいました。

サーブレシーブがセッターに戻らないと、コンビバレーが出来ないし、コンビバレーが出来ないと、サイド攻撃がブロックにつかまってしまう。

そういう負けパターンの図式が、アメリカ戦では見事に展開されていました。

それにしても、最終セットの最後のトム・ローガン選手のサーブにはお驚きましたね。小さな佐野優子選手が吹っ飛んでいましたから。

佐野優子選手が取れないサーブを一体誰が取れるのでしょう。

やはり、昨年の世界バレーで、3位を奪取された日本への執念のすさまじさでしょうか。アメリカは集中していて、ミスもほとんどありませんでしたね。

そのアメリカが、翌日、日本に負けたセルビアに負けていました。不思議なものです。

さて、東京での予選最終ラウンドは、土曜の韓国戦と日曜のロシア戦がゴールデンで放送のようです。

関西地方では、土曜のゴールデンしか放送されておらず、金曜・日曜の深夜枠は関東地方だけだったのです。

日曜の夕方のBS-TBSでは、3試合のダイジェスト版は関西でも放送されてましたけどね。

サオリンだって、生身の人間。調子の悪いときは、1セットくらい休ませてもいいんじゃないかと思うのですが。。。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

ワールドグランプリ2011 放送日程(第1週)

楽しみにしていたワールドグランプリですが、首都圏以外のファンの方には残念なお知らせが。。。。

週末3日間で、予選が行われるわけですが、ゴールデンに放送されるのは、土曜だけです。

しかも、関西の場合、TBS系列の毎日放送では、金曜・日曜の試合は、全く放送されません。

首都圏のファンの方々は、このような日程でテレビ観戦が可能です。しかし、例えば関西では、金曜・日曜の深夜の放送がありません。
8月5日(金)ブラジル戦 深夜0:55〜2:55
8月6日(土)韓国戦  夜7:00〜8:54
8月7日(日)ドイツ戦  深夜0:50〜2:50

ただ、関西の方も、BSなら、以下の日程で、ハイライトが観れます。
BS-TBS
月7日(日)ハイライト 夕方5:00〜7:00

TBSが観れる地域の方は、全部観れます。系列局では、赤字の2日のみしか観れません。がっくし。予選だからか??
本線は、全部ゴールデンで観たいものです。

深夜になぜ流さないのだ。

関西の毎日放送は、ヘタレだ。


最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

長いトンネルを抜けたデンソーエアリービーズ

2月20日、第4レグの第一試合で、デンソーが6連敗を免れました。やれやれ。

第4レグを心機一転、連勝街道でベスト4に滑り込んでほしいです。

対パイオニアの勝利の瞬間、桜井由香選手の目に涙のようなものが光りましたね。長い長いトンネルを抜けたという感覚でしょうか。

セッター熊谷桜子も、ヒーローインタビューで嬉しそうでした。

天皇杯優勝後に、デンソーが弱くなった理由は、今もよく分かりませんが、エベ選手の左手が痛々しかったことから、エベ選手が万全でなかったことも一因かもしれません。

やはり、サーブレシーブ返球率の低さがあって、デンソーらしいコンビバレーができず、井上、矢野を活かしきれない⇒エベに頼る⇒ブロックされる、というようなパターンもひとつにあったのではないでしょうか。天皇杯優勝の疲れ、優勝してほっとした緩みなどもあったかもしれません。戦力的には、けっして低いチームではないので、20日までの1セットも取れない5連敗は普通なら考えられません。

4強には、JTと東レが確定として、残り2つを久光(14頌8敗)、NEC(12勝10敗)、デンソー(10勝12敗)で争う形でしょうか。

デンソーはもう負けられないですね。デンソーの連勝街道と、久光かNECの不調がない限り、デンソーのベスト4進出はかなり狭き門かもしれません。

3月5日・6日の大阪大会には足を運んで、デンソーを応援したいと思っています。

女子バレーの最新情報はこちらで。
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

チーム力が拮抗する混戦模様のVプレミアリーグ

2月6日のNHKBSの2試合は、レベルが高かったですね。

東レーNECJT−久光の2試合。4強の組合せ、というと、あれ!デンソーは??となりますが、デンソーは天皇・皇后杯で優勝してから急に弱くなりましたね。達成してしまった感があると、集中力が落ちるんでしょうか。

