2013年08月31日

女子バレー中国戦の誤審だらけの主審は韓国人

本日の中国戦ですが、素晴らしい名勝負でしたが、主審の誤審オンパレードで、少し嫌な気持ちが残りましたね。

普通あり得ないと思えるような誤審が3回以上、重要なタイミングでありました。

東洋人だったので、まさか韓国人ではないだろうな、と疑心暗鬼でしたが、やはり韓国人でした。

※twitterで教えていただいた情報では、韓国のKANG Joo-Heeという人です(出所:FIVBの帳票)とのこと。
kankoku.jpg

スポーツの世界で、そんな公正を欠くことはあり得ない、と考えるのが、誇り高き日本人ですが、韓国人は、そんな嫌がらせは普通にやってきます。

先日も、国際連合の韓国人事務局長が、日本の歴史認識云々で日本を名指し批判しましたが、中立的な立場など、元々もてないお国柄なのです。

韓国の反日教育は徹底していて、韓国には日本人を悪魔のように思っている人たちが大勢います。また、日本を褒めたり感謝したりすると、村八分や反日罪で逮捕されたりします。

歴史をねつ造して、慰安婦像をアメリカの公園や、日本大使館前に設置するような恥知らずな人たちが多くいます。

本記事で、韓国への憎悪を煽るのが意図ではありませんが、そういう国民性ですから、日本が絡む重要な試合の審判などに、とくに、主審などに、韓国人を置かないほうが賢明なのです。

韓国人主審を日本側が拒否すれば、それはそれで、差別だとか騒ぎ立てるような人たちですから、拒否するのは難しいとは思いますが、今日の審判行為によって、スポーツにおいて、韓国に中立や公正を期待するのは間違いだということを知っておいてほしいのです。

以前女子バレーの韓国大会で、君が代の曲が途中で切られるという事件があり、You tubeでも見ることができます。単なる事故だと思うのが善良な日本人です。そんな子供じみたことを平気でやるのが韓国です。

野球、サッカー、バレーといった人気スポーツに、反日思想を持ち込む韓国は、本当に哀れで悲しい国です。

とはいえ、中国も日本も素晴らしい試合を見せてくれました。
両国の選手の皆さん、稀に見る感動的な試合を本当にありがとう。
不公平な審判でしたが、中国側とは関係ないでしょう。

日本を貶めることが国是となっている韓国ですから、審判員の方もきっと立派な愛国者なのでしょうね。
テロリストが英雄になるようなお国柄ですから、致し方ありません。

日本チームの力の向上と充実には目を見張るものがあります。

明日のアメリカ戦も素晴らしい試合を期待しています。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合後、川合俊一氏は、「今日の日本は素晴らしい試合をしたのだが、あれだけ主審の誤審があるとさすがに勝てない。くそー」と言ったとか。

川合氏も、愚痴ってないで、日本バレーボール強化事業部副本部長の立場なら、主審本人に、正式に抗議して、どういうつもりか釈明させろと言いたい。

これ以上、スポーツに政治を持ち込むな。韓国。
Posted by 韓国はスポーツ界の癌 at 2013年09月01日 16:29
世界バレーアジア予選も、いきなり韓国審判じゃねえか。。。懲りないなあ。。。

日本人は善人ぶるから舐められるんだよ。バレ協が弱気すぎる。

それにしても、韓国女子バレーはどこ行ったんだ??
Posted by 韓国追放 at 2013年09月04日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。