2013年07月08日

全日本女子バレージュニアが世界大会で準優勝の快挙!

チェコのブルノで2013年6月21日(金)〜6月30日(日)まで開催されていた「第17回世界ジュニア女子選手権大会(U-20)」で、な、なんと、日本が準優勝という快挙を成し遂げました!!監督は、現東レアローズ女子監督の福田康弘氏。

これって、ビッグニュースになっていないのが不思議ですが、すごいことですよね。
ちなみに優勝は中国で、3位以下は、3位 ブラジル 4位 イタリア 5位 トルコ。

今後の世界の女子バレー勢力図もこうなるのではないか、つまり、この子たちが、順当に全日本女子チームにスライドしていけば、金を狙える可能性が高いということ!ですよね。希望的観測というやつでしょうけど。。。。

高校生や大学生が中心ですが、Vリーグ所属のメンバーを挙げると、
  ◆東レアローズ 野村明日香 伊藤望

  ◆デンソー 堀江彩

  ◆日立リヴァーレ 細川絢加

特に注目を浴びたのは、5シーズンぶりにプレミアリーグに返り咲いた日立リヴァーレの細川絢加選手(盛岡誠桜高出身)で、「正セッターとして予選から全試合に出場し、多彩なトスやブロック、サーブなど、随所で好プレーを見せた」とメディアから高く評価されています。

東レの二人とともに、細川絢加選手には、来季プレミアリーグでの活躍を期待したいですね!


【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法
posted by ヒロシ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。