センターの井上選手、矢野選手が十分活かせていないような気がしますね。エベ選手という大型レフトがいるんだから、コンビが活きれば、エベ選手のレフト攻撃やバックアタック、活きのいい奥田選手や鈴木選手の波状攻撃でもっと強くなるはず。デンソーに終盤はもっと頑張ってもらって、4強に残ってもらいたいものです。(一応、デンソーファンを標榜していますので。。。汗。)

6日の東レーNECとJT−久光の4チームは、かなりレベルが高いし、実力も拮抗していますね。そして、若い選手の活躍が顕著です。

もうどのチームが勝とうが、どうでもいいという気になってしまいます。若手の素晴らしい選手のプレーに、惚れ惚れと見入っているだけですね。

特にNECのW松浦(寛子・麻琴)選手は素晴らしいですね。全日本でも早く活躍して欲しい選手です。久光の岩坂名奈選手と新鍋理沙選手も素晴らしい選手です。

NEC・松浦寛選手や久光・岩坂名奈選手のように巨体な選手というのは、往々にして動きが遅いものですが、二人は、攻撃でもレシーブでも動きが機敏なのには驚きます。(二人ともルックスが超可愛いですしね。)

東レは、前回のテレビ放送に続いてNECにフルセットで敗れましたね。NECは東レは苦手なチームだとは思いますが、木村・迫田選手という強力なレフトがいながら負けるのは、センターの得点力が低いからではないでしょうか。荒木絵里香選手には、今の倍の得点力を持って欲しいですね。アタック成功率よりも、アタック数と特点をもっと上げて欲しいです。また、木村・迫田選手の成功率が20%〜30%というのは、全日本の危機でもあるんです。マークされ研究されているのもあるのでしょうけど、全日本のエース級はアタック成功率40%以上は維持しないとダメですよね。

東レの4連覇は茨の道だと思います。NEC、JT、久光、デンソー、東レのどこが優勝してもおかしくないのではないでしょうか。このような混戦模様というのは近年まれに見る状況ですが、どのチームも、有能な若手選手の台頭で、バレーのレベルが上がっているからではないでしょうか。若手なのに器用というか巧みな選手が多いですよね。

好き勝手書きました。シロート意見ですので笑ってやってください。

◆ランキングの応援もよろしくお願いします。
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

東レの4連覇は前途多難!?

落合真理さんの解説で始まった、今日のNHKBSのV・プレミアリーグ中継放送。

第二試合の杉山明美さんの解説ほど滑らかではありませんが、魅力的な声で分かりやすく、堪能できました。モデルもされているようですが、今後は美人解説者として、解説テクニックに一層の磨きをかけて欲しいなと思いました。

さて、第二試合で東レが破れ、4連覇するにしても、そう簡単にはさせてもらえないだろうなという印象を持ちました。やはり、強力な助っ人が不在というのが、大きいのかな??という気もしました。迫田選手が、大型助っ人に匹敵する選手ですから、木村・迫田で攻撃力十分ともいえますが、決定力で木村選手に頼りがちな東レですから、やや攻撃が単調になりがちな気がします。その分、要所で高田選手が例年より頑張っている気もしますが。

NECの
松浦麻琴選手を初めて見ました。チャレンジリーグで日立にいて、昨年新人賞を獲ったとかテレビで言っていましたが、公式ページでは「新人」となっていますね。プレミアリーグでは新人ということになるのでしょうか。

