2012年05月31日

女子バレー 12人に報奨金100万円

女子バレーの世界最終予選でオリンピック出場権を勝ち取った全日本女子チーム12名に、日本バレーボール協会が各人100万円の報奨金を支払ったというニュースが出ていましたね。

フジとTBSからバレ協に支払われる放映権料は恐らく億単位でしょうから、これしきの報奨金は安いものでしょうけどね。眞鍋監督への報奨金は公表されていませんね。会場で応援していた5名の選手は、一銭ももらえないのでしょうかね。

監督は、「17名で戦った」ことをいつも強調されていましたよね、でしたら、彼女らにも報奨金を出して上げて欲しいですけどね。

オリンピックで銅メダルを獲っても100万円ですから、あの成績(ギリチョンの4位)で100万円は高すぎるという批判もあるでしょうけど、テレビに出る芸能人のギャラに比べたら、安いものです。

応援席の5人も、テレビ視聴率的にはかなり貢献していますから、足代10万円でもいいので差し上げて欲しいところです。

最終日試合後の各局への出演料は、バレ協ががっぽり頂いているんでしょうね。

よくわかりませんが、100万円ボーナス出したよ、と世間に公表することに何か意味があるのでしょうか。稼ぎすぎたバレ協が良心を痛めて、罪滅ぼしでもしたかったのでしょうか。(冗談)

いずれにせよ、野球やゴルフと違って、バレーボールではお金が稼げないことに変わりはありませんので、人生かけて頑張っている彼女達にどんどん奮発してあげてください。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。