2012年05月27日

女子バレー 最強ロシアに善戦!?

0−3のストレート負けで善戦とは、言い過ぎかもしれないが、完敗という印象ではなかった。韓国戦のほうが完敗の印象だった。

ロシア戦は、日本らしさが随所に出ていて、化け物チーム(何が何でも、2mが二人もいてはちょっと・・・)相手によく戦った、と褒めたいところ。

ロシアの超高層ブロックには何度も引っかかったが、木村も江畑も、クロスや脚の長いアタックで器用に得点していたし、迫田のバックアタックもキューバ戦ほどではないにしろ、スピード感は抜群だった。

課題のセンター線だが、第1セットの平井の攻めは良かった。全セットで同じ攻撃ができていれば合格点だった。荒木といえば、キューバ戦よりましだが、まだまだだ。竹下からトスが上がらないのだから、無駄にジャンプするしかない。相手チームも、荒木がジャンプだけで打ってこないことを知っているのか、ブロックに跳ばないことも多いので、レフト攻撃のサポートになっていないのが哀しい。

コンビバレー、オープン攻撃、バックアタック、この3つが複合してこそ多角的・立体的な速い攻撃の日本バレーが構築できるはず。そこに、攻撃的なサーブと落とさないディグが加われば、ロシアでもアメリカでも勝利できるのではないか。

センター線の強化が課題と分かっていながら、なぜ、眞鍋監督やコーチ陣は放置するのか??

多分、放置はしていないのだろう。何かの事情があるのだろうが、私には分からない。

最終のセルビア戦は、すっきり勝って、3位以内通過を果たして欲しい。4位での通過はちと恥ずかしい。

万一4位通過なら、6月のワールドグランプリで優勝して汚名挽回してもらわないと、ロンドンにはとても期待できないだろう。

最新バレー情報は、>>>>人気blogグランキング(バレー)
             >>>>日本ブログ村(バレー)



<最終日・追記>
タイがキューバに勝ったので、ロシア・韓国がオリンピック出場確定で、タイとセルビアが並んで3位4位で、日本が5位。
したがって、日本がセルビアに3−0か3−1で負けると、韓国とタイが出場権を獲得して、日本はオリンピックに出れないことになる。

予選通過は楽勝と思っていたが、大変なことになってしまった。
最悪、セルビアに負けて、全選手がコート上で泣き崩れるシーンとか・・・・・いやはや、恐ろしいことです。
posted by ヒロシ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271992043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。