NECの正セッターは、
秋山美幸選手だと思っていましたが、今日の松浦選手の調子だと、秋山選手が控えセッターになりそうですね。それもちょっと残念です。

松浦麻琴選手は、勝利者インタビューでも、自分の言葉でしっかりしゃべっていて、大物オーラが漂っています。「新人」でいけるなら、今季の最優秀新人賞の有力候補になりそうな予感がします。前半のトス捌きは抜群に上手かったですしね。

それにしても今日の試合、東レのサーブミスが許容範囲を超えていました。第4セットは紙一重の勝負で、もし東レが取って、第5セットにもつれ込んでいたら、東レが勝ったかもしれません。

しかし、第4セットで東レのセットポイントを何回もしのいだNECの粘りは凄かった。NECに「あっぱれ」をあげたい。

◆ランキングの応援もよろしくお願いします。
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

大活躍するフレッシュな選手たち

今日は、GAORAで岡山桃太郎アリーナの2試合を見ました。

狩野舞子のいなくなった久光製薬は、私が全然応援していないチームなのですが、若手選手で素晴らしい選手がいるので、ゲームを見るのが一番楽しみなチームですね。この3人です。

石井優希 、岩坂名奈 、新鍋理沙

が体がいいというと失礼かもしれませんが、3人とも、がっしりとした体格で、パワフルさを感じますよね。おまけにルックスは3人ともアイドル級。3人とも、若手とは思えない堂々としたプレーで、全日本入りは時間の問題といった面々です。

そのほか、今日の試合で注目した選手は、デンソーから移籍した、眞恵子(さなあやこ)と福田舞ですね。ともに、トヨタ車体と岡山の主力選手として活躍しています。今日も二人の伸び伸びとしたプレーを見て、デンソーファンの私としては、感無量でした。

勿論、応援している東レアローズの田代佳奈美選手も今日は先発セッターとして素晴らしい働きだったと思います。東レも信頼できるセッターが2人いると、攻撃にも変化が出せるので、4連覇に向けて大きな力になりそうです。

眞恵子福田舞は、若手と言うより中堅かもしれませんが、上記4人の若手は、これからのバレー界の柱にきっとなるのでしょうね。

ベテラン選手の渋いプレーもいいですが、最近は、若手のフレッシュなプレーを見ると、心がワクワクして胸躍ります。

明日も、GAORAの無料視聴での(笑)観戦が楽しみです。

◆ランキングの応援もよろしくお願いします。
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

混戦模様の第2レグがスタート(Vプレミア女子)

12月26日(日)のデンソーvs久光製薬の試合は、天皇・皇后杯の逆パターンでしたね。

東レの味わった悔しさを、今日はデンソーが味わう結果となりました。まさか、2−0から逆転されるとは。。。

どのチームにも、若くてルックスも良くて、バレーセンス抜群の溌剌とした選手がいますね。

上の試合では、デンソーの奥田恭子選手、鈴木裕子選手、久光製薬の石井優希選手ですね。あ、久光製薬には、新鍋理沙選手や岩坂名奈選手もいましたね。

なんだか楽しみな若い選手があちこちに一杯いて、チームを応援するより、そういう若い選手を応援したくなりますね。

それと、今日は出ていませんでしたが、JTの川原麻美選手も素晴らしい。今日はリベロの控え選手としてベンチ入りで、出場していませんでした。リベロ登録で驚きましたが、JTのスパイカーは層が厚すぎてスパイカーとしての出場機会がないでしょうね。スパイカーとしてのバレーセンスのありそうな選手なので、残念です。

昔、春高バレーで共栄学園を応援していて、千葉智枝美選手が物凄く可愛くて、好きだったんですが、先日JTのピンチサーバーに出ていて驚きました。大学卒業したということは、あれから4年も経ったんですね。驚きです。4年経っても相変わらずキュートですね。AKB48なんかより、千葉ちゃんのほうがずっと可愛い(笑)。

東レがパイオニアに敗れたそうで、東レがパイオニアを苦手なのは不思議です。昔は、メグカナ対決でいつも緊迫した試合ではあったのですが、今のパイオニアに勝てない東レというのはとても理解できないですね。

