2011年02月22日

長いトンネルを抜けたデンソーエアリービーズ

2月20日、第4レグの第一試合で、デンソーが6連敗を免れました。やれやれ。

第4レグを心機一転、連勝街道でベスト4に滑り込んでほしいです。

対パイオニアの勝利の瞬間、桜井由香選手の目に涙のようなものが光りましたね。長い長いトンネルを抜けたという感覚でしょうか。

セッター熊谷桜子も、ヒーローインタビューで嬉しそうでした。

天皇杯優勝後に、デンソーが弱くなった理由は、今もよく分かりませんが、エベ選手の左手が痛々しかったことから、エベ選手が万全でなかったことも一因かもしれません。

やはり、サーブレシーブ返球率の低さがあって、デンソーらしいコンビバレーができず、井上、矢野を活かしきれない⇒エベに頼る⇒ブロックされる、というようなパターンもひとつにあったのではないでしょうか。天皇杯優勝の疲れ、優勝してほっとした緩みなどもあったかもしれません。戦力的には、けっして低いチームではないので、20日までの1セットも取れない5連敗は普通なら考えられません。

4強には、JTと東レが確定として、残り2つを久光(14頌8敗)、NEC(12勝10敗)、デンソー(10勝12敗)で争う形でしょうか。

デンソーはもう負けられないですね。デンソーの連勝街道と、久光かNECの不調がない限り、デンソーのベスト4進出はかなり狭き門かもしれません。

3月5日・6日の大阪大会には足を運んで、デンソーを応援したいと思っています。

女子バレーの最新情報はこちらで。
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

デンソーエアリービーズの「弱さの訳」は?

東レアローズとの死闘の末に掴んだ日本一の座。「天皇杯・皇后杯王者」のデンソーエアリービーズ、あの強さは一体どこへいったんでしょうか??

Vプレミアリーグも、ベスト4は、東レ、デンソーと後2チームはどこだろうか?などと予想を立てていたものですが、今や、デンソーはベスト4残留が難しい状況にあります。最近の4試合は、全部負け、しかも最近の3試合はストレート負けなんですね。

11/02/13(日) デンソー 0-3 NEC
11/02/12(土) デンソー 0-3 JT 
11/02/06(日) デンソー 0-3 トヨタ車体 
11/02/05(土) デンソー2-3 パイオニア

スピードがあってブロックも上手い、センターの井上香織選手、矢野美子選手がいて、エベ選手という大型レフトがいて、元気のいい奥田恭子選手や鈴木裕子選手がいて、控えにベテランの細田絵理選手もいるのに、なぜ勝てない!!セッター熊谷桜子選手のボール采配に問題があるのか!?

19日、20日はテレビ中継があるので、そこんとこよく観てみたいです。デンソーエアリービーズの「弱さの訳」を。19日はGAORAで契約していないから、観れないかもしれません(たまに、サービスで観れることもあり)が、20日のNHKBSはしっかりみようと思います。

◆2月19日(土)GAORA
  東レアローズ(女子) - デンソーエアリービーズ
  NECレッドロケッツ - パイオニアレッドウィングス
◆2月20日(日)NHKBS
  東レアローズ(女子) - NECレッドロケッツ
  デンソーエアリービーズ - パイオニアレッドウィングス


ランキングの応援もよろしくお願いします。
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

チーム力が拮抗する混戦模様のVプレミアリーグ

2月6日のNHKBSの2試合は、レベルが高かったですね。

東レーNECJT−久光の2試合。4強の組合せ、というと、あれ!デンソーは??となりますが、デンソーは天皇・皇后杯で優勝してから急に弱くなりましたね。達成してしまった感があると、集中力が落ちるんでしょうか。

センターの井上選手、矢野選手が十分活かせていないような気がしますね。エベ選手という大型レフトがいるんだから、コンビが活きれば、エベ選手のレフト攻撃やバックアタック、活きのいい奥田選手や鈴木選手の波状攻撃でもっと強くなるはず。デンソーに終盤はもっと頑張ってもらって、4強に残ってもらいたいものです。(一応、デンソーファンを標榜していますので。。。汗。)

6日の東レーNECとJT−久光の4チームは、かなりレベルが高いし、実力も拮抗していますね。そして、若い選手の活躍が顕著です。

もうどのチームが勝とうが、どうでもいいという気になってしまいます。若手の素晴らしい選手のプレーに、惚れ惚れと見入っているだけですね。

特にNECのW松浦(寛子・麻琴)選手は素晴らしいですね。全日本でも早く活躍して欲しい選手です。久光の岩坂名奈選手と新鍋理沙選手も素晴らしい選手です。

NEC・松浦寛選手や久光・岩坂名奈選手のように巨体な選手というのは、往々にして動きが遅いものですが、二人は、攻撃でもレシーブでも動きが機敏なのには驚きます。(二人ともルックスが超可愛いですしね。)

東レは、前回のテレビ放送に続いてNECにフルセットで敗れましたね。NECは東レは苦手なチームだとは思いますが、木村・迫田選手という強力なレフトがいながら負けるのは、センターの得点力が低いからではないでしょうか。荒木絵里香選手には、今の倍の得点力を持って欲しいですね。アタック成功率よりも、アタック数と特点をもっと上げて欲しいです。また、木村・迫田選手の成功率が20%〜30%というのは、全日本の危機でもあるんです。マークされ研究されているのもあるのでしょうけど、全日本のエース級はアタック成功率40%以上は維持しないとダメですよね。

東レの4連覇は茨の道だと思います。NEC、JT、久光、デンソー、東レのどこが優勝してもおかしくないのではないでしょうか。このような混戦模様というのは近年まれに見る状況ですが、どのチームも、有能な若手選手の台頭で、バレーのレベルが上がっているからではないでしょうか。若手なのに器用というか巧みな選手が多いですよね。

好き勝手書きました。シロート意見ですので笑ってやってください。

◆ランキングの応援もよろしくお願いします。
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。