2010年07月31日

トリノ国際大会で全日本女子が優勝!!

バレーボール女子トリノ国際大会で、日本がイタリアを3―0(25―14、25―21、26―24)で破り、3戦全勝で優勝したそうです。
  1位:日本
  2位:イタリア
  3位はオランダ
  4位はドミニカ共和国

そして、なんと、最優秀選手MVPには木村沙織が選ばれたそうです。サオリン、おめでとう!!

ニュース元:日本、全勝で優勝=女子バレー・トリノ国際大会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100730-00000043-jij-spo


8月13日から日本(岡山)で始まるワールドグランプリ2010にも期待が持てそうですね。

放送時間をなんとかゴールデンに持ってきてくれませんかね。今からじゃ遅いでしょうけど。

◆バレーの最新情報
>>>>人気blogグランキング(バレー)

>>>>
日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

大山加奈選手、無念の引退

昨日、一昨日と家を空けていて、ネットにアクセスする機会がなかったものですから、女子バレー二大スター引退のニュースを今朝知りました。

大山加奈選手の引退は、ある程度覚悟しながらも、一縷の望みを抱いていましたが、遂にバレーと決別する、といっても現役選手としてですが、そのときがやってきたのだな、という感想です。

私もそうですが、大山加奈選手がキッカケで、女子バレーの魅力に取り憑かれるようになったというファンは多いと思います。いわば、恩師(または教祖)のような存在が大山加奈選手ではないでしょうか。

どんなビッグな選手でも、いずれは引退の時が来ます。ちょっと早かっただけだと、私は、自分に言い聞かせています。

大山加奈選手が欠場しだしてから、せめてあと3年彼女のプレーが見たいと心待ちにしていましたが、復帰後も十分なプレーが出来ず、ファンも残念ですが、本人は、どれだけ悔しいことでしょうか。

悩みぬいた上での苦渋の決断であったと推察いたします。

しかし、バレーだけが人生ではありません。バレーで培った精神力や知識を活かす場は、いくらでもあるでしょう。

大山加奈選手の今後の活躍をお祈りしています。

また、妹の大山未希選手は、ビーチバレーに転向ということで、バレー界を明るくしてくれた大山美人姉妹の今後の活躍が期待されます。


さて、狩野舞子選手の引退も衝撃的でした。ただ、21歳という若さですから、将来復帰の可能性も濃厚だと思っています。私は、復帰を、辛抱強く待ちたいと思います。

それにしても、久光製薬スプリングスの実力のある選手の大量退団に、一瞬「リストラ?」と思ってしまいました。

特に、石井美樹選手は、若干20歳の有望選手ですから、他チームに移籍してバレーは続けるのだろうと予想します。佐野優子選手は、海外でプレーするらしいですね。こんなに退団するのは、何かあったのだろうかと勘ぐってしまいますが、まあ、いろんなチーム事情があるのだろうとは思います。

ときには、若手が育つためにベテランが勇退することもありますからね。

>>>> 久光製薬スプリングス退団選手の挨拶


◆バレーの最新情報
>>>>人気blogグランキング(バレー)

>>>>
日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 11:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。