2015年09月10日

長岡望悠選手のネックレス

長岡望悠選手のネックレスが気になって、探していたら、楽天市場にあった


高っ!無理だな。

長岡選手は、ずっとブスだと思っていたが、良く見ると、前田美波里に似て、個性的な美人だな。

タイで大もてというのも分かる気がする。絶対音感でピアノ弾いたり、ええとこのお嬢さんか。落ち着きがあって、ガツガツしていない。

大らかさと品がある。メダルは古賀と長岡の活躍次第だろうな。

古賀紗理奈選手は、木村沙織選手同様のブサカワだが、見れば見るほど可愛い。10年経って、木村選手が垢抜けして、結構な美人に進化したように、古賀選手も、技能もルックスも進化しそう。10年後、どんなルックスになってるんだろうか。

世界バレーは古賀紗理奈選手の華やかな世界デビュー戦だった。あの愛くるしい顔から、かっこよく決めるアタックに痺れたファンがどれほどいただろう。

古賀紗理奈の登場で、100年に一人の天才木村沙織が、10年に一人ということになってしまった。
木村が髪を切って、どっちが打ったのか、一瞬見間違うことがあった。最盛期の木村のような技巧的で切れのあるスパイクに惚れ惚れとした。

彼女らに、宮部藍梨や江畑幸子が戻ってくれば、攻撃力がさらに増して、全日本女子はメダルを目指せる。

リーグ後半での木村沙織の不調が気になったが、大山加奈さんの解説では、腕を痛めたのではないかとのこと。納得がいった。

大山加奈は口下手だと思っていたが、解説がなかなか的確で、現役引退したばかりの元一線級選手らしいコメントが好きだ。

元大山ファンとしては、加奈ちゃんの活躍は、涙がちょちょ切れるほど嬉しい。
大林さんのように、立て板に水でなくても、訥々と話すからこそ、話の中身に重さがあるように思う。大林さんをディスってるわけじゃないけど。

頑張れ、大山。ということで、相方(笑)の栗原恵も気になる。どうしてるんだろう。現役だよね。最近、V行ってないから分からない。年末は行くぞ!
posted by ヒロシ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

NECレッドロケッツ 10年ぶりのV優勝おめでとう!!!

3年ぐらい前にVリーグ応援の時計が止まってしまった自分だが、本日のVプレミアリーグの優勝決定戦は、テレビにかじりついて観た。NEC優勝で感極まった。

好きなチームも、好きな選手もいなくなり、会場観戦にも足が遠のき、テレビ観戦も見落としがちな今シーズンだったが、最後の最後になって、女子バレーが楽しめたという訳だ。

近江、大野選手以外、ほとんど知らない選手ばかりだったが、2セット取った時点で、NECの優勝が見えてきて、なんとしても優勝してほしいと、NECを応援しながら観ていた。

特に、古賀選手と柳田選手に注目して観ていた。若い、可愛い、きびきびしたプレーにすっかり虜になった。

来シーズンから確実にNECファンだな。

知的で美人の近江選手に、独特な雰囲気のあるかっこいい大野選手、可愛い柳田選手、古賀選手と、応戦しがいのあるチームだな。自分にとって。

あと、東レアローズの野村選手も超可愛い。

結局、女子バレーの楽しさは、女性を眺める楽しさだな、と自覚。女性アイドルが歌ったり踊ったりするように、女子バレー選手は拾ったり打ったりする。パフォーマンスも見どころだが、結局、顔やスタイル、仕草など、「女性」を鑑賞しているんだな。

男だから、女好きはしようがないな。ちなみに、僕は、プロレスは男子も女子も見る。テニスは女子のみ。野球は無関心。相撲大好き。AKB、ももクロなどアイドルも結構好き。

