2007年02月28日

2/28 日立佐和リヴァ−レ サインボール

 前回の記事で、会場でサインボールをゲットしたことをお話しましたので、証拠写真をお見せします。

 たぶん、ボールを取れるのは最初で最後だと思いますので、記念に載せておきます。

 日立佐和の松尾留比子選手が、投げたボールです。彼女以外に、1年目の城美鈴選手、2年目のsei.JPG野亜季子選手のサインが書かれていました。

 写真のサイン井野亜季子選手のものです。現在、個人データで、サーブレシーブ成功率トップですので、リべロとして、今回も全日本にも選抜されることを期待しています。

実は、ごちゃごちゃの部屋なので飾る場所がなくて困っています。


人気blogグランキング(バレー)   日本ブログ村(バレー)  
posted by ヒロシ at 02:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

2/25 デンソー武富士に惜敗 応援に燃え尽きる

昨日、2月24日(土)、今年3度目の会場観戦に行ってきた。

奈良県橿原市の県立橿原公苑という閑静な、というか閑散としていて、人通りも車もほとんどないところだった。(公園ではなく公苑)

駅前にうどん屋が1軒だけあって、そこで昼食を済ませ、近鉄畝傍御陵前駅から歩いて5分くらいだった。(うねびごりょうまえ、と読む)

体育館前で、同じく昼食を終えてタクシーで戻ってきた日立佐和の選手たち(5,6人)とすれ違った。こういうときに限って、サイン色紙を持ってきていない、運のない私である。

熊沢美穂選手と目が合う。あと目視できたのは、背の高い飯田香理選手くらいか。一瞬の出来事だったので、何の反応もできなかった。日立佐和の応援暦が短いため、選手の顔と名前を完全に覚えきれていない。選手たちが裏口から入っていくのを呆然として眺めていた。

デンソー11111.JPG対武富士の試合が、強烈だった。デンソーが2セット連取して、いけるかと思いきや、さすが武富士、確実にペースアップしてくる。エステスががんがん決めてくるし、肝心のところで、吉澤智恵が見事なスパイクを決めてくる。2−2に追いつかれて、最終セットも、エステスと吉澤にやられてしまう。東レアローズをフルセットで負かしたときの武富士の試合を思い出した。

なかなか土俵を割らない横綱相撲を見せるのが今年の武富士か。

やはり、エステスは凄い選手だ。大柄なのにレシーブもうまいし、サーブも強烈。後ろに下がってもバックアタックをばんばん決めてくるので、安心できない。弱点のないすばらしい選手だ。この選手がいれば、どんなチームも予選落ちはありえない気がする。昨年の全日本には選抜されていなかったが、吉澤智恵も全日本クラスの実力のあるプレイヤーだなあといつも感じる。


しかし、その武富士も、今日のNEC戦で、3−1で敗退している。NECは、ついに、6勝3敗で第2レグを終え、東レを順位的に追い抜いたようだ。


やはり、NECの底力は侮れない。NECの上り調子が続くだろうという私の予想は大当たりで、東レが連勝を見せてくれるだろうという私の期待は大きく外れた。東レは第2レグ3勝6敗でトータル8勝10敗。第2レグで調子を落としてきている、というか、他チームの調子が上がってきているのか。


昨日のデンソー対武富士戦に話を戻すと、デンソーを激しく応援しての敗戦後、あまりに惜しい負け方(最終15−17)だったので、しばらく立ち直れなかった。佐和とトヨタ車体の試合が始まっても、試合の流れが頭に入らないくらいに燃え尽きてしまっていた。


デンソーは、弱いチームだけれど、応援したくなるチームだ。私は、横山選手、岡野選手、井上選手が特に好きだったのだが、昨日の試合で、眞(さな)選手と矢野選手もお気に入りになってしまった。


sana.jpg美しいトスワークを見せる横山選手と、スパイク決定力のある眞選手を全日本選抜にも選んでほしいと思う。183センチの矢野選手も体格がよく、動きも早いのでなかなかいい選手と思うが、どうか。眞も矢野もまだ21歳である。
(左の写真は、バクさん通信様より。無断転載不可。)


日立佐和対トヨタ車体
の一戦が始まる前、サインボールの客席投げ入れがあり、過去に一度もそばに飛んできたことがないボールが、構えもしていない私のところにまっすぐに飛んできた。私の前で手を伸ばしてキャッチしようとしていた女子高生4人の頭上を越えて、私の胸元にストンと入った。はっ、何、これ?とキョトンとする私。え〜、という恨めしそうな表情で私を睨む女子高生のグループ。爆。

信じられない事件だった。試合前に会場外ですれ違ったことといい、日立佐和とは何か縁があるようには思っていたが。


P1010053.JPG
サインには、日立佐和の松尾留比子選手、城美鈴選手、井野亜季子選手の3人のサインが入っていた。

まあ、とにかく、デンソーの応援で燃え尽きて若干腑抜けになってはいたが、日立佐和の男っぽい応援風景を堪能しながら、日立佐和を楽しく応援した。勝ったときの佐和の応援席の喜びようはなかった。めったに勝てない下位チームだからその気持ちはよく分かる。遠いところから奈良まで応援、本当にお疲れ様でした。
 
