2009年08月24日

WG2009が終わって寂しいのは俺だけ?

いやあ、ブラジル相手にやりましたね、全日本。3−1で負けとはいえ、1セットを取って、かなり互格の試合運びでしたよね。盛り上がりのないシャットアウト負けだけは、最終戦では勘弁してほしかったので、これだけ盛り上がれるゲームにできるとは、大したもんですね、新しい全日本女子。

ワールドグランプリを通じて、特に印象に残った選手は栗原恵選手ですね。北京までの悲壮感漂うクールな栗原が、ナチュラルスマイルになり、女性的で穏やかで優しく見えました。実力も安定して発揮できていたのではないでしょうか。全然ダメという不調な試合がなかったように思えますが、どうでしたか?

しかし、ブラジル戦で最も活躍したのは、狩野舞子ではないでしょうか。5年前、メグカナがバレーブームを引き起こしたように、いま、バレーを盛り上げるには狩野舞子しかいない。そういう空気が、最終戦での狩野舞子のオール出場となったように思います。

視聴率がすべてのテレビ放送にあっては、ここで狩野舞子をスタメンで出さなければ、視聴率が9時半以降下がってしまうという判断ではないでしょうか。なんせブラジル戦は、自民党もスポンサーでしたからね。視聴率アップがどうしても必要だったに違いありません。

アナウンサーの不自然なほどの狩野舞子の持ち上げ方、気になりませんでしたか?

狩野舞子が、将来、シェイラに匹敵しうるスパイカーに成長できる器であるかのような持ち上げ方をしていませんでしたか。

狩野舞子も自分がスタメンオール出場する空気を読んで、最高の活躍をしましたから、スポンサーもバレー協会も満足でしょう。

一方、坂下麻衣子は完全黙殺されて、気の毒でした。この大会、日本選手でMVPをあげるなら、坂下麻衣子だと思うんですけどね。

竹下選手がセッター賞貰っていましたけど、いつまで竹下選手に頼るの!!といいたいですね。脱竹下で早く若手を育成してくれ。まさか、ロンドンも竹下がトスを上げるわけじゃないですよね。

もう来年のワールドグランプリまで火の鳥NIPPONとは会えないの?と寂しく思っている方もいらっしゃるでしょう。

だいじょうぶですよ。11月にグラチャン(ワールドグランドチャンピオンズカップ2009)がありますから。

これから数日は、夜になっても、栗原、木村、狩野、佐野、庄司、荒木、坂下らの顔をテレビで観れない淋しさがひしひしと胸に迫ってくるでしょうが(少なくとも私はそうです。恋人としばらく会えないような寂しさですか。)、9月と10月が終われば、11月にはまた、お馴染みの顔に会えるようになります。そして、12月からは、Vプレミアリーグで、会場で生の彼女たちに会えます。

ワールドグランプリもあっという間に終了してしまいましたが、お茶の間のテレビの前での応援、皆様お疲れ様でした。

今日もバレー?と、子供に言われながら、缶ビール片手にテレビにしがみつくのはやや大人げないなとは思いつつも、ハッピーな時間を過ごせて自分としては満足です。

NYCボーイズの中高生も卒なく彼らの役割を果たせて御苦労さまでした。よく見ると、この子たちの一生懸命さが可愛いよね。年端もいかない中高生が、一人前にテレビで仕事をして御金もらってるんだから偉いよね。ジャニタレ批判もしてきましたが、最近は、そんな目で彼らを見れるようになりました。笑。

監督、選手の皆様もお疲れ様でした。

彼女たちにまた会える日を楽しみにしたいと思います。

明日から何を書こうかな???????


バレーを話題にするブログはこちらで探してくださいね。
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 03:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ワールドグランプリも今夜で終焉

今夜のブラジル戦も9時からですか。ゆっくり夕食が取れるので、7時〜よりいいかなとは思うのですが、今夜は何と、9時から10時半までとなっています。3−0で決着付きそうだということだからでしょうか。

録画中継なので、残り時間を見ればセットを取るか取られるかが微妙に分かってしまったりするのはどうかと思いますね。放送時間内に収めるために、調整せざるを得ないのでしょうけど。まさか、バレーの生中継に3時間枠は取れないでしょうからね。

