2012年06月24日

女子バレーワールドグランプリ 予選リーグ敗退

ワールドグランプリだから、負けてもいいや、って感じでしょうか?

エースの木村沙織温存で、最終戦だけ、オリンピックを意識したシミュレーションゲームみたいな。。。

それにしても、成績が悪すぎた。せめて勝ち越して欲しかった。

◆ワールドグランプリ2012 予選リーグ 結果
1位  米国 24点  8勝  0敗
2位  中国 23点  8勝  0敗
3位  トルコ 21点  7勝  1敗
4位  タイ 20点  7勝  1敗
5位 ブラジル 16点  7勝  1敗
6位  キューバ 16点  5勝  3敗
 
7位  ドイツ 15点  5勝  3敗 
8位  ポーランド 15点  5勝  3敗
9位  イタリア 11点  3勝  5敗
10位  日本 10点  3勝  5敗

勝ち点制のため、7章1敗のブラジルと、5勝3敗のキューバが同じ16点というのは、不思議な感じがしますが、日本は、堂々の負け越し、18チーム中10位ですから、ロンドンで本当にメダルを狙えるのでしょうか????

最終戦の韓国は、本気で戦い3−0で完勝しましたが、圧勝ではなかったですね。韓国はエース、キム・ヨンギョンを出さなかったのに。韓国は、若くて長身・大柄な選手が充実してきましたね。

さて、明日はいよいよ、ロンドンオリンピック出場選手の決定。

江畑幸子が、肩の故障で落ちるのでしょうか。非常に残念です。ボーダーラインの栗原恵、新鍋理沙、岩坂名奈、座安琴希、平井香菜子らは、どうなるのでしょうか。

最終戦に出場していた、大友、井上、石田、山口はほぼ決まりなんでしょうかね。山口舞は、今日、やはり外せないなあ、という感じはしましたが。

最終予選の出場選手は、100万円貰っていますが、栗原恵と座安琴希は100万円貰っていないしね。笑。

選ばれない選手のことを考えると可哀想すぎます。

勝負の世界とはいえ、チーム内で戦わなければならないとは、なんと因果なスポーツでしょう。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)


今一番売れている身長サプリメントはコレ
   >>> キャットウォーク【成長ホルモンの刺激により「脚」から伸ばす】
posted by ヒロシ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277089091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。