人気blogグランキング   日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記(会場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

2/24 荒木絵里香だあ、JTもNECもたばになってかかってこいやあ

erika.jpg ・・・なんて言ってませんが、荒木絵里香選手のなんか頼もしくなる写真ですよね。(写真:バクさん通信提供)

荒木絵里香選手を初めて見たのは、忘れもしない、前回ワールドカップの年の12月、滋賀県立体育館でのNECレッドロケッツとの試合でした。そのガッツあるプレーに一目惚れ。以後、彼女の活躍をずっと見守ってきました。

当時はまだ下膨れのぽっちゃりした顔で、負けた悔しさで目を腫らしていました。あれから3年以上が経ちますが、こんなにもたくましく成長しました。

昨年は、すばらしい活躍で全国区に名を連ね、今年のワールドカップでもきっと中心選手になることでしょう。

今期のV・プレミアリーグでも、もっともっと活躍してほしい選手です。

今日、明日の2連戦は、任せたぞ!エリカ!

人気blogグランキング   日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

2/23 美容と健康 ハッピーアローズ

女子バレーと関係ない記事を書いて恐縮なんですが、
標記のネットショップをやっています。
↓   ↓    ↓    ↓
美容と健康 ハッピーアローズ

ダイエット美容・健康に関心をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

お気に入りの商品をリピート購入されるお客様もいらっしゃいます。

よろしく御願いします。

店の名前がハッピーアローズでは、他チームのファンの方は抵抗あるとは思いますが(笑)。 


あ、そうだ!! 本日、ビーチバレーの浅尾美和さんのDVD発売日ですね。
購入を迷われている方、ぜひ買いましょう!!

→ ビーチバレーの妖精 浅尾美和 1st DVD

どんな内容か知りませんが、ビーチバレーを理解することも、視野を広める意味で必要ですよね。

ビーチバレーについて以前書いた記事に、面白いコメントが寄せられています。読んでいない方は、ぜひお読みになってください。
 
→ ビーチバレー(浅尾美和)はバレーボール??


 
posted by ヒロシ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

2/21 V・プレミア女子 今週末の注目の対戦は?

バレーボール V・プレミア女子は、ここのところ、大熱戦が繰り広げられ、10試合中6試合がフルセットにまでもつれ込んでいます。
現在、こんな結果です。 
作るのが面倒なので、V・メールマガジンからのコピペです。
 <プレミア女子>

1位 久光製薬(13勝3敗)・・・<1勝1敗>→
2位 武富士(13勝3敗)・・・・<2勝0敗>→

3位 パイオニア(10勝6敗)・・<2勝0敗>→
4位 JT(10勝6敗)・・・・・<2勝0敗>→

5位 東レ(8勝8敗)・・・・・<1勝1敗>↑
6位 デンソー(8勝8敗)・・・<0勝2敗>↓

7位 NEC(6勝10敗)・・・・<1勝1敗>↑
8位 岡山SG(6勝10敗)・<0勝2敗>↓

9位 トヨタ車体(3勝13敗)・・<0勝2敗>→
10位 日立佐和(3勝13敗)・・・<1勝1敗>→


さて、今週末の気になる対戦は、
●2月24日(土)
東レーNEC :両方に勝ってほしい試合。両チームともここで負けると痛いですね。ホームゲームだけに、東レ有利か??
パイオニアーJT :こちらも負けられない試合。ここで勝ったチームが大きく一歩前進ですね。

●2月25日(日)
東レーJT :前日に負けたチームは、2連敗阻止で必死になるので集中力が上がると思う。東レとしては、前日勝ったJTと対戦したいところだ。大砲ケニーを止められるかがポイント。
武富士ーNEC :この試合にNECが勝つと、上位の可能性が残る。
シーガルスーデンソー :予選通過戦線に生き残るには、両チームともぜひ勝ちたい試合。

どの対戦も激しい戦いが予想されます。NHKBSでテレビ放送がないのが残念。

人気blogグランキング   日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

2/20 かおる姫の画像〜聖なる美しさ〜 

kaoruhime.jpg今更言うまでもないですが、あまりにもお美しいので、バクさん通信様から、お借りしてきました。(無断転載禁止)
 
特にファンではなかったのですが、心が洗われるほどの美貌に、つい酔いしれてしまいました。

 
 
 
 
 
 
 
人気blogグランキング   日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

2/19 復調NEC JTに惜敗

302.1171810964「この辺でNECを叩いておかないと、危険だ」と昨日書きましたが、本当に叩いてしまったのね、JTさん。実は、私は、NECの隠れファンなのですよ。爆。
 