昨日の中国戦は勝ってほしかったですね。たぶんブラジルには勝てない。もし勝てたら、大騒ぎになるでしょうね。1セット取れるかどうか。この際最終戦なんだから、狩野舞子を存分に出場させてほしい。

バレー人気を盛り上げて、Vプレミアリーグへの入場者を増やすには、狩野舞子、木村沙織、栗原恵の綺麗どころで、盛り上げるのが一番手っ取り早いはずです。

フジテレビとバレー協会から、狩野舞子を出せと、真鍋監督に圧力はかからないのでしょうか。まさかそれはないでしょうね。フジテレビというか、スポンサーからは多少あるかもしれないですけど。

ワールドグランプリも今夜で終わりかと思うと、ちょいと寂しいですね。まさに、真夏の夜の夢でした。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

坂下麻衣子爆発、蘇った火の鳥。

いや〜〜〜〜〜〜〜〜、強かった火の鳥NIPPON。不死鳥のように蘇りましたね。

ドイツと中国を下し、予選でも日本をシャットアウトしたオランダが相手ですから、3連敗は必至かと思いきや、坂下麻衣子が爆発しましたね。

普通、3−0の試合は面白くないのですが、今日の試合は、面白かった。あまりに素晴らしいプレイの連続で、胸が熱くなること一度や二度ではなかったですね。

坂下はもちろんですが、庄司も井上も、後半盛り返した木村、栗原も素晴らしいプレイが何度もありましたね。佐野や竹下は言うまでもありません。

チームがまとまると、こんなに強くなるんだ、という久々の感動を貰いました。一方、オランダは、浮足立って焦っているのがよく分かりました。バラバラな感じがしましたし、苛立ちが伝わってきました。強いチームが勝つとは限らないんですね。まとまりのあるチームが勝つんですね。

残るは、中国とブラジル、今日みたいな凄いチーム力を見せてほしい。

サーブやスパイクが決まった時の栗原恵選手の嬉しそうな表情、勝が決まった時の涙をこらえているような表情が印象に残りました。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)
posted by ヒロシ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決勝ラウンド3連敗を免れたい今日のオランダ戦

3連敗はなんとか避けたい火の鳥NIPPONですが、ポーランド予選でのオランダ戦のシャットアウトな試合内容を思い出すと、楽観的な予想は立てにくく、3連敗の公算が強いという気がしているのは、私だけでしょうか。

ドイツとロシアを再度叩けるかが入賞のカギというのが昨日の記事タイトルですが、逆の結果になってしまったので、入賞は難しいですが、なんとか全敗の最下位だけは免れてほしいものです。

世界のトップチームとの差は、紙一重だという自信はついたかもしれませんが、あと一歩の得点力のなさ、サーブレシーブの確実性など、課題も残っています。今大会および今後の国際大会で順位を少しづつ上げていけるかどうか、ですね。

ドイツ戦で、井上香織選手、ロシア戦では、山口舞選手が大活躍しましたが、こうした新戦力の活躍が大きな収穫であったと思います。

山口舞選手は、ミドルブロック(センター)かと思いきや、ウイングスパイカー登録なんですね。昨日の試合は、3人センターがいるような感覚でしたが、ライトから強烈なスパイクも放っていましたね。井上、山口のようなスピードのある選手が、火の鳥NIPPONが全敗から抜け出すきっかけをくれそうな気がします。

今日のオランダ戦は、井上、山口をスタメンで使って、狩野、坂下、庄司を随時投入という形となるのでしょうか。メンバーを全く変えなかった柳本監督より真鍋監督の采配の方が観客には変化と刺激があって面白いですね。

やはり、観客あってのスポーツですから、楽しさも追求してくれないと困ります。

ただ、中高生ジャニーズの生意気なコメントと口パクソングは、もうこれくらいで。笑。

シンデレラ狩野舞子選手のミーハーネタはこっちに書いています。
狩野舞子 女子バレー界のニューアイドル

本ブログともども、バレーブログとの相互リンク募集中です。m(__)m
相互リンクのお問い合わせはこちらから。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー)

<さおりんこと木村沙織選手>も愛用中★全身全霊の守護!!水晶(クリスタル) 天然石ネックレス
posted by ヒロシ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