Vプレミアリーグ女子ですが、第2レグのスタートから、徐々に混戦模様を呈してきました。今後も目が離せません。

◆ランキングの応援もよろしくお願いします。
>>>>日本ブログ村(バレー)(過去最高1位)
>>>>人気blogグランキング(バレー)(過去最高3位)

JTのキム・ヨンギョン選手が緑色のパワーバランスをしていたのには驚きました。これって効くんですか?

posted by ヒロシ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

天皇・皇后杯女子決勝 痺れる試合

いやー、痺れる試合でしたね、天皇・皇后杯女子の決勝。

東レとデンソーのファンである私は、さてどちらを応援したものかと迷いました。

しかし、勝って当たり前の女王の東レを応援するよりも、達川監督が就任するまでの弱かったデンソーを知っているだけに、ここは、東レを育て、デンソーを立ち直らせた達川監督に優勝して欲しいという気持ちで、私はデンソーを応援しました。

最初、2セット東レが取った段階で、ああ、これは東レの3−0だな、と思った方も多かったのではないでしょうか。明らかに攻撃力の差を感じました。

しかし、デンソーの調子が徐々に上がるにつれ、これは最終セットにもつれると、勢いに乗るデンソーが有利だな、と気持ちが徐々に変わっていきました。

木村沙織の足がこむら返りになった頃には、デンソーを応援しながら、心の奥で「東レ頑張れ!」と応援していましたが、やはり、デンソーの勢いはそのまま最後まで途切れなかったですね。

表彰式での東レアローズのメンバーの表情が、無表情の中に、悔しさが凝縮されているようで、とても印象的でした。

デンソーの優勝は、今後のVプレミアリーグを面白くしましたね。東レアローズの気持ちが「きゅっ」と引き締まったと同時に、デンソーは自信を得て、伸び伸びとプレーするようになると思います。

実力では東レアローズですが、伸びしろはデンソーのほうが大きいのではないかと思っています。両チームにとって価値のある「勝ち」であり、「負け」であったように思えるのです。

そして、始まったばかりとはいえ、現在、この2チームがリーグでも1位と2位で競い合っています。今後のVプレミアリーグはこの2チームを中心に激しい戦いが繰り広げられることでしょう。

東レファンには残念ですが、デンソーの優勝で私は良かったと思います。

木村沙織選手の怪我が大きなものでなくて幸いでしたが、木村沙織選手があそこで怪我をしたというのも、デンソーに運が巡ってきたということなのでしょうか。不謹慎ですが、怪我のせいで決勝がいっそうドラマチックになりました。

迫田さおり選手を徹底的に止めた井上香織選手のブロック力も良かったですが、奥田恭子選手のサーブとしなやかなスパイクも光っていました。

元々デンソーは、引退した岡野知子選手の大ファンで、移籍した横山雅美選手も好きだったので、最近ちょっと、応援したい選手を見失っていましたが、今日も大活躍した奥田恭子選手や鈴木裕子選手のような、攻守にバランスが取れて器用な選手をどんどん応援していきたいと思いました。

本ブログでは、今後も、東レとデンソーに特に注目しながら応援をしていきますので、よろしくお願いします。m(__)m

◆ランキングの応援もよろしくお願いします。今、ブログランキング?位です。ありがとうございます。
>>>>日本ブログ村(バレー)(過去最高1位)
>>>>人気blogグランキング(バレー)(過去最高3位)
posted by ヒロシ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