NECレッドロケッツに連勝を伸ばしてほしかったんですが、やはり、JTのケニーにやられてしまいました。62本アタックで36得点、決定率58.1%ですから。さすがのNECのブロック陣も、あの高いジャンプには届かなかったのかもしれません。
 
杉山選手の復調が、NECの復調に繋がっているのかなあ、という印象を受けましたが、どうなんでしょう。リーカ選手もそこそこ働いていますよね。最終セットは13−15ですから、惜しかったですね。もう一歩というところです。
 
JTは、竹下選手も1セット出場して、怪我の回復をアピールしたようです。「バクさん通信」さんのこの写真では、相当うれしそうですね。セッターの河村聖子ちゃんは、卓球の愛ちゃんみたいな童顔で可愛いですね。
 
来週は、東レアローズ対NECレッドロケッツ、翌日が東レアローズ対JTマーヴェラスですね。でも、チケットがほぼ全席売切れですので、行くのを辞めました。当日券という手もあるのですが、1試合で遠いのは疲れるというのもあり・・・奈良の2試合を見に行くことにしました。
●2月24日(土) 奈良県橿原市 観戦予定
  1.武富士ーデンソー: デンソーを激しく応援。
  2.日立佐和ートヨタ車体: 日立佐和をかなり応援。
    男っぽい佐和の応援団が特に好きなので。
 

リッチだったら、大津に宿を取って、NEC,JTとの重要な2連戦を一泊でもして見に行くのだけれど、子供の受験や進学で、色々とお金がいる時期なので、近場の橿原で我慢します(泣)。 

東レアローズには、そろそろ連勝してもらいたい頃ですね。4枠のうち2枠はほぼ決定で、残り2枠を、パイオニア、JT、東レ、デンソー、NEC、シーガルスまでの6チームが奪い合うという、熾烈な椅子取りゲームのようですね。

 
これからは、1試合、1試合が大事ですね。惜敗はもういりません。とにかく勝たないと、話になりませんから。
 

(写真:バクさん通信様より借用。無断転載厳禁。)

 人気blogグランキング   日本ブログ村(バレー)

 
posted by ヒロシ at 03:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

2/18 バレーのニュース記事はなぜ少ない??

Vリーグたけなわだというのに、バレーのニュースが少ない。
 
ヤフーニュースを見てみても、230件ほどのスポーツニュースにバレーの記事が1件も見つからない。スポーツとは呼べないプロレスの記事や「阪神井川が将棋初段の腕前みせる」といったどうでもいいことがニュースになっているのに、プレミアリーグのプの字もない
 
ライブドアニュースで見つけた女子バレーの唯一のニュースがこれだ。関連性は少ないが、このブログからトラックバックを送信しておいた。
中学生堀口、プレミアLも春高も出たい!
 
シーガルスの堀口選手が、国際滝井高校とシーガルスに二重登録するらしい。両チームは、ユニフォームも同じだから、着替える時間が不要で好都合かもしれない(笑)。
 
冗談はさておき、そこまで無理させる必要があるのだろうか。学業もあり、高校になればやりたいことが一杯あるだろうに。私が親なら反対するかもしれない。岡山の普通の高校に通わせて、シーガルス一本のほうがよいのではないか。
 
バレー界の逸材だけに、慎重に育成してほしい。
 
私が言いたいのは、ニュースが少ないということだ。これでは、バレーボール人気がいまいちなのは当然だろう。
 
協会の広報戦略に何か問題があるのではないか、と勘ぐってしまうのは、私だけだろうか。全日本バレーでは、あれだけ、宣伝が入るのに、Vリーグとなると、地上波は放送がないし、テレビ、新聞、ネット等のマスコミから総スカン食らってるのか、と思ってしまうくらいだ。
 
 人気blogグランキング   日本ブログ村(バレー)
 
 
posted by ヒロシ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/18 東レアローズ女子 後半戦黒星スタート

今日から、プレミアリーグ女子の予選ラウンド後半戦がスタートした。

我らが東レアローズは、武富士バンブーには、初戦であたり出鼻をくじかれている。

今日こそは雪辱を、とVスコアの得点の動きを眺めていた。得点履歴の機能に今日初めて気づいた。これで見ると、試合の流れが分かりやすい。東レの5連続得点もあった。
この得点履歴は、データとして残しておいてくれると、試合の分析に役立つのだが、終了と同時に閲覧ができなくなるのは残念だ。

一進一退のシーソーゲームだったが、流れが東レに行きかけても、完全に東レに行かせないところが、武富士の今年の強さかもしれない。 

第2セットを落としたのが、敗因だなと思う。エステスのアタックが失敗して、一瞬25点目が入ったように思ったのだが、Vスコアの誤入力だったのか、24−23が24−24になって、25,26を連続得点されて、万事休す。