ドイツとロシアを再度叩けるかが入賞のカギ

今夜からワールドグランプリ2009のファイナルラウンド(決勝リーグ)が始まります。

開催地の日本は、どんな成績でもファイナル進出は決定済みでしたが、予選5位でしたから実力で進出したようなものです。ポーランドで3連敗した後は、5勝1敗でブラジルに負けただけで、調子をあげてますから、3位以内も期待できるんじゃないでしょうか。

ただ、ポーランドでタイに敗れたことが心残りですね。雪辱を果たしてほしかったのですが、タイは4勝5敗8位のため予選敗退でした。

1勝しかできなかった韓国には「永遠のライバル」という呼称をタイに譲っていただきたいものです。マスコミが言いたがっているだけなのかもしれませんが。

それにしても、第1戦がドイツというのは、観る方のテンションがあがりません。最終戦と同じ相手では。

まあ、予選最終戦では、狩野舞子が大活躍でしたから、スタメンで舞子が見れるという楽しみはありますね。

栗原恵選手が前回同様に調子良ければ、今夜も勝てるでしょうけど、栗原恵選手が万一調子が悪ければ、坂下麻衣子の登場となるんでしょう。

ま、それはそれで面白いですけどね。

木村沙織は安定しているので心配はしていませんが、センター線をもっと使ってほしいですね。特に荒木絵里香キャプテン。井上香織は、観ていて不安がないのだけれど、キャプテンエリカの活躍がもっと観てみたいものです。やはり、MVPは荒木絵里香が取らないといけません。

ファイナルラウンドは、6チーム総当たりリーグ戦で行われます。
19日(水):ドイツ
20日(木):ロシア
21日(金):オランダ
22日(土):中国
23日(日):ブラジル

と、この夏場の5連戦は、キツイですねえ。佐野優子選手がボロ雑巾のようにならないか心配。たまには、浜口選手をスタメンに持ってきてもいいのでは。

しかも最終戦は、ブラジルですか。全員バレーで向かわないと、スタミナ切れしそうですね。

とりあえず、予選で勝った、ドイツとロシアをもう一度きっちり負かすことが大事ですね。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
日本ブログ村(バレー)
>>>>人気blogグランキング(バレー) 


【PR】
かんきろう ビーグレン フィギュアロビクス イキイキぞうすい 黒の奇跡
posted by ヒロシ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

韓国戦では坂下麻衣子が観てみたい

今日のブラジル戦を見ていて、ブラジルはなかなか勝てない相手だが、絶対勝てない相手ではないな、と感じました。やっている選手も、ブラジルの背中がはっきりと見えたのではないでしょうか。

さて、バクさん通信さんに掲載の写真で気に入ったのがあったので、転載させていただきます。

saori.jpg

サオリンが超可愛く撮れているのはよくあることですが、私がほれぼれとしてしまったのは、マイコの端正な顔立ち、といいますか。味のある表情ですね。舞子ではなく、麻衣子の方。

坂下麻衣子選手は不〇工だと思っている方が少なくないですが、写真のように非常にいい面構えなんですね。彼女がコートで吠えると、なんだか見ている方もテンションあがりますし、いいキャラクターだな、と思いますね。

フジのテレビカメラは狩野舞子ばかり追っていますが、坂下麻衣子もあと1試合ブレイクすれば、かなりの人気者になれると思うんですけどね。

さて、今夜の韓国戦は、どちらのマイコが出場するんでしょうか?

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
posted by ヒロシ at 05:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

狩野舞子 鮮烈デビュー(ロシア戦)

狩野舞子が出場したことも嬉しかったですが、世界に通用する日本のバレーが見れて満足でした。

私は、全日本は、サーブもよかったのですが、ブロックが結構良かったかな、と思いました。必ずワンタッチがありましたし、3枚ブロックで止めた時は、日本の選手でも180センチ以上が3人並ぶと、長身の外国人アタッカーにとっても大きな壁になるだろうなあと感じました。

ロシアにブロックでかなり止められましたが、木村沙織、栗原恵、狩野舞子のアタッカー陣が怯まず、クロスに打ったり、ストレートでラインギリギリに決めたり、相手の腕にボールを当てて出すなど、やはり、速いバレーだからこそできる高度なスパイクがよく決まりました。常に攻めの姿勢が、今日の勝因だったと思います。

