2010年11月14日

女子バレーメダル獲得の記念すべき日


【送料無料】奇跡を起こした14戦士たち

【送料無料】奇跡を起こした14戦士たち

価格:700円(税込、送料別)


全日本女子バレー
の選手の皆さん、お疲れ様でした。そして、メダル獲得、おめでとうございます。

32年ぶりのメダル獲得ということで、今日は本当に記念すべき日となりました。

私ごとながら、実は今日は私の誕生日でした。選手の皆さんから大変嬉しい誕生日プレゼントをいただいたと喜んでいます。

実は、アメリカとは相性が悪いので、今日の試合は、3−0で完敗するのではと予想していました。

第1セット終了段階では、その予感をひしひしと感じていました。

現に、アメリカのアタックの強烈さは、とんでもないですし、全員大柄の長身にも関わらず、サーブレシーブもディグも異常にうまいですから、日本が勝てる気が全然しなかったのです。

とんでもありませんでした。今日の日本の凄い粘りは昨日のブラジル戦と変わらなかったですね。特に、後半で石田瑞穂選手が入ってから、大きく流れが変わりました。

メンバー全員のすごい集中力で、アメリカのとんでもないミスをも誘った渾身のプレーは、ほとんど神がかっていました。昨日のブラジル戦も、今日のアメリカ戦も、ほとんど奇跡のような闘いでした。

戦力、体力からすれば、とても勝てる相手ではありません。

しかし、次回もメダルが獲れるかというと、安心して獲れるとはいえません。エースの木村沙織がいたからこそ銅メダルまでなんとかたどり着けたようなものです。

木村沙織が欠場してもほぼ同じ力が出せるチームになれるよう、栗原恵狩野舞子(故障中)といった大型アタッカーが同じ位の攻撃力をつけないといけないと思います。

勿論、江畑幸子迫田さおりといった若い選手がもっと成長することも重要です。チャンスボールを確実に得点に結びつけるアメリカやブラジルのような攻撃力を身につければ、サーブやディグの上手い全日本バレーが世界で抜き出ることは十分可能です。

世界の高さには日本のバレーはとても適わないと思って半分諦めていましたが、今日のメダル獲得で、世界のトップチームと対等に戦える位置にまでついに来たんだな、というのが実感です。

最後にもう一度、選手の皆さん、素晴らしい感動をありがとう!!

◆バレーの最新情報はこちらで。
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)

posted by ヒロシ at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

木村沙織選手の妹がアジア競技大会に出場

世界バレーでのメダルが決定するかもしれない本日11月13日(土)、強敵ブラジルに勝てば銀以上確定、もし負ければ明日の3位決定戦で銅メダルを競うわけです。

ブラジルには今年の夏のワールドグランプリ2010で見事、奇跡の大勝利を収めているわけですが、そのときのスコアはこの通り。

8/25水  日本 3-2 ブラジル
13-25  25-23  18-25  25-22  15-13

歴史に残る大逆転勝利なわけですが、この貴重なゲームをフジテレビが真夜中に放送したため、全く世の中の記憶に残らず、「幻の大勝利」となってしまっています。

このようにブラジルに勝利する実力は日本にはあるわけですが、バレーは流れですから、一気に0−3で完敗する可能性もあります。あと数時間後には結果が出てしまっていますが、もし、完敗であっても、日本とブラジルの差は紙一重だということを知っておいてください。

さて、世界バレーで盛り上がっていますが、4年に一度、オリンピックの中間年に開催される第16回アジア競技大会が、中国・広州で開催されることをご存知でしょうか。

バレーボール競技は、男子が11月13日(土)〜26日(金)、女子は11月18日(木)〜27日(土)に開催されます。


第16回アジア競技大会開催概要
<女子:11チーム>
A組/中国(開催国)、タイ(前回大会4位)、韓国(前回大会5位)、タジキスタン、モンゴル
B組/日本(前回大会2位)、チャイニーズタイペイ(前回大会3位)、カザフスタン(前回大会6位)、インド、モルディブ、北朝鮮