第5セットも、なぜか勝てるような気がしなかった。やはりエステスの決定力は脅威だ。


データを見ると、アタックによる得点は、東レのほうが10点以上上回っている。野球で言えば、毎回安打で1点も入らず、たった2安打の相手チームが1点を入れて0−1で負けたようなものだ。(負けた気がしないというか・・・打ち合いでは勝っている)


武富士に負けてもいいだろう。絶対負けてはならないのは、3位から8位までのチームだ。8位シーガルスまでは、決勝ラウンドに進む可能性がある。久光と武富士はほぼ決まりだろう。もちろん、日曜のトヨタ車体には負けられない。前回、フルセットで危ない勝ち方だったが、今度は、3−0で格の違いを見せ付けてほしい。(ただし、格上だと思っていると足元をすくわれる危険がある。)

元気な選手が多いトヨタ車体。けっして油断はできない。

さて、日曜のその他の注目の対戦であるが、

●久光製薬ーパイオニア (予想3−1で○○の勝ち)
 久光のホームゲームでもあり、 アナパウラ・ロペス選手を中心とした攻撃陣は強力である。栗原、佐々木、多治見が絶好調ならパイオニアの勝ちもあるが、非常に厳しいと思われる。

●JT-NEC (予想3−2で○○の勝ち)
 後半戦の「台風の目」と私が呼んでいるNECは連勝中である。長期連敗のあとの長期連勝、これは怖い。高く跳ぶために、ずっと身をかがめていたかのようである。
土曜のトヨタ車体戦は、3−0のシャットアウト勝ちだが、なんと、3セットで18本のブロックポイントを決めている。ミスも少なく、これが、あの連敗中ミスで自滅していたNECなのかと目を疑うほどの好調ぶりである。
 一方JTは、フルセットでデンソーを退けたばかり。ケニーが30得点を叩いている。ケニー対リーカの激しい打ち合いが予想される。JTとしても、ここでNECを叩いておかないと、これ以上調子付かせるのは危険だ。

 人気blogグランキング   日本ブログ村(バレー)
posted by ヒロシ at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

2/16 注目の選手 JT高木理江選手

takagi1.jpg私は、JTマーヴェラスの選手中では、元東レアローズの熊前知加子選手が好きでしたが、引退してしまいました。

今年は、今期絶好調の谷口雅美選手も注目していますが、その谷口選手からチームの主将を引き継いだ高木理江選手も気になっています。

小柄ながら、いつもファイト溢れるプレーを見せてくれています。

竹下、江藤、宝来選手など、ベテラン揃いのチームで、なぜ、23歳の若い彼女が主将なのか、不思議な感じがします。

●高木理江選手 プロフィールtakagi2.jpg

生年月日    1983.8.9
身長    176cm
体重    64kg
出身校    三田尻女子高校(現・誠英高校)
出身地    山口県防府市
ポジション    ウイングスパイカー
最高到達点    290cm
足のサイズ    26.0cm
得意なプレー    ただ今、特訓中!!   ※JT公式サイトより

23歳で三田尻女子卒業ですから、パイオニアの栗原選手のひとつ先輩なんですね。176センチですが、顔が小さいので、さらに小柄に見えてしまいます。

見ての通り、ファイティングスピリットは、なかなかの選手です。

(写真:バクさん通信様のご好意により借用。無断転載厳禁。)


 人気blogグランキング   日本ブログ村(バレー)

posted by ヒロシ at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

2/15 V・プレミアリーグ女子 折り返し地点

今日は、何となしに、この日曜日の対パイオニア戦の第3セットを、録画したDVDで見てました。

19−13でパイオニアがリードしている場面からでした。普通、このままパイオニアがセットを取るのが普通ですよね。

それが、あれよあれよで、点を取り、20点過ぎは、木村、木村、木村・・・最後も木村で東レが12点取っている間に、パイオニアがたったの2点、って、何なのこれ?って不思議な感じがしました。

19点までは栗原、多治見、佐々木の各主力選手も大活躍していましたが、パイオニアの、突然得点できなくなる現象は何なんでしょうね。対NECのときもそんなのがありましたが・・・

で、その強敵パイオニアに完勝した翌日、東レはデンソーに競り負けてしまった。おいおい・・・訳が分からなくなってきた今期のVです。


私は、8位NECまでが、決勝ラウンド進出の可能性があると見ている。特に、NECは、調子を上げてきており、潜在能力の高いチームとして後半戦の台風の目となりそうだ。
1位 久光製薬(12勝2敗)・・・<3勝0敗>→
2位 武富士(11勝3敗)・・・・<2勝1敗>→

3位 パイオニア(8勝6敗)・・<1勝2敗>→
4位 JT(8勝6敗)・・・・・<1勝2敗>→
5位 デンソー(8勝6敗)・・・<2勝1敗>↑

6位 東レ(7勝7敗)・・・・・<1勝2敗>↓
7位 岡山シーガルズ(6勝8敗)・<2勝1敗>→
8位 NEC(5勝9敗)・・・・<3勝0敗>↑
9位 トヨタ車体(3勝11敗)・・<0勝3敗>↓
10位 日立佐和(2勝12敗)・・・<0勝3敗>→


