2012年06月22日

女子バレー 誰がロンドンに選ばれるのか!?(予想)

木村沙織、江畑幸子の両エースが出ないと、日本はこんなに弱いんですかねえ。

なんだか試合の雰囲気が暗いですよねえ。得点を決めても、満面の笑顔がないですよね。

オリンピック出場選手選抜のための大会、みたいになっているので、各選手の緊張感が強いのでしょうか??

ドイツ戦1−3で負けましたが、迫田さおり以外は、正直不甲斐なさを感じました。

山口舞、石田瑞穂も、ともに、早い攻撃に対応できる選手ですが、今日の試合で、サーブレシーブ力に難ありの感じがしました。木村沙織もサーブで狙われてミスることがよくありますが、連続することは少ないです。今日は、二人の連続的なレシーブミスで、ドイツに流れを持っていかれましたからね。

ワールドグランプリの予選ラウンドは、残り2戦、トルコと韓国ですが、決勝ラウンドには進めないでしょうね。

注目は25日のオリンピック出場選手の発表でしょう。

「当確」選手は、
木村沙織、江畑幸子、迫田さおり、竹下佳江、中道瞳、佐野優子の6人くらいでしょうか。
※江畑選手は、肩の故障のため、出場可否は不明です。

残り6人は、以下より選出されることになるが、難しい決断となるでしょうね。眞鍋監督の眠れぬ夜が続く?(笑)
センター陣
 荒木絵里香、大友愛、平井香菜子、井上香織、岩坂名奈
アタッカー陣
 狩野舞子、栗原恵、石田瑞穂、山口舞、新鍋理沙
リベロ
 座安琴希

私の予想(一部願望もありますが)では、
センター陣
 荒木絵里香、大友愛、平井香菜子、井上香織
アタッカー陣
 木村沙織、江畑幸子、迫田さおり、狩野舞子、新鍋理沙 ※肩の故障の程度によっては、江畑幸子の代わりに栗原恵。
セッター
 竹下佳江、中道瞳
リベロ
 佐野優子

石田瑞穂、山口舞の2人は、ボーダーライン上にあるが、速さのバレーには必要なので、選出の可能性は残る。
豊富なセンター陣の中で、岩坂名奈の選出は難しいと思うが、ピンチサーバー、ピンチブロッカーとしての期待値はあるので、選出の可能性がないわけではない。
栗原恵については、アテネ、北京のエースであった選手であり、その経験値は大きい。栗原恵が選出される可能性もけっして小さくはない。
成長著しい座安琴希であるが、リベロ枠を2人にしない限り、佐野優子以上の評価を得るのは難しいと思う。

今一番売れている身長サプリメントはコレ
>>> キャットウォーク【成長ホルモンの刺激により「脚」から伸ばす】

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。