韓国での初戦がブラジルですが、レシーブがうまい上に、高速アタックのブラジルの攻撃をどこまで守れて反撃できるか楽しみですね。第2戦の韓国戦は、アウェイとはいえ、キム・ヨンギョンと、センターの長身選手の二人をマークすれば、負けない相手のような気がしますね。

それにしても、狩野舞子のスパイクもサーブも華麗でしたね。速くて切れも良かったですね。美しい人が美しいスパイクを打つと、気持ちが清々しくなりますよね。

坂下麻衣子狩野舞子かの選択ではなくて、栗原恵木村沙織も含めて、4人で回していった方がいいのではないかと思うのですがね。

ロンドンへ向けて、これだけのアタッカーが揃っていて、大山加奈の入るスペースがあるんだろうかと、少し考えてしまいました。

戦力が薄いのは困りますが、厚過ぎても悩みの種になるんですね。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>日本ブログ村(バレー)
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 

表紙のサオリン可愛過ぎ→ 女子バレーイヤーブック


【PR】
育毛シャンプー リンパマッサージ ニキビケア ホリデー車検 皇潤
posted by ヒロシ at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

狩野舞子のプレーが早く観たい(対韓国戦)

狩野舞子のアタックが観たい、と思ってずっと交代を待っていましたが、ついに出ませんでしたね。「シンデレラ舞子」のキャッチフレーズが泣いています。

全日本のアタッカーたちの調子が皆良かったので、狩野舞子が交代すべきタイミングが一度もなかったですからね。

狩野舞子
はサーブもうまいんですよね。V・プレミアリーグでは、時々、ワンポイントでサーブも打ってましたから、そんな形でもいいんですが、今日は、サーブもみんなよかったですから。

このままだと、シンデレラ麻衣子で、ワイルドカードが舞子になってしまいそう。笑。

明日のロシア戦は狩野舞子がスタメンで出てほしいですね。ロシアのエリティン杯の決勝でフルセット戦った時は、狩野舞子が活躍したようですから、明日こそは出してほしいですね。

とりあえず、今日の韓国戦は、途中でキム・ヨンギョンの元気がなくなったような感じで、韓国に圧勝できましたが、第1セットのような競り合いになるとやはり彼女は怖い存在です。

韓国ラウンドでは、むこうの応援がすごいでしょうから、今度はどうなるか分かりません。次の韓国戦もきっと熱戦になるでしょうね。

しかし、身長190センチのキム・ヨンギョンのスパイクは高いし、強いですね。竹下のいるJTに入団するらしいですから、秋からの国内リーグも楽しみです。

昨日のプエルトリコ戦は、勝つには勝ったのですが、荒木絵里香の活躍があまりなく不満が残りました。なんせ竹下が、荒木に上げずに、ライトとレフトにしか上げないので、「竹下、エリカが嫌いなんか!」と心で叫んでいましたが、今日は、エリカへのトスで始まったので気持ちよかったです。

今日は、竹下がセンター線を積極的に使っていてトスワークは見事でしたね。ワンアタックも2回ほど決めていましたし、この人は凄い、ロンドンまで絶対来そうだな・・・という予感がしました。ま、選手なのかコーチなのかは分かりませんが。

出場時間は短かったですが、センターの井上香織森和代も彼女ららしいプレーを見せてくれたので大満足です。Vリーグでもよく見せる森和代のあのいやらしいネット際の押し込みも見れて、ワンチャンスで得意のあれが出せるか、と感心しました。

ワールドグランプリの旬な情報は
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

ホント、狩野舞子以外、全員バレーだったんですよね(涙)。しかし、明日のロシア戦で、狩野舞子はシンデレラになるでしょう。

YouTubeで狩野舞子の華麗なプレーをちょっと覗いてみましょうか。明日は日本中がその姿に酔いしれることでしょうけれど、初めて見る人が眩暈を起こすといけないので、少し慣れておきましょう。笑。

posted by ヒロシ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

ワールドグランプリ大阪ラウンドが明日から

いよいよワールドグランプリ大阪ラウンドが明日から始まりますね。

8月7日(金) 日本×プエルトリコ  よる 9:00〜10:52(最大15分延長)
8月8日(土) 日本×韓国  よる 7:00〜8:54(最大30分延長)
8月9日(日) 日本×ロシア  よる 7:00〜8:54(最大30分延長)

