2013年08月10日

新生眞鍋ジャパン 強豪ドイツに逆転勝ち

ワールドグランプリ予選ポーランド大会ですが、トルコ大会がイマイチ自分の中で盛り上がらなかったので、初戦のドイツ戦には期待していました。

おっとー、解説が大山加奈ちゃん、珍しい。。。初めてではないですよね??

まあまあの及第点だったと思います。もっと積極的にしゃべってもよかったかなあ??

最近、サオリンは本調子じゃないのかなあ??という印象をトルコ大会以来ずっと感じています。

サオリンがいない全日本のコートというものが想像できなかったのですが、今日の苦しい試合で、サオリン抜きはある意味衝撃的でしたね。
さらに、迫田も江畑もいない不思議さ。

石井優希、長岡望悠、新鍋理沙・・・なんと、久光製薬の強力アタッカーが勢揃い。こんなメンバーがいれば、次季Vプレミアも久光優勝の可能性大ですね。おまけに、本日大活躍の座安琴希も久光でした。(東レアローズ危うし!)

セッターとしては、真鍋監督は若い宮下遥を重用したいところでしょうが、まだまだ経験不十分ですかね?? リーダーシップもあるベテランの橋下直子が、良いお手本になって、もっともっと成長してほしいですね。なんせ、久々のブロックもできる176cmの長身セッターですからね。(ところで、東レの名セッターでロンドンでも活躍した、中道瞳は今回呼ばれていないんですね。なんで?)

とにもかくにも、ブロックの高いドイツに対し、3―2(18―25、20―25、25―20、25―22、15―12)の逆転勝ちは素晴らしかったですね。

センター攻撃も随所に見られ、上記3人のアタックも要所要所で決めてくれたので、苦しい試合だったけれどもかなり安心して観ていられました。

天才セッター竹下が抜けて、トスから1秒以内の超速アタックという目標は、今ではどうなったのだろうか、とふと思い出しました。

3人のアタックは結構素早いですが、江畑幸子、木村沙織、迫田さおりが入ってくるとさらに強力でスピーディーな攻撃陣になることでしょう。

バックアタックをもっと攻撃に絡めて欲しいですね。そこは、若い3人よりも、古参の3人に期待したいところです。

予選はこのまま全勝で抜けてほしいですが、8月17日のアメリカ戦でどれだけ健闘できるか、ですね。決勝の札幌大会では、この新生真鍋ジャパンで、3位以内には入ってほしいところです。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。