2008年04月24日

黒鷲旗開催情報

黒鷲旗(くろわしき)は、昨年、新大会『天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会』が新設されたことによって、『黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会』に名称変更(&格下げ?)になったことはたいていの方はご存知のことと思います。

真の実力日本一を決定する、と銘打っているのは新しい大会のほうで、今年1月東レアローズ女子が第1回の覇者となりました。黒鷲旗は、伝統ある大会ということで残っていますが、その存在意義は、未だに良く分かりません。

黒鷲旗』は参加チームを男女16チームです。詳しくは、公式サイトをご覧下さい。
http://www.ova.gr.jp/kurowashi6/2008/index.html


第57回黒鷲旗全日本男女選抜大会予選グループ分け>
【男子】
●A組:サントリー、大分三好、つくばユナイテッド、東海大学
●B組:パナソニック、NEC、警視庁、順天堂大学
●C組:東レ、JT、日本体育大学、新潟教員
●D組:堺、豊田合成、FC東京、立命館大学

【女子】
●A組:東レ、JT、嘉悦大学、東九州龍谷高校
●B組:デンソートヨタ車体、健祥会、筑波大学
●C組:久光製薬、NEC、武富士、上尾メディックス
●D組:岡山、パイオニア、日立佐和、PFU

気になる日程ですが、5月1日10時から開会式で4日から準々決勝ですね。

第1日目 ●5月 1日(木)  12:00〜  グループ戦 ※4コート
第2日目 ●5月 2日(金)  12:00〜  グループ戦 ※4コート
第3日目 ●5月 3日(土)  11:00〜  グループ戦 ※4コート
第4日目 ●5月 4日(日)  11:00〜  準々決勝戦 ※2コート
第5日目 ●5月 5日(月)  11:00〜  準決勝戦 ※1コート
最終日  ●5月 6日(火)  12:00〜  決勝戦 ※1コート


最近は、2006年、2007年と久光製薬が連覇しており、今年は3連覇が掛かっています。

しかし、全日本選抜メンバーが出場しないことを考えると、デンソーエアリービーズが最も優勝に近いチームとなるのではないでしょうか。
全日本メンバーは、東レが4人、パイオニア、久光が各3人ですから、リベロのみのデンソーは、ほとんどVのメンバーで戦えるわけですから、圧倒的に有利なのではないでしょうか。

大阪府立体育館は、空調が悪く蒸し暑いし、応援にも集中しにくい試合運営なので、私自身は、余り観戦意欲が湧かないのですが、デンソー、トヨタ車体のいるB組が気になります。

ほとんど蒸し風呂状態ですからねえ、躊躇しちゃうんですよねえ。

観戦した後、難波のアムザかニュージャパンのサウナでも行けばいいかあ。

タグ:黒鷲旗
posted by ヒロシ at 04:38| Comment(2) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

最終予選の全日本メンバー

全日本のメンバーが14日に決定したようですね。

▽女子 荒木絵里香、木村沙織、西脇万里子、大山加奈(以上東レ)栗原恵、多治見麻子、庄司夕起(以上パイオニア)大村加奈子、佐野優子、狩野美雪(以上久光製薬)竹下佳江、河合由貴(以上JT)高橋みゆき、杉山祥子(以上NEC)桜井由香(デンソー)

準優勝のデンソーから桜井だけですか??佐野レギュラーで、桜井控えですかね。デンソーから井上か矢野を選んで欲しかったなあ、細田か岡野でもいい。

実力は認めますが、狩野姉より、狩野妹を主力に育てる方が大事ではないのでしょうか。

大山加奈選手は、まだ治療中なんだから、当然外すべきでしょう。

成田明彦女子強化委員長は「彼女は日本の宝。夢をつながせたい」と話した。らしいです。

柔道女子の田村選手が、全日本で負けても北京に選抜されたのと同様、なにか納得いかないですねえ。

どうせレギュラーしか使わないあの監督ですから、中途半端に選ばれないほうがいいかもしれませんが、控えに、ベテラン30代大村、多治見、狩野をはべらすより、若手ホープの狩野妹とか坂下とか、今西とか位田とかに国際舞台を経験させた方がよいのでは、とシロート考えながら思ってしまいます。

セッターの控えは高校生ですか、橋本直子も面白い選手なんですけどねえ。私は、橋本直子選手の精度の悪いドライブサーブが妙に好きなんですけどねえ。笑。

それ以前に、面白みのないY全日本監督を変えて欲しいですけどね。デンソーかパイオニアの監督、あるいは葛和監督に戻ってきてもらってもいい。とにかく、小島よしお並に、面白みが無くなってきたY監督は、北京オリンピック終了後に、約束したメダルがとれなかったという理由で解任して欲しいと思います。

Y監督は、バレーを十分盛り上げてくれました。バレー協会の専務理事にでも収まってもらって、裏方に回ってもらえないですかね。何の意外性も全員バレーの組み立てもない采配に、私はもう飽きてきたんですけど。笑。

荒木絵里香、人生最高の笑顔の写真で、終わりたいですね。こんないい顔のエリカを見たことがある??荒木絵里香は、今絶頂です。北京に向けてまだまだ上昇中です。
im00069980.jpg


人気blogグランキング(バレー) 
日本ブログ村(バレー)
FC2 Blog Ranking(その他スポーツ
posted by ヒロシ at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

日立佐和、武富士 プレミア残留決定!

