2007年01月15日

1/15 東レ、NECに辛勝 3勝2敗に

NHKBS2で、東レアローズVSNECレッドロケッツの試合を見た。
気になるのは、やはり、大山未希のトスワーク。次に、高田ありさ・内山みなみのV初映像。
 
さて、大山未希のトスは、丁寧にひとつひとつあげているんだが、スピード感がないので、相手のブロック陣に読まれやすいようだ。教科書どおりのトスワークで、大きなミスはしていないのだが・・・前半はNECのブロックの嵐で大量失点した。
 
それと、大駒荒木が死んでいる。将棋で言うなら、木村が飛車なら、荒木は角。木村は活かせているが、荒木が死んでいる。 速さが命のセンターだが、荒木を活かすトスが上がらないので、今日の試合中に荒木の存在感があまり感じられなかった。
 
公式データを見ても、荒木は今日5点しかあげていない。北京オリンピックを担う全日本チームのあの荒木が、である。
 
そんな中、2年目高田ありさの活躍が目立った。試合中の動きもよく、右に左によく動いている。私からMVPをあげてもいいくらいだ。アタックでは荒木の2倍以上の11点をあげている。ブロックも3点だ。西脇・高田のローテーションで、半レギュラーは間違いない。
 
OJT(オンザジョブトレーニング)のような大山未希の起用ではあるが、アタッカーの、木村、向井、佐藤などの活躍が大山をカバーして余りある。
 
中道に交代すると、なんとなくホッとするのだが、一人一人の個人技でも潜在能力が高い選手ばかりなので、それほど巧妙なトスワークでなくても、これからも勝ち進んでいくような気がした。最強セッター竹下率いるJTが優勝するとは限らないように、不慣れなセッターの大山でも他の5人が最高の働きをすることで優勝することは十分可能なのだ。
 
今日のような乱戦模様の中でも、粘り強くボールを拾いながら、反撃するパターンは、これまでの東レの「粘りの伝統」を感じた。
 
お互いミスの多い試合だったが、最後の最後まで緊張感が切れないいい試合だった。東レが打ち勝ったと表現するより、たまたま東レが勝ったと言うような試合ではあったが。
NECにも最後まで勝機があったが、負け癖が付いたのか、もう一ふん張りがNECにはなかった。勝ちへの執念の差が紙一重の勝敗に決着をつけたのだと思う。
最終セットの木村沙織は、スパイクを決めても、顔はこわばっていた。

「ほんとにすごいほっとしています」が木村のインタビュー第一声。
 
最終セットを見直したが、もう一回見てもハラハラする展開だった。荒木もいいところでブロックとスパイクを決めている。木村の顔が引きつって見える。11−11のときに、西脇がリーカをブロックした時点で勝負あったかな?
しかし、、マッチポイントでの高田のサーブミスで、ドキッとした。最後は佐藤のアタックで15−13で辛勝した。
私の感想を一言で言うと、
 
東レの若さの総合力は、侮れないぞ〜。
 
 NECについては、仁木、杉山、リーカ、有田という経験値も技術レベルも高い選手が揃っているだけに、5連敗とはいえ、このまま終わるようなチームではない。仁木の19得点、リーカの15得点は、すごい攻撃力だと思う。これに、杉山、有田、松崎の攻撃力を考えると、本来なら決して5連敗もするようなチームではないだろう。 どこか歯車が狂っているんだろう。
 

東レはこの調子で、ガンガンいきそうな予感がする。
 
次は、シーガルズと久光スプリングスだ。 ゴーゴー東レ!!


posted by ヒロシ at 05:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出だし2連敗、どうなることかと思いましたが、木村をサイドに使ったことで立ち直りました。
ミキのセッターについては、いまのところ勉強することが多すぎてトスアップで精一杯のようです。
そのために、荒木を生かし切れずブロックされることも多くなっていますが、慣れてくればトスも速くなり
期待のブロックもでるようになると思います。
中道は安定感はありますが、前では全日本セッターと同じで勝負になりません。
加奈の復帰は遅れるようですが、佐藤が使える見込みがたち、さらに特筆すべきは高田です。
2年目でここまでやれるとは正直思いませんでした。さらに若い選手たちにしては、レシーブに
粘りがあり耐えるべきところは耐えています。
このチームが熟成されたときが楽しみですが、そのためにも怪我や故障については気をつけてもらいたいと願います。
Posted by 東サポ at 2007年01月17日 00:06
東サポさん、コメントありがとうございます。

誰からもコメントがないので、的外れなこと書いているのかと不安でした。

中道選手は、ブロックできないからですね。残念だなあ、レシーブもうまいのに・・・

高田選手は元気のいい、明るい選手ですね。
春高の決勝の録画をたまに見ますが、バレーセンスもありますね。

今期、東レで一番気になる選手です。
Posted by ひろやん@女子バレー応援 at 2007年01月17日 05:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。