 人気blogグランキング   日本ブログ村(バレーランキング)


posted by ヒロシ at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

2/13 東レの3連戦を振り返って

蓋を空けてみると、1勝2敗の負け越し。3連勝できなくはなかった試合内容ではあったが、結果は結果、それが実力だと認めざるをえない。

●久光戦

前の記事に書いたとおりの接線で、惜しい試合だった。久光にとっても薄氷の勝利であり、東レの実力が、首位チームに決して引けをとらないものだという証明になったと思う。木村、荒木の今ひとつのがんばりが期待される結果だった。

●パイオニア戦

結果は3−0であるが、試合内容は、五分であり、セット前半はパイオニアが押していながら、後半のいいところで、自滅したようなゲーム運びだった。 
第1セットは18−21から東レが逆転。第3セットも11−17からいつの間にか逆転。東レはよく拾って、相手のミスを誘いこんだような形だった。木村、荒木もまあまあの働きだった。

大林素子のテレビ解説。精神論を語らせたらこの解説者が一番かも(技術論は杉山さん)。「(前回パイオニア戦で木村のアタックが2本しか決まらなかったことに言及して)木村は壁にぶち当たって良かった。」とあっさり言い放つ。乗り越えてもっと大きくなってほしいとの願いからだ。

どんな悪いトスでもうまく打つ技術は、木村が日本一だとも言っていた。私も従前うまいとは思っていたが、ついに「日本一」だというお墨付きまでもらった。

私は、スパイクを打つときの体のしなりが一番美しいのは木村沙織選手だとも思っている。栗原恵選手のバックアタックも美しいと思っているが、上体の柔らかさは、木村がVで随一だろう。

●デンソー戦

実践を見ていないからデータでしかわからないが、アタックの得点が、東レ76に対し、デンソーが61。これで負けるのはおかしい。西脇が21点を挙げる働き。木村15点、荒木12点、芝田12点、佐藤11点。得点が散っていて、悪くない。

しかし、デンソーにブロックを16点も決められ(東レのブロック得点は5点)、ミスで19点を献上している。やはりこれでは勝てない。センターの矢野に7本も決められている。

ブロックで大量失点するのは、攻撃が読まれたからだろうか。7本決めた矢野選手の身長は183センチだが、3本決めた岡野選手は177センチと平凡。アタックの得点が相手チームを15点も上回っていることから、アタックも成功しているようだから、トスワークが単調ということにもならない。ボールに飛びつく「気合」の差??


どの3試合をとっても、紙一重の接戦であったように思われる。あと一歩というところでの精神力と粘りが、勝敗の鍵であったように思える。

パイオニア戦で、パイオニアに不利な判定が2回あった。私の一瞬の思いつきだが、ネットの両側に、マイクロカメラを設置して、ビデオ判定できないものか。ラインマンも廃止して、赤外線で判定できないものか。誤審がかなりあるように思う。1点を争うときの誤審は、精神的にも選手たちには痛手である。予算的に無理とは思うけれども、相撲でさえ、審判員は物言いの後ビデオを見て確認したりしているのだから、抗議があったときだけでも、確認してみるのは公平でよいと思う。

次週は、武富士戦とトヨタ車体戦。ここいら辺で、外人頼みの武富士にガツーンと言わせたいところだ。トヨタ車体にも前回の雪辱を果たしてほしい。  
 人気blogグランキング   日本ブログ村(バレーランキング)

posted by ヒロシ at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

2/11 東レアローズ惜敗 勝った久光に涙

東京体育館に応援の皆様、本日はお疲れ様でした。
私は、スカパーでテレビ観戦しておりましたが、最終セットは大変興奮し、テレビの前で、一人叫んでおりました。久光製薬とは例年、緊迫した試合をする東レアローズですが、本日の試合も、熱のこもった素晴らしい試合でした。選手の皆様、応援の皆様、本当にご苦労様でした。m(__)m

3,4セットを取られ、最終セットはあっさりと負けパターンかと思いましたが、東レもマッチポイントを迎え、あと一歩のところでした。しかし、決定力で勝る久光スプリングズが、紙一重の粘りで、勝利をものにしました。
いい試合だったと思います。勝利の後、久光の先野選手が泣き崩れ、それを見た成田選手までが涙を流していました。そこまで追い込んだ東レアローズの健闘に拍手を送りたいです。

一言でいうと、フォフィーニャ選手木村沙織選手の今日の出来が、紙一重でフォフィーニャが上回っていた、ということかなと思います。
私は、このブログで、このブラジル人選手をロペスと呼んでいましたが、正確には、アナパウラ・ロペス・フェへイラ、愛称フォフィーニャらしいです。とても覚えられません(笑)。