相撲も、競技自体の面白さもあるが、選手(力士)の魅力も大きい。女子バレーもゲーム以上に選手の個性の魅力がかなり大きいな。

とはいえ、全日本にほぼイコールな久光製薬が、若いチームのNECに優勝決定戦で破れたということで、全日本は大丈夫なのか、と一抹の不安もなくはない。

今年はワールドグランプリとワールドカップがある。全日本選手たちがどんな活躍を見せてくれるのか今から楽しみ。

僕はバレーの中身より、古賀、柳田、野村といった可愛い選手の活躍が観たい。

5月は久しぶりに黒鷲旗にでも行って、選手の出待ちでもしてみるか。爆。



posted by ヒロシ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

2月7日、栗原恵、荒木絵里香と、ベテラン陣の活躍に大満足

久々のバレー観戦。ただし、テレビ中継。。。。ちょっと情けない。

昔は、早起きして、電車に乗って、嬉々としてバレー会場に向かったものでした。駅から会場までの徒歩道中すらウキウキと楽しいものでした。同じように会場に徒歩で向かう沢山のバレーファンに親近感が湧いたものです。

好きなチームの好きな選手達に会えるという楽しみですかね。最近はそんな<ワクワク感>がなくなりました、自分でも理由が分かりません。年のせい?単に、バレーに飽きた??

さて、2月7日、BS放送でのバレー中継ですが、13時スタートは、日立vs岡山の試合でした。

私は昔から日立(日立佐和)が好きでした。特に応援団が好きなんですね。あの氣志團の曲に乗せた応援は、テンションアゲアゲで、何度聞いても楽しくなります。黒メガネの名物応援団長は引退されたのでしょうか??応援席を探しましたが、若い人だけでした。応援団にパックンがいたころに会場で団長を見たのが最後でした。(ハーバード大卒のあのパックンがテレビの企画で応援団に一時期いたんですね。ご存知?)

6連敗中の日立リヴァーレが勝利しました。佐藤ありさ、栗原恵の涙にもらい泣きしてしまった自分。
この二人は、結構好きかな?スタイルいいし、何といっても美人だよね。

今日の日立の勝因は、サーブレシーブ成功率の高さ(80%)が、攻撃力のポテンシャルを引き出して、得点に結びつけることができた点でしょうか。

しかし、一番印象に残ったスパイカーは、スパイク成功率34%と平凡な記録ですが、栗原恵より内瀬戸真実だったような気がします。内瀬戸選手はスパイクだけでなく、レシーブ(ディグ)も上手いと思いました。スパイクのパワーといい、レシーブ時の動きの速さといい、魅力あるパフォーマンスを見せてくれる選手ですね。全日本でも活躍してほしい。

勿論、成功率40%19得点の栗原恵にも今後の活躍を大いに期待したいところ。全日本にも戻ってきてほしいです。

日立は内瀬戸、栗原、パオリーニの3人の攻撃力があれば、トップ4に残れる潜在力があるような気がするのですが、どうなんですかね。チームのポテンシャルがいくら高くても、コンディションやチームワーク、ゲームの流れで得点力が違ってくるのがバレーボールの深さ、醍醐味なのかもしれません。

岡山シーガルスは2位とのことですが、この日のゲームは、全体的に精彩に欠けていましたね。ただ、浅津ゆうこのパワフルなスパイクと山口舞のいつもの巧妙なプレーは印象的でした。

内瀬戸真実と浅津ゆうこは、全日本でも活躍してほしいこれからの選手だと思いました。

第二試合の上尾vsトヨタ車体については省略します。<鉄人>荒木絵里香はすごかった。この一言。メグカナと同期で、二人ほどの美貌には恵まれなかったけれど、あっという間に結婚して、子供まで生んでしまった。そして、1年後には、復帰して第一線で活躍というから凄すぎる。改めて言いたい。「やっぱ、この人凄いわ。」

私の過去記事を検索してもらえれば分かりますが、このブログでは、10年前のメグカナ時代から、荒木選手には大注目していました。この日の試合のような、打数が多くて得点力の高い荒木選手がずっと見たいと思っていました。今日のゲームのパフォーマンスには、大変満足しました。

次の観戦は21日のNHKBS。。。。またもテレビ観戦かい!
posted by ヒロシ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記(TV) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。