ポーランドラウンドでの3連敗の後、なんとか片目を開けてほしいものです。

第1戦のブエルトリコですが、フジテレビの公式サイトによると

WGP出場歴:初出場
日本の戦績:2勝0敗(1993年以降)

オリンピック、ワールドカップの出場経験はなく、唯一の3大大会出場は2002年の世界選手権。
日本との対戦は過去に2度しかなく、その2度とも五輪世界最終予選。
去年の大会では、エース、アウレア・クルスに苦しめられたもののセットカウント3対1で勝利している。
この勝利は柳本前監督就任後、通算100勝目となる勝利だった。
今大会、プエルトリコは16歳や17歳の選手が登録選手19人に選ばれるなど、若手も多い。
国際経験こそ少ないが、キューバやドミニカ共和国のような身体能力の高い選手が揃う侮れないチームだ。(以上、公式サイトより抜粋)

ポーランドで第2戦で過去の戦歴が20勝1敗のタイに敗れたように、成長著しい国のバレーチームは油断ならない。特に、若い選手主体で身長が高く運動能力の優れたプエルトリコは、決して甘く見れないチームだと思う。

気になるのは、いま一番のっている坂下麻衣子を最初から投入するのか、途中で投入するのかだ。攻撃力の要は、栗原、木村、狩野の3人ではあるが、ポーランドラウンドであれだけ好調だった坂下を使わないのはもったいない。

フジテレビとしては、狩野舞子を今大会の目玉選手にしたいと思っているだろうから、シンデレラ狩野舞子はスタメン、人気のある木村沙織もスタメン、エースである栗原恵もスタメン、セッターはやっぱり竹下佳江、センター荒木絵里香庄司夕起だろうか。

途中、栗原、木村、狩野の3人の誰かと坂下を入れ替えるのではなかろうか。真鍋監督の実質デビュー戦なので、この試合は負けるわけにはいかない。セッターは竹下しかないが、若いセッターを使ってほしいものだ。岡野弘子はいいセッターだが、33歳だ。31歳の竹下とともに、ロンドンでは使えない。

2−0なら、3セット目に河合由貴富永こよみをぜひ使ってほしい。

ワールドグランプリの情報は
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 00:09| Comment(1) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

WG2009 タイは韓国より強いのかもしれない

まさかタイにも負けるとは・・・

まあ、そんな感想を持たれたのではないでしょうか。でも、今日のタイとの試合は、バレーになっていましたね。

昨日のオランダ戦ではバレーをさせてもらえなかったという感が強いです。3セットになってセッター岡野→竹下に変わってから、多少バレーらしくなりましたが、最初の2セット、あれは何なんですか??

オランダの選手は全員気合が入っていましたね。日本は、手足をもがれたように、攻撃力がありませんでした。サーブレシーブが岡野に戻っていないから仕方がないですが、ちょっとちぐはぐな攻撃ばかりでした。

3人ブロックは面白い試みですが、あれだけフェイントを決められては、功を奏しているとは言えませんね。

マイコがブレイクすると皆さん、今回のワールドグランプリでは期待されていたとは思いますが、舞子もきっとブレイクするでしょうが、なんと、ポーランドでブレイクしたのは、マイコはマイコでも麻衣子の方でした。笑。

坂下麻衣子の過去記事 → 坂下麻衣子のデータが凄い

坂下麻衣子は、屈指のパワーヒッターで高さもナンバーワンということですが、身長は179センチしかないんですよね。でも最高到達点がナンバーワン。ブロックよし、レシーブよし、サーブよし、で、今後は世界が恐れる坂下麻衣子になるかもしれませんね。そんな予感のした2戦でした。

オランダ戦でも、タイ戦でも、解説者(大林、吉原)は坂下麻衣子をべたぼめでした。

確かに、スパイクは強烈ですし、動作が速いですよね。

全日本の攻撃力のかなめは、坂下麻衣子、狩野舞子、木村沙織の3本柱になりそうですが、栗原恵もなんとか、パワー炸裂してほしいですね。オランダ戦ではいいところなく、タイ戦では外されました。栗原恵がもっと成長してくれないと、全日本女子の未来はありませんからね。

今年のワールドグランプリの見どころは、Wマイコの活躍でしょうかね。

セッター竹下の安定感・信頼感を改めて感じましたが、岡野も32歳、この大会では、やはり若手が育ってほしいですね。

ワールドグランプリの最新情報は
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。