レシーブ、ブロック、スパイクどれも超一流です。データ的には、木村沙織選手は、それほど悪くはなかったようですが、存在感、圧迫感で、この外人が木村沙織選手を上回っていました。

エースアタッカーとして、木村選手の存在感は、まだまだな気がしました。その点、大山加奈選手のほうが、調子のいいときはですけど、存在感・圧迫感があるように思います。
木村沙織選手のうまさ、器用さは認めますが、可愛らしい華奢な容姿も手伝ってか、自チームでの存在感、相手チームに与える圧迫感が外人エースアタッカーには負けている感があります。
木村沙織選手と荒木絵里香選手のもうひと頑張りがほしい、と思った今日の試合でした。
柳本監督も会場で観戦されていましたが、ちょっと浮かぬ顔をされていたように感じました。小山、落合、木村、荒木といった、全日本選抜選手が、あまり活躍していなかったというのもあったのではないでしょうか???(想像に過ぎません)
第二試合のJTと武富士は、東レ敗戦で、見る気が失せていましたが、第2セットから見ました。

武富士のエステスが67アタック32得点、JTのケニーが79アタック38得点ですから、これはもう武富士対JTというより、エステス対ケニーの外人対決を見ているようなものです。

そりゃあ、もう、これは、キングコング対ゴジラの闘いといったら、女性ですから大変失礼ですが、日本人選手とは次元が違うような気さえしました。
外人不要論者の私ですが、きょうのこの外人対決は、非常に見所があって面白かったですね。

フォフィーニャを入れて、この3外人がダントツに優れたアタッカーだというのは、個人データを見ても、今日の2試合をみても一目瞭然でした。

やはりこの3人がいる、久光製薬スプリングス、JTマーヴェラス、武富士バンブーズが圧倒的に有利な気がします。

で、これが私の外人不要論の根拠でもあります。つまり「助っ人外人で優勝が決まってしまうのかい!!」というつまらなさです。過去パイオニアが何度も優勝できたのは、フールマンの功績が絶大だったように、今年も、この3外人のうちどれかを擁するチームが優勝しそうだということは、勝敗的に見ると、やっぱりつまらないです。今日の第二試合のように、ゲーム的には確かに面白いのですが・・・・

さて、東レローズは、今日の敗戦を切り替えて、明日のパイオニア戦で頑張ってほしいものです。前回パイオニアに0−3でシャットアウト、そのときは木村の調子がかなり悪かったです。

木村沙織選手と荒木絵里香選手の二人がガンガン活躍すれば、勝利できるでしょう。高田や佐藤も元気のある思い切ったプレーをしていて、今年の東レアローズは、「若さ」がキラキラと輝く素晴らしいチームになったと思います。

明日は、NHKBSですね。今日の解説は天才セッター中田さんでしたが、テンション低かったなあ。やっぱり解説は杉山明美さんですね。選手の裏話は大林素子さんですが、説得力のある技術的な解説は、やはり杉山さんが、一歩抜きん出てます。中田さんは、テンションの高い低いがあるような気がします。昼飯がまずかったとか、ギャラが安かったとか、ひょっとしたらそんな理由かもしれません(笑)。アナウンサーの息が臭かったとか(爆)。

明日、といっても12時を回ったので今日になりますが、今日の試合の見所は、技巧派アタッカー対決:木村対栗原、パワフルセンター対決荒木対多治見、パワフルなサーブ&アタック対決:佐藤対佐々木でしょうか。(ちょっと無理やりですけど)

昨日負けた両チームに勝って欲しいような気もしますが、ゲーム自体を楽しみたいですね。3−0ではなく、できるだけ3−1か3−2の接戦がみたいです。

人気blogグランキング   日本ブログ村(バレーランキング)


 
posted by ヒロシ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

2/8 東レアローズ 東京3連戦は予選ラウンドの天王山か?

2月12日が振り替え休日なので、3連休、すなわちバレーにとっては3連戦なのでしたね。前回のブログで、2連戦のような書き方してました、訂正します。

●東京体育館 3連戦
10日(土):東レアローズ 対 久光製薬スプリングス
11日(日):東レアローズ 対 パイオニアレッドウイングス
12日(月):東レアローズ 対 デンソーエアリービーズ

現在5位の東レが、1位、3位、6位のチームと当たるわけで、先週の2連敗の後ということもあり、ある意味、東レアローズ最大の危機といえるのではないでしょうか??

いや、強気で言うなら、東レアローズ最大のチャンスでもあります。3連勝すれば、4位以内に当然滑り込む可能性が大きいですし、「東レアローズここにあり」ということで、天下統一へ向けて(爆)、大きな第一歩を踏み出すことになりそうです。

今度こそ完敗ではなく、勝利の美酒を乾杯!!

