2012年08月08日

女子バレー 準決勝進出おめでとう。次はブラジル戦。。。

センター戦の力が相変わらず弱いものの、サイドアタッカーの江畑幸子、木村沙織の活躍で、5連敗中の強敵中国に見事勝利。準決勝進出を決めました。

2−2に追いつかれたとき、最終セットは勝てないと思っていました。常に中国を追いかける展開だったからです。いつもの負けパターンだな。。。と自分は内心諦めかけていましたが、選手たちは、最後の最後まで諦めていなかったようですね。

なにしろ、江畑と木村が決めて決めて、二人とも33得点。両アタッカーに66点も決められては、さすがの中国もいつもどおりには行かなかったでしょう。

負けたときの中国の落胆度合いにも驚きました。キャプテンのセッターなど、泣き崩れて、動けない状態でしたものね。日本相手なら絶対勝てると思っていたのかもしれません。

一進一退の本当に素晴らしいゲームでした。ここまでくると、後は精神力だけなのかもしれません。

準決勝の相手は、ブラジルに決まりましたね。ロシアには最近ほとんど0−3で負けていますが、ブラジルには勝ってもいますし、以前ほどの強さはないので、ひょっとしたら、ブラジルを撃破し、銀メダル以上を決めるかも。

もし決勝で対アメリカとなれば、女子サッカーのなでしこと同じパターン。女子サッカーと女子バレーで、両方とも金。。。。なんて、夢は膨らむばかり。。。

荒木などのセンター陣の活躍は、攻撃ではあまり期待できませんが、ブロックでもっと頑張ってもらうとして、木村、江畑は先発固定で、センター陣が後ろに回ったときに迫田に替えて、バックアタックで攻撃に変化をつければ、ブラジルやアメリカにも勝てるチャンスはあるのではないでしょうか。

コンビバレーがあれば、鬼に金棒ですが、まあ、いつも期待を外されていますので、期待しないことにします。

ブラジルに勝てば、金に届かなくても、勝利の美酒に浸ってもいいでしょう。今の全日本女子なら銀メダルでも十分です。

どうか準決勝でブラジルに勝利できますように。。。

できれば3−2のフルセットでブラジルに勝利し、実況アナウンサーの森昭一郎さんに、久しぶりに号泣してもらいたいですね。笑。

予選ラウンドで森さんの実況のときがありましたが、バレーへの薀蓄の深さと心底の愛情をひしひしと感じました。
(実況に熱が入りすぎて、若干五月蝿い感もありましたが・・・)



最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。