V・プレミアリーグの下位2チームと、チャレンジリーグ上位2チームで競われるチャレンジマッチという名の入れ替え戦ですが、武富士バンブー日立佐和リヴァーレの2チームとも、全勝で残留を決定しました。とりあえず、おめでとうございます。

1セットも落とさなかったのはやはり、両リーグ間の現在のレベル差を物語っているのかもしれませんが、今季の昇格して間もないトヨタ車体の躍進に見られるように、急速に力を付けることは十分にありえますので、プレミアリーグとはいえ、いつまでも安心できません。

2007/08V・チャレンジマッチ結果
<第1日結果>
【女子】
日立佐和<3-0>健祥会(25-23 、25-12、28-26)
武富士<3-0>PFU(25-15、25-15、25-12)


<第2日結果>
【女子】
日立佐和<3-0>健祥会(25-14、25-23、25-16)
武富士<3-0>PFU(25-22、25-15、25-19)



東レアローズ女子のファンへのお知らせ

以前、東レアローズの一員だった大槻めぐみ選手が所属している四国のバレーチーム「四国Eighty8 Queen」の出演する番組が朝日系列で放送されます。
●2008年4月20日(日)01:00〜
名将・50歳の決断〜女子バレーボール元日本代表監督の新たな挑戦

土曜の深夜の1時からですので、お間違いないように。関東方面でも放送があるかどうかはお調べ下さい。時間は、関西ローカルのものですので、他の地域はお調べ下さい。

過去記事→ 元東レアローズ 大槻めぐみ選手を発見

posted by ヒロシ at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | バレー関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

女子バレーが好き、でもオグシオがもっと好き??

バレーファンは結局、ミーハーなんですよね。失礼な言い方ですが、私自身がそうですので、お許し下さい。

可愛い女性がやっているから見るわけで、本当にバレーボール自体が好きだという人は男子バレーボールも同じくらい熱心に見ますよね。

男子バレーボールは、たぶんサッカーと同じくらい興味ありません(爆)。野球は関心ないわけじゃないけど、スポルト、新聞を見るくらいで、野球中継を最初から最後まで見れる自信はありません。せいぜい3イニングしか見れません。オsiota02.jpgリンピックの野球だったら最後まで観れるかもしれませんが。

そんなミーハー的観点の女子バレーファンですが、バドミントンのオグシオは大好きです。一度会場で生オグシオを見てみたいと思っています。

いつも御世話になっているバクサン通信オグシオがアップされていました。かわいいですよ〜。太腿の張り具合も最高です。(エロ親父的な表現ですね) 私のタイプは、潮田玲子さんのほうなんですが、小椋久美子さんも勿論お綺麗です。

バクさん通信 トップページ

バクさんには、随分前に写真転載の許可をもらっています。今日は余談でした。

【広告】
<NHK DVD>[DVDソフト] 熱闘 オグシオ Road to Champion
posted by ヒロシ at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

荒木絵里香の時代が到来

女子バレー V・プレミアリーグが終わって、受賞した面々を見ると、東レアローズデンソーエアリービーズという若いチームの台頭を実感するとともに、荒木絵里香を中心にした女子バレーの新時代が到来したような気がしてきます。

アイドル路線まっしぐらのマスコミからは、長い間冷遇されてきたように感じる荒木絵里香ですが、トップの座を実力でもぎ取ったという感がします。

荒木絵里香がデビューした頃から、世間で注目されるメグカナとは別に彼女に注目し続けたファンは意外と多い。私もその一人です。やっと花開いたかの思いがします。勿論、全日本での活躍、不動のセンターであることですでに花は開いていたのですが、やはりVあっての全日本ですからね。Vで最高の働きをした選手が、その結果として全日本でも活躍する、そういう構図が王道ではないでしょうか。

全日本の合宿で、黒鷲旗には出場しないでしょうが、世界最終予選、北京オリンピック本番での活躍が期待されます。

北京五輪世界最終予選が5月17日に開幕


【優勝監督賞】菅野 幸一郎(東レアローズ):初受賞
【最高殊勲選手賞】荒木 絵里香(東レアローズ):初受賞
【敢闘賞】岡野 知子(デンソーエアリービーズ):初受賞

【得点王】パブロワ イエレナ(久光製薬スプリングス):初受賞
【スパイク賞】荒木 絵里香(東レアローズ):初受賞
【ブロック賞】荒木 絵里香(東レアローズ):初受賞

【サーブ賞】板橋 恵(日立佐和リヴァーレ):3年ぶり2回目
【サーブレシーブ賞】 佐野 優子(久光製薬スプリングス):2年ぶり3回目
【レシーブ賞】濱口 華菜里(東レアローズ):初受賞