もしも3連敗したら・・・これは東京大地震と同様、あってはならないことですから、考えないようにしましょう。当然、想定するのは、3連勝か2勝1敗、それ以外はありえない!
2連敗の後、最も当たりたくないチームとの3連戦のような気がしますが、ここは、踏ん張って、持ちこたえてほしいです。土曜の最初の試合がやはり、カギでしょうね。久光製薬には、前回3−0のストレート勝ちしましたが、トップチームですから、今回も同じ3−0というのはありえないでしょう。3−2で振り切ってほしいです。
やはり、鍵を握るのは、木村沙織の攻撃力がどれだけ機能するか、荒木・西脇のブロックがどれだけ決まるか、高田・佐藤の若さの攻撃力がどれだけ爆発するか、未希・中道のスムーズな継投が成功するか、そして、チームトータルのミスプレーをどれだけ減らせるか・・・・・
こうしてみると、勝負のポイントが多すぎるのですが、その分、どれかが機能しなくても、他の部分でカバーできるのではないでしょうか??
幸い、土曜と日曜はテレビ中継があるので、木曜の今からワクワクしてきています。
初戦に勝つことが勢いに乗るためのポイントでしょう。また、たとえ初戦と第2戦がどんな結果であろうとも、第3戦だけは絶対落としてはいけないと思います。

今日は、思いっきり東レアローズ寄りの視点から書かせていただきました。

  
人気blogグランキング   日本ブログ村(バレーランキング)

 

【画像】菅山かおる、木村沙織ら、女子バレー界の美少女達
 

posted by ヒロシ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

2/4 東レ・デンソー 2連敗スタート

昨日の大波乱に続いて、本日も大熱戦が繰り広げられた。5試合中3試合がフルセットの攻防だったことからも、各チームの2レグへの意気込みが感じられる。

そんな中、東レアローズ、デンソーの2チームが2連敗武富士、JTの2チームが2連勝と明暗を分ける試合結果となった。

これで、順位は、久光、武富士、パイオニア、JTの順になり、この4強に、東レ、デンソー、シーガルズが続いている。

昨日、東レに勝った日立佐和は、最下位となっている。しかし、今日の武富士戦の第3セットは、息詰まる展開で、36−38で武富士がなんとかものにしたが、佐和にも何度も勝機があり、あと一歩で及ばず残念であった。私もVスコアを見ながら、佐和を応援したが、第3セット、エステス、吉沢がいいところで、スパイクを決めて阻止された。昨日東レにも勝利したように、最下位でありながら日立佐和には「弱いチーム」の印象はない。

さて、我らが東レアローズだが、決定率20%以下という木村沙織選手の不調が敗因の一つと思われるが、ミスによる失点が21点というのは、チーム自体に何か歯車がかみ合っていない部分があるのだろうと思われる。一方、荒木、西脇、高田の活躍は目を見張るものがあった。

エースアタッカーの木村選手のスパイクの調子が安定しないのは、大きな課題であるが、2年目の佐藤や高田が活きのいい活躍をしているのが救いである。また、今日迫田さおり選手が登場して、いきなりスパイクを決めてくれたのも嬉しいニュースであった。

来週は、東京体育館で久光、パイオニア戦を迎える東レアローズ。はたして、2勝2敗のイーブンに戻せるかどうか。強豪相手だけに、最悪、4連敗の可能性も否定できないが、何とか、ここは土俵際で踏ん張って欲しい。東京方面の方、応援をよろしくお願いします。m(__)m

■2月4日(日) 2レグ第2戦の結果 

○日立佐和 1 - 3 武富士  :第3セットは、Vスコア見ながらでしたが、大変興奮しました。日立佐和大健闘。
 21-25 25-21 36-38 21-25
○東レ 2 - 3 シーガルズ  :東レの粘りを見せて欲しかった。第1セット16点は酷い。
 16-25 27-25 21-25 25-20 11-15
○NEC 1 - 3 久光製薬  :期待通り、NECが1セットは取ってくれた。
 25-21 21-25 21-25 20-25
JT 3 - 2 トヨタ車体  :トヨタ車体を侮るなかれ。最終セットも15−15まで競り合っている。惜しい敗戦

 20-25 21-25 25-21 25-20 17-15
○デンソー 2 - 3 パイオニア  :最終セットまでもつれる試合の多い、最近のパイオニア。一歩間違えたら、昨日の武富士戦の二の舞ではないか。ファンは楽しめるかも知れないが、負けたらキツイ。2日で10セット、お疲れ様でした〜。デンソーも惜しかった。
 25-21 25-20 22-25 17-25 13-15

 
人気blogグランキング   日本ブログ村(バレーランキング) 
posted by ヒロシ at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/4 女子V・プレミアリーグ 大波乱の2レグ幕開け

今日2月3日から、予選ラウンドの2周目に突入の女子バレー V・プレミアリーグ

初日から、とんでもない波乱の幕開けとなった。

■本日2月3日の試合結果(今日、明日は九州シリーズです。TV放送なし。)
NEC 3 - 0 デンソー
 25-20 25-23 25-17
日立佐和 3 - 1 東レ
 25-21 25-23 19-25 25-18
○久光製薬 2 - 3 JT
 25-19 25-22 27-29 24-26 14-16
トヨタ車体 3 - 2 シーガルズ
 39-37 14-25 21-25 25-11 15-4
○パイオニア 2 - 3 武富士
 22-25 23-25 25-17 25-18 12-15


ほとんど全試合で、下位チームが上位チームを破った形ではないだろうか??

