2009年05月27日

二見梓 春高バレーの浅尾二世

ビジュアル系選手のビーチバレー転向の話題でしばらく賑わっていましたが、この騒動に対し、モントリオール五輪金メダリストで、日本バレーボール協会の強化スタッフの一人である荒木田氏が、日本ビーチバレー連盟の川合会長に抗議メールを送ったそうですね。

 「選手が日の丸をつけて頑張ろうというときに『あの選手がいい』とか、あまりに軽率な発言が多過ぎる。一生懸命にやろうとしている選手にも失礼だわ」

川合会長からは返事がなかったそうです。つい最近、関西ローカルのお笑いバラエティで川合さんを見ましたが、楽しい人ですね、あの人は。明るいから何を言っても憎めません。

本題に入る前に、とりあえず、ワンクリックで応援お願いいたします。m(__)m
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

こんなニュースが・・・・

春高バレーに3年生出場!11年から1月開催
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000027-sanspo-spo

春高バレーに3年生も出場できるようになりそうですね。「はるこう」じゃなくて「ふゆこう」になっちまいますが・・・
1月の土日に準決勝・決勝を持ってきて。集客も図るそうですが、関西の私には関係なさそうです。

それにしても、春高バレーには、将来の大物選手が必ずいますから、見逃すわけにはいきませんね。

今年の春高バレーで話題だったのは、二見梓選手だったそうですね。浅尾二世などと呼ばれているようです。身長180センチだそうですが、16歳ですから、これからまだまだ伸びるんでしょうね。185センチくらいにまで伸びるといいですね。楽しみな逸材です。

posted by ヒロシ at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

火の鳥NIPPONの新キャプテンに荒木恵里香

全日本女子のヨーロッパ遠征メンバーが決まったようですね。

6月1日まで国内で合宿を行ってから、ヨーロッパに渡り、スイス・モントルーマスターズロシア・エリツィン杯などに出場するようです。国内では、8月のワールドグランプリで初登場となるようです。

女子バレー、『火の鳥NIPPON』で世界を目指す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000002-pia-spo


◆ヨーロッパ遠征メンバー

  栗原恵(パイオニア)
  横山雅美(デンソー)
  竹下佳江(JT)
  井上香織(デンソー)
  細川麻美(パイオニア)
  佐野優子(久光製薬)
  石川友紀(武富士)
  石田瑞穂(武富士)
  庄司夕起(パイオニア)
  荒木絵里香(ベルガモ)・・・・・・新キャプテン
  木村沙織(東レ)
  狩野舞子(久光製薬)
  小山修加(久光製薬)
  冨永こよみ(パイオニア)
  濱口華菜里(東レ)


これまで、キャプテンは竹下選手でしたが、新チームでは、荒木絵里香が務め、副キャプテンに栗原恵と若返りがはかられたようです。
火の鳥NIPPON」がキャッチフレーズということで、「火の鳥のように燃えていきたい」と荒木恵里香。イタリア留学の成果とリーダーシップの発揮に期待がかかります。

いずれは荒木が全日本の柱と言われ続けてきましたが、ついに、現実となりましたね。荒木恵里香を中心にした全日本チームの活躍が楽しみです。

新鮮なバレー情報はこちら。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

宝来麻紀子・杉山祥子 ビーチ転向確実!?

杉山 結婚」という検索フレーズで昨日50アクセスきた〜。って、別に嬉しいわけではないが、今頃何なんだい、と思って、ヤフーニュースの奥深くを調べると、ついさっき、こんなニュースが・・・

川合会長“大歓迎だ”日の丸ツインタワー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090509-00000042-spn-spo

宝来麻紀子(30=JT)が既にビーチ転向の意思を関係者に伝え、パートナーとして杉山祥子を調整中。」という驚きのニュースだ。

宝来麻紀子はすでにビーチ転向を果たしている菅山かおるとは、JTで元チームメート。転向に当たっては菅山に相談もしただろうが、30にして、もうひと花咲かせたいという野望があったかも知れない。

今年、全日本登録メンバーに選ばれながら辞退した杉山祥子も、パートナーとして有力視され、調整中ということなので、実現に向けて、動きだしたということだ。、

※杉山はNECの公式BBSでビーチ転向を完全否定しているので、ほぼ確定でなく、川合の説得調整中なのだろう。しかし、転向ほぼ確定を示唆するようなネットニュースも流れている。蓬莱の方は確定のようだ。 浅尾撃墜へ“日の丸ツインタワー”ビーチ転向!