【ベスト6賞】
パブロワ イエレナ(久光製薬スプリングス):初受賞
デラクルスデペニャ ベタニア(東レアローズ):初受賞
木村 沙織(東レアローズ):初受賞

荒木 絵里香(東レアローズ):2年ぶり3回目
井上 香織(デンソーエアリービーズ):2年連続2回目
中道 瞳(東レアローズ):初受賞

【ベストリベロ賞】佐野 優子(久光製薬スプリングス): 2年連続3回目
【最優秀新人賞】坂下 麻衣子(JTマーヴェラス): −
【優秀GM賞】木村 武(東レアローズ):初受賞

昨季はベンチを暖めることが多かった中道瞳選手がベスト6に選ばれたことも、とても嬉しいことです。思わず唸ってしまうような絶妙なトスワークはもはやトップクラスの職人芸ですね。彼女もやっと花開きました。
私的には、頑張った割には報われなかった全日本のエース栗原恵にもなにか賞を上げたい気持ちです。どうか世界予選と北京でうっぷん晴らしてください。

 
posted by ヒロシ at 06:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

加奈ちゃん、早くよくなって!!

大山加奈ちゃんがいたら、バレーの楽しさが全然違うだろうな、とときどき思うことがある。

4年前のワールドカップでバレーファンになった私のような人は、大山加奈と栗原恵を見たくて会場に足を運んだものだ。本物が見れるという、あのときのワクワクした気持ちが、未だに心の奥底にあって、その記憶みたいなものが、未だにバレー愛をはぐくんでくれているような気がする。

大山加奈の北京出場はダメだと頭で分かっていても、どこか、かすかな希望を抱いていたところもあるが、こうして、ニュース記事ではっきりと「絶望」の文字を見ると、非常に辛いものがある。

女子バレーエース・大山 五輪予選絶望 持病腰痛治らず

ずっと仲間とともにバレーボールを戦い、今は辛い故障とひとり戦っているカナちゃん

大山加奈がいたからバレーが好きになったという人は大勢いる。私もその一人。

そういうファンと一緒に、一刻も早い腰の回復とバレー界への復帰をお祈りしたいですね。
タグ:大山加奈
posted by ヒロシ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

東レアローズはやっぱり強かった

東レ優勝も、荒木絵里香のMVPも想定内でしたね。意外性のない試合で、私自身は、あまり感動しなかったのですが、監督と荒木のインタビューで放送は終りましたし、なんでだろう、あまり感動がない。

パイオニアが一昨年優勝したときは、内田の涙にもらい泣きしたものですが、昨年の強すぎる久光優勝のときでも、それなりに感動したのに、今年はなぜだろう。

東レアローズは、今季は終始強かったという印象が強い。相手を撃破するチームというより、「そう簡単には負けないチーム」という感じで、見ていて、不安感がない。昨季と比べると、なんなんだこの成長は、という、助っ人外人に恵まれたのも優勝の大きな要因だが、日本選手も穴が無いし、ソツなく試合を進める。

もう少し不安定なところがあるほうが、応援していてはらはらするし、応援しがいがあるものだ。贅沢な悩み。笑。

NHK総合は、4時半まで、野生の王国みたいなつまらない番組をたらたら放映せずに、4時から放送して欲しかった。残り放送時間で、東レが優勝することが、わかってしまってはしらけてしまう。

最終セットの東レの8連続得点で、デンソーはしびれてしまった。1月の全日本でも優勝して、優勝なれしているのか、泣き崩れている選手はいなかったですね。王者の貫禄みたいな。

1位〜3位をみると、やはり、強力外人のいるチームは有利だなあという感じですね。ニコリッチを生かせなかった武富士の例もあるわけですが。

デンソーがもし優勝していたら、MVPは誰だったんでしょうか?井上香織岡野知子
二人とも、個人賞もらいましたが、どっちだったでしょうね。どうでもいいか、負けたんだから。

新人賞は、坂下麻衣子選手でしたか。確かに、有望な新人ですね。東レアローズもこの選手の活躍で一度JTに負けたことがあったような。大柄に見えますが、データでは179センチなんですね。

トヨタ車体の今西郁瑠選手も前半良かったのですが、後半ベンチにいることが多かったですからね。

5月の黒鷲旗はあんまり興味が湧かないのですが、今後の大きな大会といえば、それくらいですか。

あと全日本に、誰が招聘されるか、ですね。坂下麻衣子、狩野舞子、井上香織らも有望ですかね。

東レアローズから、西脇、冨田、濱口とかはないのでしょうかね。

北京オリンピックでのメダルは期待していませんが、全日本のバレーもまた観てみたいですよね。

とりあえず、来季のVはもっと会場に足が運べるように、今からコツコツと「バレー観戦用貯金」を積み立てておきます。笑。

選手の皆様、ファンの皆様、お疲れ様でした。東レアローズの見事な優勝、おめでとうございました。

ビデオに撮ったBS放送をまたゆっくり見てみようと思います。






posted by ヒロシ at 00:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。