各組ごとの一回戦総当りのリーグ戦を行い、各組上位4チームが準々決勝(クォーターファイナルラウンド)に進出し、その後はトーナメント方式で優勝を争います。

◆アジア大会の出場選手<女子>
森万里子、峯村沙紀、木村美里(以上、東レ)
西山由樹(JT)
大村祥子、泉岡未来(以上、デンソー)

野本梨佳(久光製薬)
吉田みなみ(岡山)
小菅真弓(元・岡山)

沼田さくら(パイオニア)
横山雅美(日立)
白田博子(上尾)
【監督】谷口幸雄(トヨタ車体)

アジア競技大会は、JOC(日本オリンピック委員会)がアジアのオリンピックとして力を入れている大会ですが、全日本女子バレーの主力選手は世界バレーの直後のため、参加していません。

木村沙織選手の妹の木村美里選手が出場していますね。このアジア大会もぜひテレビで見てみたいですね。
木村美里選手については、東レアローズの公式ページをどうぞ。
 >>> 木村美里選手

◆バレーの最新情報はこちらで。
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)

posted by ヒロシ at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

全日本女子はベスト4の次は金メダルを狙え!

韓国に3−0で圧勝して、ホッとした方も多いのではないでしょうか。

前日に負かされた中国に韓国は予選でストレート勝ちしていましたからね。

1セット目は先行されて、ひょっとしたら負けるかも・・・と心配でしたが、韓国の大砲がキム・ヨンギョン一人なのに対し、全日本チームには大砲が二人、木村沙織と江畑幸子がいましたから、戦力的に上回っていました。韓国もファン・ヨンジュなどが決めてきたら怖かったのですが、おとなしかったですしね。

井上香織のブロックが特に良かったですが、センター陣3人(井上、山本、荒木)も要所要所で働いていますよね。トリッキーな山口舞の攻撃も秒速で快調です。フランス帰国コンビの佐野優子井野亜希子のレシーブ力も世界レベルです。

ここ30年で最強のチームが出来上がったのではないでしょうか。

金銀は望みません。せめて銅を取って欲しいというのが皆さんの願いだと思いますが、私は敢えて、金メダルを取ってくださいと、お願いしたいです。

ベスト4によるトーナメント戦ですよね。今年の夏のグランドチャンピオンズカップを覚えていますか?日本は、ブラジルとイタリアを撃破しているんですよ!!

バレーというのは、流れです。強いチームが100%勝つとは限りません。最初から銅メダル狙いでは、その銅すら取れないでしょう。

当然、準決勝を勝ち上がって、決勝はホームなのですから奇跡を起こして、優勝(金メダル獲得)したいですね。

◆バレーの最新情報はこちらで。
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)

posted by ヒロシ at 15:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

セルビア戦 木村沙織にまたバレーの女神が降臨した

夏のワールドグランプリのポーランド戦を見て、ポーランド戦 木村沙織は神だったと書きましたが、今日の世界バレーセルビア戦でも、バレーの女神が木村沙織に乗り移ったとしか言いようのない、神がかりなプレーが続出でした。

サーブレシーブからアタックで決め、サーブで決め、ブロックで決める。なんと、木村沙織一人でどんどん得点してるじゃないか!

バレーはチームプレーじゃないのか。全日本はチームとして勿論、きちんと機能しているのだけれど、ある場面で「セルビア対女神木村沙織」の戦いのような錯覚を覚える瞬間が何度かあった。

木村沙織が再び神になった、と私は一瞬鳥肌が立った。

昨日までの3戦が凡戦だっただけに、今日の試合は、100倍面白かった。以前東レや武富士にいたニコリッチがどんどん決めてきて、昔は応援してやったのにと、なんだか憎らしくなって、おもわず「クソリッチ!」とか叫んでいた下品な私ですが、こういう負け方をして、最後は、セルビアにも少し気の毒な気がしました。

1セット、2セット、そして最終セットも、ずべて、セルビアに勝機があったのに、全日本の神がかりな反撃に無残にやられてしまったセルビア。

ただ、全日本には、勝負強さと粘りは感じたものの、「圧倒的な力」までは感じることができなかった。

今後も、強国相手に、このような際どい勝ち方を続けていくのでしょうか。

最後に勝てればすべてよし、だけども、見ているほうもこういうゲームは結構疲れるものです。

◆バレーの最新情報はこちらで。
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)

posted by ヒロシ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。