狩野舞子木村沙織のビーチ転向説は、絵に描いた餅だったが、川合会長も今度は、本気でバックアップすることだろう。

宝来は控えが多かったが、杉山は、バレー放送では常にレギュラーだったので、全国的に知名度が抜群。今頃になっても、「杉山 結婚」でサーチしてくる一般人も多いわけで、ビーチバレーへの注目度がさらに過熱することは間違いない。

川合会長には、むしろ、獲得後の放送枠を貰えるように、NHKなどと交渉してほしい。ビーチバレーの放送など、地上波では皆無だし、BSでも見たことがない。

単にグラビア的要素だけで過熱しても、一過性で、本当のビーチバレー人気にはつながらない。

なお、安価な楽天ビデオでもビーチバレーは観れたと思うので、気になる人はチェックしてください。
 

 

バレー情報はこちら。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 11:21| Comment(3) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

黒鷲旗の狩野舞子のバックアタック

さすが東レアローズ女子ですね。横綱相撲のように、なかなか土俵を割らない粘り腰を感じた試合でした。って変なたとえですが。見事2冠達成おめでとうございます!!若い有望な選手も次々と入団して、ますます選手層が厚くなり、来季も楽しみなチームとなりました。今後数年は確実に、優勝争いに残るチームではないでしょうか。荒木恵里香選手も戻ってくることですし、東レアローズの天下はまだまだ続きそうですね。

決勝戦は、特に中道瞳のトスワーク、選手の使い方を巧みに計算しているトスアップが見事でした。途中足を挫いて変わりましたが、再び根性でコートに戻った時は、思わず「頑張れ〜」と心で叫んでしまいました。

勝利インタビューの時の中道瞳選手の涙も感動しました。

各賞は次の通り。

【黒鷲賞(最高殊勲選手)】
   木村 沙織[初](東レアローズ)
【敢闘賞(敢闘選手)】
   狩野 舞子[初](久光製薬スプリングス)
【若鷲賞(最優秀新人賞)】
   該当者なし
 
【ベスト6】
  張 越紅[初](東レアローズ)
  中道 瞳[初](東レアローズ)
   木村 沙織[初](東レアローズ)
   山本 愛[4年ぶり 3回目](久光製薬スプリングス)
  狩野 舞子[初](久光製薬スプリングス)
   谷口 雅美[2年連続 4回目](JTマーヴェラス)
【ベストリベロ賞】
   濱口 華菜里[初](東レアローズ)

久光がもし勝っていたら、最高殊勲賞は狩野舞子だったでしょうね。
3−1でしたが、試合内容は全くの互角でしたし、第4セットをもし久光がとっていたら、分からなかったでしょうね。途中4点リードして追いつかれた惜しいセットでした。

狩野舞子対東レアローズのような気がしたくらい、狩野舞子の連続スパイクは凄まじかったですね。特にバックアタックは、30本くらい打ったんじゃないでしょうか(なかなか決まらなかったけれど)。メグカナの春高決勝を思い出すほど、バックアタックが激しかったですね。

最後は、狩野舞子の攻めのサーブがアウトで試合終了でしたが、「狩野舞子ここにあり」の強い印象を残してくれました。

狩野舞子の全日本での活躍が楽しみです。

バレー情報はこちら。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

狩野舞子選手がビーチバレーに参戦か!?

黒鷲旗の準決勝が本日開催され、東レアローズ久光スプリングスが勝ち進み、決勝戦は、今季のVプレミアリーグ決勝と同じ顔合わせとなった。

しかし、それ以上に驚きのニュースがこれ、

6人制・狩野とビーチ・浦田、電撃トレード!?…バレー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000015-sph-spo

川合俊一の馬鹿やろー」と思わず叫んでしまった。

先日は、木村沙織のビーチ転向を冗談半分に要請したかと思ったら、今度は、狩野舞子のトレードときた。

我らがニューアイドル狩野舞子を水着にするつもりらしい。

木村沙織の水着が非常に危険だということは承知だが、狩野舞子なら、ポロリはないだろうが、脚が長く、スタイル抜群なので、ビーチバレーが不純な意味で話題沸騰となること間違いなし、というわけだ。

しかし、こうした風潮は、ビーチバレーのスポーツから芸能化への動きと言えるだろう。

ビーチの選手はみな、イエローキャブやらサンズエンターテインメントなどの芸能事務所に属することになるのか。シーズンオフには、イメージDVDや写真集、イベントなどに大忙しになり、アスリートから芸能アイドルになってしまう。

狩野舞子の水着はさぞ素晴らしいとは思うが、スポーツアイドルが芸能アイドルに転落することには反対である。

ビーチバレーは、エロスポーツ?

