2011年10月30日

女子バレーワールドカップ2011 フジ放送日程

女子バレーワールドカップ2011がもうすぐ始りますね。

8月のワールドグランプリでは、予選ラウンドの一部試合のみの放送で、テンション下がりっぱなしでしたが、今度はフジテレビ独占なので、全試合の放送をゴールデンでやってくれることを期待しています。

ワールドグランプリは結局、5位という残念な結果でしたが、ワールドカップはオリンピック、世界選手権に並ぶ格上の大会ですから、是非、3位以内を獲って欲しいですね。(世界ランキングでも日本は3位なのですから。。。)

3位以内はオリンピックの出場権も獲得できると言うことですから、金メダルはオリンピックの楽しみに残してもらって、本ワールドカップでは、銀か銅を期待したいですね。

出場国にロシアが入っていませんね。ブラジル、アメリカ、セルビア、中国といったところが強敵といえそうです。

ブラジル以外は、全日本の調子さえ良ければ、勝てない相手ではないように思えますが、全日本の調子はどうでしょうか。

センターの山本愛選手が出場できないのは痛いですね。山本の抜けた穴を、荒木は当然として、岩坂、石川、そして、森選手らに期待したいですね。

久しぶりに戻ってきた栗原恵選手にも期待したいですね。木村、迫田、栗原、狩野らのバックアタックも打てる、強力なアタッカーで変化のある攻撃が出来れば、強豪国相手でも、十分拮抗した試合が出来るのではないでしょうか。

こうしたアタッカーが活きるためにも、センターの活躍が期待されるところです。

見所十分なワールドカップ2011、サッカーのなでしこに続いて、メダル獲得を多いに期待したいところです。

開幕は、11月4日のイタリア戦ですが、絶対に落とせない試合ですね。

◆開催日・放送日
  女子2011年11月4日(金)〜11月18日(金)
  (※男子はこの後、2011年11月20日(日)〜)

◆試合日程 (★個人的に絶対に見逃したくない試合)
11月4日(金)  日本×イタリア★       
11月5日(土)  日本×アルゼンチン     
11月6日(日)  日本×中国★
          
11月8日(火)  日本×アルジェリア
11月9日(水)  日本×ドミニカ共和国

11月11日(金)  日本×セルビア★
11月12日(土)  日本×韓国
11月13日(日)  日本×ブラジル★

11月16日(水)  日本×ケニア
11月17日(木)  日本×ドイツ
11月18日(金)  日本×アメリカ★


フジテレビでは、19時〜20時54分のゴールデンに、全日本女子の全11試合を放送(最大延長55分)するそうです。
やはり、女子バレーはフジテレビですね!!

応援がジャニーズでもなんでもいいです(AKBのほうがよかったけど、笑)。

久しぶりに、フジ特有のニックネームコールが聞けますかね。日本の元気印〜、とかフライングアーティスト〜とかいう。

私の注目の選手は、やはり、栗原恵、狩野舞子、山口舞選手ですかね。チームにも勝って欲しいですが、やはり好きな選手が活躍できると、嬉しいですよね。

この本は、大会が始ると売り切れる可能性大です。



最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

11月4日〜女子バレーワールドカップが楽しみ

8月のワールドグランプリが、残念な結果で、少しバレー熱が冷めてしまっていました。

気持ちを切り替えて、11月4日から始る女子バレーワールドカップに向けて、盛り上がっていきたいと思います。

こんな写真集を今日、書店で購入しました。女子バレーワールドカップが始れば、すぐに品切れになると思います。


3人のエースのすべて」というタイトルですが、多くのフォトショットとともに紹介されているのは、木村沙織選手、狩野舞子選手、そして、栗原恵選手の3人、スタイルもルックスも抜群の3人です。

現エースは木村沙織ですが。膝治療中の元エース栗原恵、そして、ロンドンでのエース候補の狩野舞子の3人がフィーチャーされていて、女子バレーファンなら必読のフォトブックになっています。

9月30日にも、朝日新聞で、バレーボールワールドカップが特集されていて。「なでしこジャパンに続け、火の鳥日本」と、エールが送られていました。

ワールドカップ優勝ともなれば、メグカナ以降、またまた女子バレーブームで日本中が沸き立つことでしょう。

朝日の特集では、木村沙織迫田さおり狩野舞子の3人がフィーチャーされていましたね。

前衛3人とバックアタックの合計4人で、スピードのある攻撃を仕掛けていくことが、ロンドンへ向けての躍進の鍵となることが、吉原知子さんのコメントにありました。欧米の高いブロックシステムを狂わすには、確かにそれしかないですね。

眞鍋監督は、0コンマ1秒でも速い攻撃と、全員リベロになって拾いまくるという守備の徹底を重要ポイントとして挙げていました。

なお、2011バレーボールワールドカップは、TBSではなく、フジテレビの独占中継ですので、ゴールデンでの放送が期待できそうです。

最新バレー情報は、
>>>>人気blogグランキング(バレー)
>>>>日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。