今季、個人的に注目している女子バレー選手


2010/2011プレミアリーグ女子も開幕したと思ったら、あっという間に、3週6試合までが終わっていました。

東レアローズデンソーエアリービーズが、5勝1敗で並んでいます。

現在、天皇・皇后杯でお休みですが、その決勝に残ったのが、やはり、この2チームでした。

NHKBSで生中継があるようですので、見逃さないようにしましょう。

◆12月23日(木・祝) 13:00〜17:00 <生放送・延長あり> 女子決勝/男子決勝

昨季のプレミアリーグを、個人的な事情があって、ほとんど観戦できてなくて、先日テレビで、JT、東レ、久光、デンソーなどの試合を見ていて、知らない選手ばかりで驚きました。若手ですごいいい選手が沢山いるので、驚きました。
まず、JTの川原麻美選手はいい選手ですね。非常に器用だし、スパイクが早くてテクニシャンですよね。小柄で華奢なのに、スパイクがシャープで、痺れてしてしまいました。

それから久光製薬の新鍋理沙選手ですね。パワーと安定感があって、信頼できる選手だなあ、と思って惚れ惚れして見てました。

東レの宮田由佳里選手は、その美貌からルーキー時代から私も注目していて、最優秀新人賞にも選ばれたのですが、未だにプレーでの自己主張が弱い感じがします。荒くてもいいからもっとガッツあるプレーを期待したいところですね。先日は、ヤフーのトップページで顔写真入で美人バレー選手として何百万人の人に露出したので、少しは知名度も上がったと思いますが、プレーでももっとファンをひきつけられるようになってほしいと、つい厳しい目で思ってしまいます。

女性の好み的には、デンソーの奥田恭子手にもすごい魅力を感じるんですが、勿論、プレーもガッツありますよね。ミーハー的な目で見ると失礼かもしれません。

今のところ、この4人の選手が気になりますね。皆さんは、どの選手に注目していますか?

◆バレーの最新情報はこちらで。
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)



 
posted by ヒロシ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

女子バレーメダル獲得の記念すべき日


【送料無料】奇跡を起こした14戦士たち

【送料無料】奇跡を起こした14戦士たち

価格:700円(税込、送料別)


全日本女子バレー
の選手の皆さん、お疲れ様でした。そして、メダル獲得、おめでとうございます。

32年ぶりのメダル獲得ということで、今日は本当に記念すべき日となりました。

私ごとながら、実は今日は私の誕生日でした。選手の皆さんから大変嬉しい誕生日プレゼントをいただいたと喜んでいます。

実は、アメリカとは相性が悪いので、今日の試合は、3−0で完敗するのではと予想していました。

第1セット終了段階では、その予感をひしひしと感じていました。

現に、アメリカのアタックの強烈さは、とんでもないですし、全員大柄の長身にも関わらず、サーブレシーブもディグも異常にうまいですから、日本が勝てる気が全然しなかったのです。

とんでもありませんでした。今日の日本の凄い粘りは昨日のブラジル戦と変わらなかったですね。特に、後半で石田瑞穂選手が入ってから、大きく流れが変わりました。

メンバー全員のすごい集中力で、アメリカのとんでもないミスをも誘った渾身のプレーは、ほとんど神がかっていました。昨日のブラジル戦も、今日のアメリカ戦も、ほとんど奇跡のような闘いでした。

戦力、体力からすれば、とても勝てる相手ではありません。

しかし、次回もメダルが獲れるかというと、安心して獲れるとはいえません。エースの木村沙織がいたからこそ銅メダルまでなんとかたどり着けたようなものです。

木村沙織が欠場してもほぼ同じ力が出せるチームになれるよう、栗原恵狩野舞子(故障中)といった大型アタッカーが同じ位の攻撃力をつけないといけないと思います。

勿論、江畑幸子迫田さおりといった若い選手がもっと成長することも重要です。チャンスボールを確実に得点に結びつけるアメリカやブラジルのような攻撃力を身につければ、サーブやディグの上手い全日本バレーが世界で抜き出ることは十分可能です。

世界の高さには日本のバレーはとても適わないと思って半分諦めていましたが、今日のメダル獲得で、世界のトップチームと対等に戦える位置にまでついに来たんだな、というのが実感です。

最後にもう一度、選手の皆さん、素晴らしい感動をありがとう!!

◆バレーの最新情報はこちらで。
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)

posted by ヒロシ at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。