18歳の美人選手溝江明香みぞえさやか)選手にもっとスポットを当ててもいいと思うが、なぜ当たらない。

バレー情報はこちら。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 16:23| Comment(4) | TrackBack(1) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

恐るべし東九州龍谷高 春高バレー覇者

<黒鷲旗バレー>東九州龍谷高は敗れるもパイオニアに健闘
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000073-mai-spo

プレミアリーグのチームが高校生相手に窮地に陥るとは、誰も予想していなかったことでしょう。バレーボールの怖さを改めて知る試合だったかもしれないですね。

全日本エース栗原恵を擁するあのパイオニア相手に、第1セットを先取し、第4セットもジュースに持ち込む大健闘。最終的には、パイオニアに1−3で敗れたとはいえ、見事な試合内容です。

逆の意味では、パイオニアチームの脆さを露見させたゲームだったかもしれません。高校生相手では、3−0のシャットアウトが当たり前の結果ですから、油断があったかもしれません。

試合を見ていないので、どんな感じか分かりませんが、パイオニアのブロックが高くて、普通は高校生のスパイクが簡単には決まらないはずなんですが・・・・

1敗すれば終わりの、厳しいトーナメントを勝ちあがっての春高バレー優勝のチームですから、東九州龍谷高の勝負強さや集中力というのは、凄いんでしょうね。

東九州龍谷高に「あっぱれ」を上げたいですね。

パイオニアレッドウィングス  3 - 1  東九州龍谷高等学校
            第1セット 16  - 25
            第2セット 25  - 21
            第3セット 25  - 14
            第4セット 26  - 24


バレー情報はこちら。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)
 

なお、第58回黒鷲旗の公式サイトはこちらです。 

posted by ヒロシ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

第58回黒鷲旗が開催

<黒鷲旗バレー>1日、大阪で開幕 男女各16チームが熱戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090430-00000088-mai-spo

黒鷲旗がきょう開幕ですね。
私はどうもこの黒鷲旗は苦手なんですね。
大阪府立体育館が、この時期異常に蒸し暑いのと、男女数試合が同時に行われるので、どうも気持ちが集中できず、散漫になって、応援にも熱が入り難いので、好きではないのです。

予選だと、大学の選手やチャレンジの選手も間近に見れるという良さはありますが、4日からの準決勝リーグになると、Vプレミアリーグのチームだけが残り、大学チームやチャレンジチームが残るような番狂わせはまずないでしょうね。

そうすると、優勝も、プレミアリーグベスト4の東レ、久光、デンソー、NECと思われますが、今回最後の参戦となる武富士でも優勝すれば、メイクドラマなんですが、それは奇跡ですね。やはり、攻撃力があり、守備も安定している東レか久光の優勝が順当なところでしょうか。

決勝の模様は、地上波でも、真夜中に放送されるようです。
◆2009/05/06 25:55〜27:55
◆MBS 毎日放送(関西の場合。その他の地域はお調べください。)

テレビ放送で気になったのは、女子決勝の解説が真鍋全日本新監督だということです。久光が決勝に残ったらどうするんだろうか?と思って久光の公式サイトを見ると、濱田義弘コーチが監督代行として指揮を執るとのことでした。

全日本チームの試合も見てみたいですが、ワールドグランプリの開催が7月末ですから、まだまだ先ですね。海外留学中の荒木、井野の成長した姿が一番観たいですね。

しかし、高橋、杉山のいない全日本というのも不思議な感じがしますね。私がバレーファンになった5年前からずっと、高橋、杉山は全日本にいましたから・・・

中心セッターは誰になるのか(竹下?岡野?横山?)、レギュラーのリベロが佐野なのか井野なのか、興味は尽きないですね。

内田暁子、位田愛、宮田由佳里の3人が選ばれなかった不満を私はまだ少し引きずっていますが、真鍋カラーの新チームに期待したいところです。

バレー情報はこちら。
>>>>
人気blogグランキング(バレー) 
>>>>日本ブログ村(バレー)  

posted by ヒロシ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。