東レ戦のデータレビューは、 「東レアローズ通信」様の記事をご覧いただくことにして、この結果を見て皆さんは、どういう感想をもたれたでしょうか?


「これからますます面白くなりそうだぞ〜」というのが私の感想です。


まず、NECの好スタートに拍手を送りたい。1レグの成績は余りにも不本意。NECには、この調子で本領を発揮していただきたい。


絶対強者のパイオニアが、接戦で武富士に敗れたのは、意外な感じがした。武富士がよっぽど強いのだろう。パイオニアは、こういう接戦は、最終セットで着実にものにする得点力のあるチームだったけれど、
3、4セットを連取しながら最終セットで競い負けている。先週のパイオニアーNEC戦の全くの逆パターンである。しかも、第3、4セットを圧勝しているのに、その勢いに乗れずに惜しくも敗れている。
後でじっくり、公式データを見てみたい一戦である。


武富士が連れてくる助っ人外人は、毎年、凄すぎるなと思う。いつも半端じゃなく大きい。世間のバッシングやらで不振の消費者金融業界としては、この辺で優勝して、イメージアップと知名度の回復を図りたいところだろう。チームを支える企業としては、モチベーションも上がっていると予想される。武富士優勝も、可能性としては否定できない。

今日の試合結果にも関わらず、久光、パイオニア、武富士の3強に東レが後を追う形かと思われるが、その他チームが牙を向いて、容易にそうはさせまいと迫ってきそうだ。

負けた次の試合は、勝った試合の後よりも集中しやすいように、1レグで負け越したチームは、今日の試合で集中力が増して、いつもより力が出せたのではないだろうか??

公式データシートをほとんど見ずに、試合結果だけを見ての雑感である。是非、公式データをご覧下さい。サイドバーにリンクありますので。

日曜の試合展開が楽しみである。土曜に負けたチームは皆強豪だけに、気合を入れてかかってくるだろう。2連敗スタートは余りにも厳しすぎるから。

■2月4日日曜の試合予定(+無責任予想・願望)

久光製薬 -  NEC  NECには、健闘して欲しい。1セットは取って欲しい。できれば3セット。
JT -  トヨタ車体  シーガルズを接戦で破った勢いが残っていれば、トヨタ車体にも勝機が??
武富士 -  日立佐和 順当なら武富士だが・・・。佐和を応援したい。
パイオニア -  デンソー  順当ならパイオニアだが、達川デンソーにも頑張って欲しい。
東レ -  シーガルズ  普段の調子なら東レだが、負けた方が2連敗になってしまうので、激闘が予想される。3−2の接戦か??


人気blogグランキング   日本ブログ村(バレーランキング)

posted by ヒロシ at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

2/2 狩野舞子、やはり久光製薬に入団

金の卵、狩野舞子選手の久光製薬スプリングスへの入団が決まったそうですね。

私としては、意外性がなく、やっぱりね、という感触です。みなさんは?

お姉さんの狩野美雪選手がいるんだから、当然ですよね??

NECの有田姉妹、東レの大山姉妹を考えると、狩野舞子は当然、久光ですよね。全然、論理的ではないのだけれど、ああやっぱりね、という人が大方でしょう。

狩野舞子選手は、JTのグリーンのユニフォームのほうが似合いそうですけどね。

実は、ゲスの勘ぐりで、久光製薬が、狩野美雪を採用して、全日本の小山や落合を差し置いてエース級の扱いをしているのは、妹の舞子選手を手中に収めるための賄賂作戦かな、などと少し頭の片隅で考えてしまっていました。m(__)m

狩野美雪選手は、元々茂原アルカスのエースで、実力者なので、勿論、今のエースポジションは不思議ではないです。

アイドル性150%の狩野舞子選手の登場で、バレー界が活性化しないか、その辺を大いに期待しています。

先日の京都大会で感じたのですが、空席が多いです。メグカナ人気の頃は、会場が超満員でしたからね。あれぐらいの熱気が戻らないかと期待してしまいます。
  
北京、そしてロンドンへ繋げる、全日本女子バレーのエースアタッカーは、はたして、大山、栗原、木村、狩野の誰がなるのでしょうか。

ますます層が厚くなっていく女子バレー界、楽しみですね。

個人的な好みでは、JTの西山由樹選手や
NECの内山みなみ選手の全日本入りも期待していますが・・・・

人気blogグランキング   日本ブログ村(バレーランキング)


posted by ヒロシ at 09:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 好きなプレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。